さかみちはきらい。

じんぎなきくいだおれ



ブルベの疲れが取れて、元気になった2月3日の土曜日。
フィッティングやらブルベやらで全然行けていなかったスクールトレーニングに久しぶりに顔を出しました。
往復40km弱を走ってパワトレ的なことをして帰宅しまして、その時わずかに右ひざに違和感を感じていました。
漕ぎ出しで力を入れる箇所が、重いような、痛いような感じ。
この日は1月に来たばかりの新車で出かけたのですが、まだなんとなーく馴染んでいないというか、ポジションが定まっていないという感覚があったので、そんなこともあるのかなと思っていたのですね。
(ちなみに曽我梅林200といってこい伊豆高原300はアンカーで走りました。)

そして翌日の2月4日の日曜日。
この日はTwitterつながりの初めましての方とグルメポタでした。
右ひざになんとなーく違和感を感じたまま待ち合わせの江の島まで走っていたら、その間に右ひざの違和感ははっきりした痛みに変化。
あちゃー、これは昨日やらかしちゃったんだな~と思っていたら、今度は左ひざの裏、ふくらはぎの上の部分まで痛んできちゃった!
ペダリングの悪さも一因だと思うので、正しい姿勢とペダリングを意識して、漕ぎやすいポイントを探りながら走りましたよ。

さて。
待ち合わせたのは6時、まだ暗い江の島水族館の前。
はじめましての方(Nさんとします)と合流して走り始めたのですが、当初ご案内する予定だったクソ坂を、このひざの状態で登るのは無理だろうなと予定を変更させていただいてしまったため、時間が余ってしまいましたw
時間もあるし、寒いし、ちょっといっぷくしましょうかとなりまして、マックで珈琲ブレイクでございます。

ガチクライマーのNさんは、年間24000kmを走るそうな。
わたしの2倍です。
雨が降ってお外に走りに行けない時は、6時間くらいローラーを回し続けるらしいです。
変態ですか (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
オフシーズンにはカフェ巡りやグルメポタをしていても、ヒルクライムのシーズンになると走り込んできっちり減量し、身体を作っていらっしゃるご様子。

そんなNさんを容赦なく肥えさせるという鬼畜の所業をはたらくべく、時間が来たらまずはお餅やさんへ。

わたしは前回とおなじお汁粉!

胡麻のお餅もすんごいおいしそう。

9時半の開店で一番乗りの入店でしたが、その後も車が来てはお持ち帰りをしていたり食べに来ていたり。
失礼ながらだいぶ辺鄙な場所にお店があるので、みんなどうやって知るんだろうと不思議なのよね。
クチコミとかなのかなあ。

さてさて。
容赦なく肥えさせるのですから、容赦なく次のお店に入ります。
パングラタンです。

もちろんおいちいです。

そして容赦なく、

わたしがちにました。

しあわせ(ぐるぢい)。

この日はカロリー消費の頼みの綱であるクソ坂を省略したので、罪悪感いっぱい。
でも容赦なく肥え (省略) 果物のかき氷ですよ。
早川漁港にある、ひととせの雪さんです。

かき氷はいいねえ、そんなにかさばらないからぺろっと食べられちゃう(*´ω`*)
お味は白桃(二度目)にしましたよ。
お店では、上にかけるものを練乳とシロップから選べるのですね。
前回は練乳にしたのですが、店員さんは
「私見ですが、白桃にはシロップのほうが合うと思うのでお薦めします。シロップのほうが白桃の味がよくわかりますよ」
とのこと。
なので今回はシロップを選択!
前回の練乳もおいちかったけれど、たしかにシロップのほうが白桃の味が負けなくていいかもです。

そして容赦なく〆ですよ。
バナナぱっふぇーいっただっきまあああーす!!

あああぐるぢいいいい
おいちいいいいいいい

ちなみに、Nさんはこの日のために前日ハンガーノックにならないギリギリのところで長距離の走り込みをしていたそうですので、これだけ食べても痛くもかゆくもないと思われます。
わたしも前日にスクールで汗を流したとはいえ、カロリー収支は
摂取カロリー>>>越えられない壁>>>>>>消費カロリー。
肥えさせるつもりが、自分だけが肥えるという結果となりましたよ。

チクショー!!
次こそは肥えさえてやるんだからな!!
憶えてろよおおおお!!

と、負け犬の遠吠えで退散でございます。
いやはやおいちいたのしいグルメぽたでございました。
Nさん、お付き合いありがとうございました。
当初の予定では喜んでいただけるであろうクソ坂を用意していたのですが、お連れできず残念でした。
かえってお気を遣わせてしまって申し訳ありませんでした。
次回は万全の体制で挑ませていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします!!


さてさてさて。
今回のライドで、ひざ痛の問題が浮上してしまいました。
右ひざも左ひざ裏も、新車がおうちに来て何度か乗った時には痛まなかった箇所なので、何かのきっかけで右ひざを痛めて、それを庇ったせいで左ひざ裏に負担がかかったのかもしれません。
ペダリングの最中にひざの裏が伸びすぎている感覚があった(この日までは無かった)ので、サドルを数ミリ下げて様子を見てみたら、とりあえずはいい感じ。
この一週間後に再びの300kmブルベが控えていたので、休足とケアを中心に一週間を過ごすことにしたのでした。

それにしても不思議だねえ、前と同じモデルの自転車がワンサイズ大きくなっただけなのに、そしてポジションもほぼ同じように仕上げたのに、乗り味が全然別物なのね。
仲良くなるにはまだまだ時間と手間がかかりそう。
長距離とレースの予定がいくつかあるから、ひと段落ついたらまたフィッティングに行かなくっちゃ。


いっこ前の記事で
ブログランキング・にほんブログ村へ
叫ぶのわすれたあああああああ
別にいいんでない

スポンサーサイト

けいそつなあとがき



いってこい伊豆高原のその後とか反省とか感想とか。

ゴールしたのは日付が変わって1月の28日(日)の0時過ぎ。
その後帰宅して、起き出してきたインコにごめんなさいしてからジャージを脱いで、意識を失うようにして眠りました。
お風呂入ってないよ。
メイクも落としてないよ。
そんな余裕なかったよ。

わりとすぐに目が覚めたので、ぼんやりしつつ洗濯とお風呂を済ませてごはんをもそもそ。
そしてまた寝て、起きて、おやつをもそもそ。
そのあとちゃんと身支度をして、電車に乗りましてね、たどり着いたのは武蔵小杉。
この日の夜は、チームゲリラ豪雨の新年会だったのです。

ひゃっほーい!!

しゃぶしゃぶ食べ放題&飲み放題だー!!

もぐもぐもぐも
ぐもぐもぐもぐ
もぐもぐもぐも
ぐもぐもぐもぐ
もぐもぐもぐも


すごい、二時間くらい食べ続けてるのに、まだいくらでも食べられるwww
いつもならもうおなかいっぱ~いとか言ってるレベルをはるかに超えて、延々と食べ続けちゃった!
あれだけの量、どこに入っていったんだろ。
人体って不思議!!

しかもサイドメニューも食べ放題だったので、

さつまいもスティック(はちみつ添え)を三回くらいお代わりした気がしますよwww
ポテトフライとかうどんとかも食べちゃった(*´ω`*)
これでだいぶ元気になりましたん!
でも不思議なことに、それだけ食べておきながら、このあとの数日間やたらとお腹が減って、やたらと眠くて、ぼや~んとして過ごしていました。
初めての300km、身体のダメージは計り知れないねえ。




そんなブルベの反省点とか雑感とか。

・ハンガーノック
去年の5月にソロで200kmを走った時(リンク)に、同じような失敗をしていたのに、その時の反省がまったく生かされていませんでした。
空腹を感じずいつの間にか枯渇していた、っていうのは本当に怖いことですよ。
自分ではちゃんとしていると思っていても、集中力や判断力も落ちているはずだからね。
感覚に頼るだけでなく、距離や強度でちゃんと管理して、お腹が減っていなくても定期的に何か食べるようにしないといけません。

・シャモアクリーム
持ってくるの忘れました。
おまたがちにました。
つぎは忘れない。
ぜったい忘れない。
あと、しっかりおぱいぱんにしとくのはだいじ。
生えてるものは剃るんじゃなくて抜くのがだいじ。

・モバイルバッテリー
ガーミンの充電用に、チー〇のスティックタイプのバッテリーを持って行きましたが、互換性を確認していなくて、繋いでバッテリーの電源を入れたとたんに電源が落ちましたwww
チー〇のダンボー型のバッテリーは問題なくガーミンに使えたから、スティックタイプのも大丈夫だと思い込んでいたのが失敗。
ウマナミ氏が持っていた別のメーカーのスティックタイプのバッテリーが使えたので助かりました。
後日同じものをポチッ。

・体調
生理初日でしんなりシヲシヲ。
200kmくらいなら問題ないけれど、生理の時はそれ以上の距離の時はDNSもありかな。

・寒さ
あとはとにかく寒い、寒い、寒い!
コースが三浦半島の付け根~伊豆半島という温暖な土地にもかかわらずこんな寒さに見舞われるなんて。
-5℃とか-3℃とか表示されるガーミンを、わたしは初めて見ましたよ。
滅多にない大寒波の襲来ということで、ある意味貴重な経験だったかもしれませんけれどね、もうこんな環境下では走りたくありませんwww
今後こんな気温の予報が出ていたら躊躇なくDNS!!


この二週間後にふたたびのブルベ、ふたたびの300km。
結果としては完走しましたが、反省は活かせたのか、経験は活かせたのか。
ウマナミおじさんのちんポジはいかに!!?

それはまた別のおはなし。



最後に。
ウマナミさん、毎度毎度ありがとうございます。
わたしの強度に付き合わせてしまって、寒い思いをさせてしまってすみませんほんとすみません。
せめてウィンドブレーカー的なものを着てちょーだいな(;´Д`)


ブログランキング・にほんブログ村へ

けいそつにさんびゃく  そのさんびゃく


BRM127いってこい伊豆高原300のつづき。


どうにかこうにか小田原に戻ってきた頃には、もうあたりは真っ暗。
寒波の影響で一日寒かったけれど、日が落ちてからの冷え込みは一段とつらかったな。
ただねえ、その寒さは必要でもあったのね。
小田原からゴールまではほぼ平坦で、登りがなくなると一気に眠気が襲ってくるんだけど、寒すぎたおかげでちゃんと目をさましていることができたのですw

そんななか。
朝来たR134をふたたび逗子方面に戻っている最中、二宮の駅付近で、後ろにいたウマナミ氏に
「おかしい、パワーがめちゃくちゃ落ちてる。20km/h出てない。ハンガーノック起こしてない?」
と指摘されました。
「えーおなか減ってないんだけどな?ただちょっと頭がふわふわするっていうか…あっこれハンガーノックか」
危なかった!!危なかった!!
折り返し地点でお腹いっぱい食べてから二宮あたりまでの70~80kmくらい、無補給だったのね。
いつのまにかガス欠になっていたのに、お腹が減っているという感覚が全くなかったのですよ。
ガーミンで走行速度を見ていなかったし、自分では順調に走っていると思っていたから、指摘されていなかったら周りに迷惑をかける事態になっていたかもしれません。

サコッシュにカロリーメイトとりんごジュースを入れておいたので、歩道に上がってもぐもぐごっくん。
すぐに脳みそがはっきりしてくるのがわかって、どんなにひどい状態だったのかを改めて感じましたよ。
そして茅ヶ崎でさらにおにぎりを食べたらすごく元気になったw

ただね、この頃になって、左足に違和感が起きていました。
踏み込むと痛い。
あと60kmくらいだけれど大丈夫かな?って不安がよぎっていたけれど、ここまで来たらもうDNFは考えられない!
時間はあるからね、ゆっくりでも進んで、絶対にゴールしてやるんだ!!

さらに20kmほど走って20時25分にたどり着いた、逗子の渚橋のファミマ。
往路のPC1だったこのコンビニは、復路ではPC2。
この頃にはもう膝が本格的に痛くなってきていて、20km/hで漕ぐのがやっと。
でもここまで来たら、残りは40kmくらい。
「制限時間まで5時間30分はあるからね、10km/hで走っても大丈夫」
そう自分に言い聞かせて、走りました。
でもね、
もう泣きそう。
心が折れそう。
終わりにしたい。
痛い。
痛い!
痛い!!
じゃあDNFすればいいじゃんって、それはいやなの!!
わしはいったい何と闘っとるんじゃー!!

でも不思議なことに、渚橋からすぐ近くの我が家のあたりを走っている時には、往路と違っておうちに帰りたいとは微塵も思わなくってね。
ウマナミ氏から
「本当に大丈夫?point of no retrunよ?」
ってルー大柴発言がありましたが、
「大丈夫」
という答えしか出てきませんでした。
本当は大丈夫じゃないかもしれないと思ったけれど、大丈夫、大丈夫。




大丈夫。




輪行袋持ってるし。




そんなわけで。
寒くてつらくて朝の元気はどこへやら、無言でのろのろこぎこぎ。
日付が変わった0時すぎ、ゴールのローソン武蔵中原北口店に到着しましたよ!!!!
でも余裕無しで写真無し。
逗子から残り40kmの道程を、4時間以上かけて走ったようですw
もう膝はぱんぱんに腫れて、曲げられなくなっていました。
ゴールしたら感動して思わず泣いちゃうかしらんとか心配していましたが、たどり着いた時にはふらっふらのよぼよぼで、脳みそぼんやり。
ああ~、終わったんかい…。っていう感じ。
心がちんでおった。
ウマナミ氏に追い立てられて、「アッハイスミマセン」って感じでゴール受付のジョナサン(ゴールとゴール受付は別の場所なのです)に入りましたとさ。

よっしゃグラタン食おうぜ(゚Д゚)!!

…じゃなくて、まずはゴール受付ですよ。
ジョナサンの一角を貸しきりにして、ランドヌ東京のスタッフさんが完走の認定を行っているのです。
各種レシートとブルベカードを提出して、間違いがないことを確認したら、
「はい完走」
ってお墨付きをいただきましたん!

初めての300kmだからね、メダルも買っちゃいました。


じゃあ改めまして、グラタンです。
チーズがとろ~りあっつあつのグラタンです。

記憶にないのですが、どうも150km地点くらいからグラタン食べたいと大騒ぎしていたらしいのです。
当然でしょ、寒い時に食べたいものと言ったらグラタンでしょ。
ポタージュスープとサラダとグラタンを注文して、ハフハフうまうま。
至福の時間でございましたん!

ぽかぽかの店内でほかほかのごはんをおなかいっぱい食べたら、緊張が解けてほっとして直後に睡魔に襲われ、意識朦朧。
身体って正直だねえ。

とにもかくにも、300km完走。
ウマナミさんもわたしも、おつかれさまでした。



つぎはあとがき。



おまたの具も
ブログランキング・にほんブログ村へ
ちんだあああああああああああ
具材各種がえらいことに

おはなしのとちゅうですが


 
昨日は性懲りもなく300kmのブルベでした。

ただいまシヲシヲのパッサパサなのでまたのちほど。


とりあえず
ブログランキング・にほんブログ村へ
ちんでまあああああああっす

けいそつにさんびゃく  そのにひゃく



追記:夜明けのお写真もらったので前記事に掲載させていただきましたん!

さて。
100kmをすぎた頃、伊豆半島の付け根くらいから、結構なアップダウンが始まります。
ひと山でせいぜい70~140mアップくらいなのですがね、6回くらい登るし、登っている最中さらに微妙なアップダウンがあるしで心もあんよも削られてくるのです。
登ると暑い、下ると寒い。
いいお天気だったからまだいいものの、ここはもう少し暖かい季節に来たいものです。

そうだ、道中とっても心惹かれる看板を発見しましたよ。

ああ^~
秘宝館だよ~
秘宝を見に行きたいよ~
どんな秘宝があるのかな~(すっとぼけ

アップダウンでぷんぷん腹をたてていたわたしを瞬時に癒してくれた、素敵な看板でございました。

さらに進んで、交通量が多く時々幅寄せされちゃう道を少し外れて通りがかったのは、和菓子の間瀬さん。
わたしはここの夏みかん餅とか逢瀬(黄味あん)とかが大好きで、熱海に旅行に来ると駅前のお店で必ず買って帰るのです。
そんな間瀬さんの季節限定のお菓子、いちご大福。
何年か前に食べたきりなんだけど、とっても大きくておいちいお大福だった記憶。
ウマナミ氏とわたしも各自注文して、店内でいただこうと思ったのですね。
ふたつのトレーに乗せられたいちご大福。
そんなお大福のてっぺんに、うっすら透ける赤いいちごちゃんが!


( ゚д゚)ハッ!

こ、こ、これはもしや!!


「ちょっとごめんよ」
おもむろにウマナミ氏のトレーからいちご大福を奪い取り、わたしのトレーに乗せてみます。
ふたつのいちご大福を並べてみると、
「ふおぉ…!!」

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

なんということでしょう、おっぱい大福になってしまいましたよ。

怒られるかもしれませんがちょっと横チチを拝見。

とってもやわらかくてジューシーな、おいちいおっぱいいちご大福でございましたん!
おっぱいいちご大福は正義。

そんなおっぱいいちご大福に元気をもらって、ふたたびアップダウン地獄を進みますよ。
とたんに落ちる巡航速度。
最初に25km/hくらいあったアベレージがみるみる下がっていきます。
13時頃には着けるかもと思っていた伊豆高原の折り返し地点に到着したのは、14時30分頃でした。

折り返し地点で多めの補給をして、ゆっくりする暇なく出発です。



ところでね。
前を走るウマナミ氏が、たま~に左右のお膝を外側にぐいっと出したり、座り直したりしているのです。

( ゚д゚)ハッ!

こ、こ、これはもしや!!

「ウマナミさん!!本日のちんポジの調子はいかがですか!!」
「…最ッ悪(ムッスー」
どうやらウマナミ氏、走りながらちんポジの調整を試みたものの、いいところにうまく収まらないご様子。
でも、それからしばらくしたらもじもじしなくなったのですね。
ちょうどバイ〇クルクラブの3月号のQ&Aに「ちんポジに違和感を覚えたときの正しい直し方」に、「誰も見ていないのを確認して、ビブの中に手をつっこみましょう」と書いてあったらしいので、もしかしたらウマナミ氏もわたしの後ろを走っている時にこっそりビブの中に手をつっこんで、位置の修正を試みたのかもしれません。
グローブばっちいな…。

そんなわけで。
熱海の手前で「まだ140kmもありよるぞ…」って泣きそうになった時に、「修理しても何度もパンクしちゃって…」って立往生しているランドヌールさんと遭遇して、「こんなに大変な人がいるんだからわたしもがんばろう」って涙が引っ込んだりしつつ(人の不幸で立ち直ってごめんなさいw)、どうにかこうにか小田原付近の200km地点まで戻ってきましたよ。
残り100kはほぼ平坦基調。
時間は全然大丈夫そうだ、あと少しがんばろう。


残り100kmにつづく。


いやちがう100kmは「あと少し」じゃ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ねええええええええええええええ