fc2ブログ
 

さかみちはきらい。

きょうはなんのひ



今日は11月08日だ!!
なんの日かわかってるな!?!?
よし!!
おまえらさんたち準備はいいか!!
右手でも、左手でもいい。
高々と揚げ、大きく振り下ろすんだ!!
そして叫べ!!





せーの、





おっぱ

マ?


追浜(おっぱま)は、だいたいこのへんにあるよ。

みうらいちするとだいたい通るよ。
でもおっぱまの日ではないよ。



ではもう一度、気を取り直して右手が左手を高々と振り上げましょう。



せーの、



  _  ∩
( ゚∀゚)彡 雄っぱい!雄っぱい!
 ⊂彡





_人人人人人人人人_
> 雄っぱい!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


_人人人人人人人人_
> 雄っぱい!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄



おっぱいもちっぱいも正義!!
腐女子は雄っぱいも守備範囲!!
( ゚∀゚)o彡゚ おっぱい!おっぱい!


やれって言われたからやりましたよわたしが悪いんじゃありませんよおっぱい!
久しぶりの更新がこれだけどおっぱい!
おっぱいと口に出すだけで幸せになれるおっぱい!



11月08日はいいおっぱいの日ィー!!



この夏はおっぱいスケスケローディーさんをたくさんお見かけしました。
ありがとうありがとう(合掌)



乳がん検診
ブログランキング・にほんブログ村へ
行くんだぞぉぉおおお
雄っぱい写真の許可ありがとうございますw

スポンサーサイト



みかんはふゆのおひさま そのいち



高尾山で夜明かしして、10時頃に帰宅したわい氏。
お天気が良くてねー、このまま寝たらもったいねーのです。

だから!!
自転車で!!
どこか行きたい行きたーい!!

…といってもこの時間からだとそんなに遠くには行けないので、ちょっと前に通って気になっていたご近所さんへ走りに行ったのでした。



そうしておうちから約20kmくらい走ってたどり着いた目的地。
そこで渡されたのが、これ。

目的のものは、なんかもう端っこにチラッと見えてるね。


そうですみかんです、みっかーん!!

すごい、11月のちょっと寒い日だと言うのに、これだけ見るとすんごい南国みがあるwww


ここは、横須賀の須軽谷(すがるや)にある福田みかん園さん。
550円で、園内のみかん時間無制限食べ放題なんですよ!!

ちなみに、自転車で来たのでどこか停めてもいいですか?と伺いましたら園内に入れさせて下さいました。
なんという安心感\(^o^)/

木によってみかんのサイズはさまざま。

びっくりするくらい大きいものもあれば、こぢんまりサイズもあるのね。
あと、同じ木でも、陽の当たり具合の影響なのか味も微妙に違うの。
うわー甘いってのも甘ずっは~いってのもあって、でもどれもおいちい!
ちなみに、食べたあとのみかんの皮ってどうするんだろう…ってあたりを見たら、皮は地面にぽいされてましたw


もうお腹いっぱい!と思いつつ、あのよく陽に当たってるやつは甘いかも…
あっちのすんごいでっかいやつ食べてみたい…
あとひとつ…あとひとつ…
とかなんとか食べ続け、10個くらいは胃袋に詰め込んだかな。

お次は、最初に渡されたカゴの出番ですよ。


なるべく陽に当たる時間が長そうなところの実をカゴに放り込んでいきました。

といっても、持ち運ぶツールはサコッシュしか無いので、そんなにたくさんは持ち帰れないのです。

計量したら1.1kg、350円くらい。
あんまり買えなくてごめんね~ってサコッシュに詰め込んでいたら、併設の畑の野菜も持っていきなよ!って勧めてくださいました。
そう、こちらのみかん園さん、みかんをお買い上げすると採れたて野菜をおまけしてくれるのです。

色々ありましたよ、大根とか水菜とか。
しかし残念ながら脆弱なサコッシュはみかんを詰め込んだら、紐の付け根あたりが「じぶんもう無理ッス!」ってなってたので、辞退させていただきました。
そしたらみかん園のご主人、「春菊はどうだ!これなら軽いからいけるだろ!」って、すぐ横に植わっていた春菊を雑草引っこ抜く勢いでブチブチブチブチ!!って摘んでくれて、持たせてくれたのですwww
春菊大好き!ありがたくごま和えにして美味しくいただきましたよ。

桃農家さんの桃絶対食わせるマンといい、みかん園の絶対おみやげ持っていかせるマンといい、農家さんて豪快で素敵だねえ。
すごく楽しくて美味しいみかん狩りをさせていただき、有難い限りです。


そんな感じで1年分くらいのみかんをお腹に詰め込んだおかげで苦しみつつもしあわせ気分の帰途、通りすがりの三浦のキャベツ畑。
きれいだなあ…。

なんて堪能する余裕もなく、写真を撮ったら走ります。
胃袋からみかん汁が溢れ出そうだったんだもん!!

みかんを消化するべく、結局60kmほどを走ってくったくた。
帰宅したら居間で行き倒れ、目が覚めたのは翌日の夜明け頃だったのでした。

そんなわけで、徹夜で高尾山登山からのみかん園でビタミン補給ライド、みっちりみちみちに充実した1日だったのでした。


今日は叫ぶこと
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありませええええええええん
なんかネタある?

よあけのじょうちょ



じょうちょ を ょぅι゛ょ と空目したと言われて、もう ょぅι゛ょ にしか読めなくなりましたこんにちは。
今日未明に下書きしていたタブを間違って閉じてしまってやさぐれております。


さて、続きと参りましょう。

高尾山頂にはテーブルとベンチがあるので、そこでいっぷく。
珈琲とおやつをいただきまーす!
もちろん真っ暗なので、ライトが必要です。
「灯りならまかせて!」
シュバッ!!
と取り出したのは、激安中華製ランタン。

これねー、ちょっとかさばるんだけど、安いのに明るくて軽くて駆動時間も長くてテント内でも上から吊るせるようになっててソーラー充電もできるという優れものなのです!
でも明るすぎて若干目が痛い。
ちなみにゲリメンたちにはこれテント用だろwって失笑されたのでした。

そうそう、昨年の秋頃に、ゲリ(ラ豪雨の)マグ(カップ)を作ったので
ゲリメンどもに自慢してやりましたよ。

「ふーん…」
終了。

さてさて。
休憩したら再出発。
わたしたちは高尾山頂ではなく、さらに2時間ほど歩いて景信山(かげのぶやま)で日の出を見る予定なのです。
夜道で転ばないようにゆっくり歩いていたら、ぼや~っと見える人のようなものが…

ぎいいええええあえええ天狗出たー!!
こわいよう!
こわいよう!
泣くかと思ったよおおおおお!!

そんな感じで山道をぎゃーぎゃー騒ぎながら歩き、たどり着いた景信山。
もうすぐ日の出ですよ。


わたしたちの他にも、ツェルトで夜を明かしたらしきハイカーがカメラの準備をしていたり、陣馬山方面から登ってきたらしき人がいたり。

みんなの待ちわびる日の出は、もうあと少し。


あと少しなんだけどね。

1時から、激寒のお山をひたすら歩いて珈琲も飲んで、そろそろ限界なんだよね。

お尿がモレシャンになりそうなんだよね。

景信山からちょっぴり下ったところにおトイレあるんだけど、でももう日の出なんだよね。

日の出
モレシャン
日の出
モレシャン
日の出

漏れ

「おトイレ行ってきまあああす!!!、」


ふぅ…


無事おトイレを済ませて戻ってきた時には、それはそれは綺麗な日の出の瞬間が…過ぎておりました…。

情緒もへったくれもない、尿意で台無しの御来光、おはようにっぽん\(^o^)/

いやそれにしても綺麗だな、高尾山ってよく初心者向けなんて言うけど、ほんとに奥深くて遊びがいのあるお山です。


そしてお楽しみの山ごはんは、前日に作って凍らせておいたクラムチャウダーとおにぎり。

0度に近い外気温だったおかげでまったく溶けておらず、ガチガチ震えながら溶けるのを待ったのでした。

あとは小仏からバスに乗って高尾山駅まで。

おうちに帰ってきたのは10時頃でした。


さてさて。
今から寝たら、起きる頃にはもう日没くらいかな?
せっかくの日曜日、寝ちゃうのはもったいないな。
じゃあ、あそこに行こうそうしよう。


と、いうわけで。
次回は御来光登山後のビタミン補給。


高尾山駅のパン屋さんが
ブログランキング・にほんブログ村へ
うめええええええええええ
もちもちきなこプレッツェルうまー

まよなかのじょうちょ




2020年11月15日の日曜日、午前1時の高尾山口駅からこんばんは!


と、いうわけで。
終電輪行ならぬ終電登山ですよ。
お仕事を巻きで終わらせて、リュックサックをひっつかんで電車に乗って2時間ちょい。
すでに冬の気配の高尾山に、ゲリラ豪雨登山部の面々(ゲリメン)と御来光を拝みに行くのです!

ちなみに、わたしたち以外にも3組くらい終電登山するパーティーがいましたよ。
この季節でそれだけいるなら、夏ならもっといたりする?

さて。
まずは高尾山へ至る9つのルートのうち、稲荷山コースを登ってまいります。
もちろん真っ暗ですよ。

なーんにも見えないの。
なのでみんなライトを持ってくるわけです。
わたしはヘッドライトを装着し、VOLT1300を手に持って
「明るさは正義!!」
って照らしてやりましたよ。
すげー明るい、明るくてなんにも不自由がないっていうか昼みたい。
そしたら、
「明るい。明るすぎて情緒が無い。却下。」
却下されました。
なるほど、情緒!
言わんとするところはわかります、夜登山の不自由さを味わいに行ったのに、昼並みに歩けたら意味が無いですわな。
なのでVOLTではごく近くの足元を照らすだけにして、ヘッドライトを頼りに進みます。
あ、高尾山にも熊の出没情報があるので、たまに振り返って遠くを照らしてみたりしました。

ちなみにワンゲル部出身のゲリメンいわく、20年前は指向性のない豆電球みたいなので歩いていたそうです。
指向性が無いと、どこに灯りを向けても自分の周りが薄ぼんやりと明るくなる程度なのだとか。
それでも目が慣れるとちゃんと見えるし、そんなのでソロ登山もしたそうな。


時折見える夜景(八王子かな)がきれい!


そんなこんなで真っ暗な中、怪談を話して「こわいやめて泣」ってゲリメンを怖がらせつつ、午前3時に高尾山に登頂しましたよ。

どう考えても怪談より薄ぼんやりの灯りでソロ登山するほうが怖いでしょwww

高尾山山頂って、あんまり山頂らしくなくて観光地の広場みたいになってるんだけど、その広場のど真ん中に女性2人が小さな灯りをともしてレジャーシートを敷いて宴会してて楽しそう。
やっぱり御来光待ちかな?


いかん、時間が無いのでとりあえずつづくー!


11月の高尾山は
ブログランキング・にほんブログ村へ
寒いぃぃぃぃいいいいいい
まふゆ。

きのこまみれのたかおさん



今日はちょっときもい写真がいっぱい。
集合体恐怖症の人は見ないほうがいい写真ですよ。
でもきもいって言われると見ちゃうよね。
見てうえぇ~ってなるけどやっぱり見ちゃうよね。


そんなわけで。
2020年10月4日は始発に乗って相模湖駅まで。
先にログを上げちゃお、こんな感じで相模湖から高尾山を目指して歩いたのです。


10月のはじめ頃はまだまだ残暑が厳しくて、行動中は薄着でも汗びっしょり。
でもお山はきのこが発生し放題、もう秋の気配です。
きっと朝晩はそこそこ涼しくて、菌糸が元気に活動してるんだろうね。

そんなもんだから、とにかく目に付くきのこ、きのこ、きのこ…ひぎい…


みっしりと。そりゃもうみっしりときのこ。


ぎぼぢわるいよー!!!!って叫びながらじっくり見ちゃうきのこ。


枯木にびっしりとかウロからひょっこりとか。


キモみのなかにエモみがあるのが困るのよ、ついつい何枚も撮っちゃうじゃない…


でもこれ大半が食べたら吐くか死ぬかするやつだよね?
たしか最初の4枚はカワラタケっていうお茶とか薬になるきのこだけど、あとはアカンやつだと思うのです。


これは苔とコラボしてちょっとおしゃれなきのこ。


食べれそうで食べれない、ちょっとだけ食べれ…ないきのこ、ドクササコ?


ベニタケ的なきのこ?


どれもこれも見た目だけなら美味しそうで困るよね。

ちなみにベニテングタケって毒きのこなのに、食べるとめちゃくちゃ美味しいっていうよね。
オムツ履いても食べたい人がいるっていうアブラソコムツといい勝負。


そんなわけで。
なんかもうどこもかしこもきのこだらけで、きのこしか目に入らなかったし今思い出してもきのこしか思い出せない山歩きだったのでした。
秋の高尾山がこんなにきのこまみれになってるなんて知らなかったよ。

ちなみに、高尾山にはきのこを見に行ったわけではなくて、歩いてカロリーを消費して、高尾山ビアマウント(ビアガーデン)でかんぱーい!をしに行くのが目的だったのです。

久しぶりのビール、ジョッキに1/4杯だけ飲んだらもうフラッフラ/(^o^)\
ビールはね、最初のひとくちは美味しいなって感じるのですが、あとは苦いし炭酸きついしお酒激よわなのもあって飲めなくなっちゃうのです。
でもね、お酒飲めなくても楽しかった!
このご時世で飲みの機会も激減し、人とごはんを食べるのもとっても久しぶりだったので、ほんとに楽しかったんです。
落ち着いたらまた行きたいな。
夏前ならBBQマウントもやってるよ。


そしてみんなしっかり出来上がって、良い気分でケーブルカーで下山です。

日の入りが早くなった初秋の高尾山。
街灯がほとんど無くて、駅の灯りだけでは頼りないね。

こんな所に夜に来る人なんていないんだろうな。
夜中なんかすっっごい怖いんだろうな。
なんて考えていたら、ゲリラ豪雨登山部のひとりが
「今度、終電で集合して高尾山登りましょう」
って頭のおかしい事を言い出しましたよ。
「ファッ!?行く!!」
もちろん行きます。
迷わず行けよ行けばわかるさ!

と、いうわけで。
次回、夜の高尾山はこんなとこ。


みんな
ブログランキング・にほんブログ村へ
壊れてるうううううう
普通をぶっこわすひとばかり