さかみちはきらい。

さかばかにささぐみち そのに


さて。
まっつんさんとウマナミさんに真鶴の激坂を堪能していただいたあとは、湯河原に向かいますよ。
湯河原から、目指すは箱根峠。
ということは、椿ラインを登攀するのです。
わたし、何度も箱根に来ているのですけれど、なにげに初・椿ライン。
去年の春にコーラさんと登ろうとしたんだけど、雨とガスがひどくて断念しちゃってそのままだったのですよ。
ちなみに、まっつんさんは椿ラインをいちど走ったことがあり、ウマナミさんに至ってはこの前日のブルベで走っていたのだそうです。
二日連続で来る意味がわからないよ。さすが変態だ。

さてさて。
箱根に登る道っていっぱいあるでしょ。
神奈川県民が使う主なルートとしては、
①駅伝コース
②旧東海道
③足柄幹線林道(途中で駅伝コースに合流)
④椿ライン
⑤十国峠
とかかな。
今回は④を征くわけですが、⑤の十国峠もそのうち制覇して、ケーブルカーの駅の頂上も行ってみなければ。

そんなわけで。
湯河原から椿ライン入り口までにあるラストコンビニで補給をしたあとは、のんびり登り始めますよ。
そんな椿ラインは、うーん。
長くてだらだら。
嫌いなさかみちがだらだらゆるゆる、延々と続くんだねえ。
色々登ってみて感じたこととしては、わたしたぶん、ガツンときつくて短いほうがいいのだわ。
終わる時間はたいして変わらないけれど、ゆるーいのがだらだら続くのが我慢ならんみたい。
どこを登るのも嫌だけれど、じゃあきっつい旧東海道とゆる長い椿ラインのどっちがいいかといったら、旧東海道を登るほうを選んじゃうと思うもの。
どっちもいやだけど。
きらいだけど。

でも、景色はこっちのほうがずっといいねえ。

旧東海道では見られない景色だねえ。

どんより曇り空だけれど、それでもきれいだ。

もう少し季節が進んだら、一面が燃える赤と黄色に覆われるのかしらん。
そんなのなら見たいじゃない?

あーちくしょ~長いな~登ってるな~ってうんざりしつつもきれいだから、うれしくって空気が気持ちよくって複雑なきもち。

悔しい!ビクンビクン!みたいなきもち。

そしてたどり着いたてっぺんで、SNSでよく見るあの写真を撮りますよ!

お膝の調子がよろしくなかったまっつんさんも無事登りきりまして、あとはびゅーんって下るだけ。
このあとはご褒美のおいちいものが待っているのですよ!

まずは今年初めての、甘酒茶屋さんの甘酒。

甘酒は飲む点滴っていうくらい栄養豊富なのですよ。
そしてなにより、あったかくてあま~くて、ほっとするお味。
基本的にNGNK(ノーグルメノー観光)で、今までこのお茶屋さんの前をフンフン素通りするだけだったウマナミさんにも気に入っていただけたようですよ。

ついでにお餅もいただきましょう。

注文したのは磯辺もち。
海苔の香りとお醤油の塩気がたまらんのです。

さて。
甘酒とお餅をいただいたあとは、箱根湯本まで下ってから入生田の激坂を登ってヨロイヅカファームに行く予定だったのですが、今回はパスすることにしたのです。
そのうちまっつんさんのお膝が良くなったら、ここでソフトクリームやらパンやらランチやらを詰め込む胃袋練をしなければ。

そんなこんなで箱根湯本を通り過ぎ、小田原まで戻ってきましたよ。
今回の最終目的地は、小田原の早川漁港のすぐ横にあるかき氷やさん、「ひととせの雪」。
小田原にお住まいのナイスミドルローディーtomiさんに、こんな店が出来たやで~って教えていただいたのですね。
お店のHPでメニューを見てみたら、こりゃあ行くしかねえな!!!!ってもう大興奮。
すんごく楽しみだったの!!

そんなこんなで到着した、本日最終目的地のひととせの雪。
到着したのは15時になる5分前くらいだったのね。
入店したら、
「店内ではお召し上がりいただけませんがそれでもよろしいですか?」
と聞かれて、なんでだろな?と思ったのですけれど、お外のテラス席でなら食べられるということで、かき氷はそちらでいただくことにしたのです。
店内に置いてあったパンフレットをぱらっと見てみたら、なんと営業時間が15時まで!
だから店内での喫食を断られたのですね。
到着するのがあと数分遅かったら、買うことすらできなかったよ。

ここのかき氷屋さんのかき氷は、果物100%。
特殊な冷凍技術で凍らせた果実を削ったかき氷なのですって。
わたしが注文したのはもものかき氷なのですが、まるで花びらみたいに削られたももの果実がとてもかわいらしくて、見ているだけできゅんきゅんしちゃうの。

凍らせ方が確かに特殊で、溶けても果実と水分が分離しにくいみたい。
形が崩れにくく、べちゃべちゃにならない不思議な果実のかき氷。
そんなかき氷に、練乳かシロップを選択してBUKKKEかけてからいただくのです。

わたしは濃ゆくてどろっとした白いおっと最低でした。
わたしは練乳をチョイス。

まんべんなく回しかけて、いっただっきまああーす!

お味?
もちろんおいちいですよ。
だってももだよ?
もも100%だよ?
おいちいに決まってるでしょ!

しゃりっとした食感は、シャーベットとかき氷を足して割ったような感じ。
甘さはあっさり、これなら何杯でも行けちゃいそうw
まっつんさんとウマナミさんは和梨のかき氷を注文していたのですが、ひとくち貰ったらこちらもあっさりさっぱりしていてとってもいいお味。
お二人にも気に入っていただけたようで、ご案内してよかった!

他にも通年でいちご・トマト・ヨーグルト。
その他にも季節の果物のかき氷があるみたい。
かき氷にしてはちょっといいお値段だけれど、ここはすべてのお味をコンプリートしたいところです。

ひととせの雪
HP
食べログ

こうして目的を達成した一行は、早川漁港のすぐ近くにある早川駅で自転車をパッキング。
まっつんさんとわたしは横浜方面へ、ウマナミさんは静岡方面へとそれぞれ帰宅と相成りました。
お二方さま、このたびはお付き合いいただきましてありがとうございましたん!

そんなわけで。
小田原~箱根はねえ、まだ行っていない&行ってみたい道とお店がいくつもあるのですね。
これからの季節はちょっともうつらいかなあ、でも温泉もあるしね、雪が降らない限り行けるだけ行ってみようかな。
とりあえず、ヨロイヅカファームは今年中に行きたいな。

決して決して、坂を登りたいわけじゃないけれど、そこにおいちいものときれいな景色があるのならば仕方がありません。
呪詛を吐き吐き、参りましょう。


おんせん
ブログランキング・にほんブログ村へ
入りたあああああああああああい
どぼーんうぇーい

スポンサーサイト

さかばかにささぐみち そのいち


9月24日の日曜日。
この日はさかみち大好きさん二名とのライドの予定が入ったので、気合を入れてルートを引きましたよ。
70kmで2000mアップを目指して、前菜に真鶴の激坂、メインは箱根のゆる坂、デザートは入生田の激坂。
カチカチ、ポチポチ。
そして出来上がったのは、69.9kmで1928mアップのルート。

惜しい、あと70m足りなかった!

そんなわけで。
朝8時に小田原近くのコンビニで待ち合わせたのは、人妻まっつんさん、変態ウマナミさん。

生脚は卑猥なのでモザイク処理

去年の12月に、真鶴の裏道のみかん畑に連れて行ってもらったら見晴らしがよくて気に入ったのですね。
なのでその時のルートを参考にして、お二人をご案内したのでした。

ちょっと登っただけでこんなにひらけちゃう。
右に在来線、左に新幹線の線路。
もう少し寒くなってくるとこの景色の反対側にあるみかんが色づいて、寂しい冬の景色にかわゆいきいろがぽこぽこ顔を出すんだよ。

そんなみかんのお山を過ぎたら一気に下って、そして、激坂。
この激坂のあるさつきの郷は、去年行って敗退した道なのです。
最高勾配で22%あるんだよ。
一部はあざみラインよりもつらいんだよ。
わたしは登れないのはわかっているから、押して歩く覚悟ですよ。

そんなさつきの郷を登っている最中に、アレがあったのですよ、アレが。

アレ=お馬さんのオブジェ(の、ちんこ)

去年ここを通った時にはこんなのがあるなんて気がつかなかったよ。
富士イチルート上の馬場にも似たようなお馬さんがいるのですがね、そっちのお馬さんのオブジェも、ちんこの先っぽがばっつり切り落とされて無くなっているのね。
なんで大事な先っぽを切り落としちゃうのかしらん、痛いじゃないのよ!

さて。
そんなことはどうでもいいのです。
結局きつい勾配のところは押し歩いて、なんとかゴールにたどり着きましたよ。

人妻まっつんさんはどうやらお膝の調子があまり良くなかったご様子で、普段なら余裕で登り切れるくらいの距離でしたが今回は押し歩き。
これはお膝が治ったら、リベンジしに連れ込まなければいけません。
変態ウマナミさんは大喜びでアヘアヘフンフン登っていって、てっぺんにある鐘をガランゴロン鳴らして遊んでいましたとさ。

さあさあ、前菜はこれでおしまい。
本日のメインディッシュへと参りましょう!

つづく。


わたしが登りたかったんじゃ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ないんだからねええええええええ
これは二人に捧ぐ激坂ルート。

びるくらいむ!


ブルベに挑戦したり大観山に登ってみたりといろいろ書くことはあるのですが、すんごく熱くてかっこよかった例のアレを先に書かなくっちゃ!

と、いうわけで。
ご存じの方も多いと思うのですが、9月29日の金曜日にお台場にあるダイバーシティ東京プラザの立体駐車場で、「ダイバーシティ東京ビルクライム2017」が開催されたのです。

全長400m平均勾配8%を全力で駆け上がる、ヒルクライムスプリントですよ。

去年はわたしのいるチーム、雑兵の隊長が予選を勝ち抜き、決勝の様子がニコ生配信されてめちゃくちゃかっこよかったのです。
今年は隊長がお仕事の関係でどうしても出られなくてちょっと残念だったのですがね、もう一人、この人は絶対に観たい!という方が出場されたのでした。
それが今年の夏に仲間に入れていただいたチーム、ゲリラ豪雨のリーダー。
略してゲリーダー。

ゲリジャーめっちゃかっこいい!!

そうそう、ゲリラ豪雨のメンバーはなんでもゲリをつけます。
ゲリラ豪雨のリーダーはゲリーダー。
ゲリラ豪雨のジャージはゲリジャー。
ゲリラ豪雨のメンバーはゲリメン。
ゲリラ豪雨の飲み会はゲリ飲み。
ゲリラ豪雨のラインはゲリライン。
ゲリラ豪雨のメンバーがリベンジするときはゲリベンジ。
深くは考えまいよ。

そんなゲリラ豪雨のゲリーダーは手足が長くて細身のクライマー体型。
エンデューロのチーム戦で優勝したりと平坦も強いのですが、こういう短距離の登りは絶対得意だろうなと思っていたのです。
案の定、予選は余裕で突破されまして、無事に決勝進出となったのでした。

しかしなんとまあなんとインパクトのあるチーム名というか、チームジャージなのでしょう。
ニコ生の実況も「ゲリラ豪雨!ゲリラ豪雨!」と大層盛り上がっていましたよw

ゲリーダーの特徴あるダンシングは別名ゲリダンシング。
一度レクチャーしていただきましてね、加速型ゲリダンシングはわたしも習得いたしましたん!

正面から見てもゲリラ豪雨、側面から見てもゲリラ豪雨。
やばい、かっこよすぎる。

これでまた誰かがこのジャージにひとめぼれして、新たにゲリメンとして加入される方が現れるのでしょうかね。

結果としては表彰台ならずでしたが、280人くらいエントリーしていた中、決勝に出たというだけでもすごいことです。
会場はとても盛り上がって楽しかったのだそうで、また来年、今度はメンバーみんなで参加できたらいいな~なんていう話も出ていました。
わたしの手元にも、つい最近ゲリジャーが届きましたのでね、これを着て応援に行ってみたいものです。
とりあえずまだまだ減量しないとジャージが縫い目から裂けてしまうわwww

そんな感じでゲリラ豪雨の宣伝みたいになったビルクライムのおはなしはおっしまい!


ジャージ着たら
ブログランキング・にほんブログ村へ
むっちむちのみっちみち!!!!
首くるちい

はつたいけん




昨日は初めてブルベに参加してきたよ。

ゴールで待っているご褒美を心の支えに走りきった!
ばんじゃい!

ブログランキング・にほんブログ村へ

あっちもこっちも  そのに


そうだった、自転車のメンテやらフィッティングやらのほかにも、今年の5月頃に買ったシューズについても相談したのでした。
相談の内容としては、まだ数えるほどしか履いていないのにヒールが削れて削れて仕方がないということと、
これ履くと足がめっちゃ臭くなる
ということ。
臭いとか、そんなん相談されても困るだろっていうwww

さて。
わたしはSPDペダルを利用しているのでシューズもMTBシューズなのですね。
5月に買ったエスファイアのMTBシューズはカーボンソールのレーシングモデル。
基本的にシクロレース等でやわらかい土の上を走ることを前提に作られているので、いつものようにツーリングして観光がてら舗装路を歩くとあっという間にヒールのゴムは削れてしまいます。
なので普段履きはしておらず、トレーニングやレースの時のみ使用していたのです。
おそらく両手で数えるほどしか使用していないけれど、それでももうヒール側のゴムはつるつるになって、カーボンの部分までガリガリ。
同モデルのロード用(SPD-SL)シューズはヒールを交換できるらしいのですが、MTBシューズは交換不可。
このままではいけないので、ヒールについては、靴底用の補修材を使用することになったのでした。

そんで、臭いということについては理由が判明しましたよ。
ロード用のシューズは裏に通気用の穴があり、ステンレスのメッシュが張ってあるのです。
中敷きもちゃんと穴があいていて、通気性ばつぐん。
なので、ロード用のエスファイアを使用している方から臭くなるという話は聞いたことがなかったのですって。
対してMTBシューズは、裏にクリート用の穴はありますが、これはシールで閉じてしまいます。
泥の中を走ったりするという用途からして、お水が入らないようになっているのです。
もちろん中敷きにも穴はなし。
そんなところに専用の化繊100%の靴下を履いたりした日にゃ、そりゃもう蒸れて蒸れてアシクサーになるのは当たり前だということですよ。
要するに、臭さについては「アキラメロン」という解決策しかございませんでした。
ちくしょう、誰かに嗅がせてやりたい、あの悪臭。
部屋がガス室かってくらい臭くなるんだぜ!

そんなわけで。
お店を出たのは14時すぎ。
これからどこかに行くには時間が遅いので、あとは自走で帰るだけですよ。
せっかくの、お天気の良い日曜日。
どこか遠乗りに行きたかったな。
でも、収穫の多い日だったな。

多摩サイを少し走って、府中のワイズの隣にできたカフェをチラッと覗いたらすごいローディーさんの数。
こりゃあ偵察もできないやと多摩サイを離脱し、矢野口尾根幹方面へ。
IMG_20170910_141843 (7)

そしてもう何度目かわからないくらい、いいな~いいな~って羨んでる町田リス園を通過。
IMG_20170910_145919 (7)
果たしてここに入れる日は来るのじゃろうかw

あーあ、なんにもおいちいものが食べられない日だよ、なんにもいい景色が見られない日だよ。
市街地ばっかりで、信号ばっかりで、疲れちゃったよ。
それでもね、町田から境川CRに入ったら、思いがけずちょっといいものが見えたんだよ。
IMG_20170910_163215 (7)
そういえば、このあたりは畑が多くてお空が広く見えるんだった!

もうすぐ日の入。
帰路を急がなければいけないのだけれど、ちょっぴり立ち止まってやさぐれた気持ちをリセットしたよ。

そんなこんなで17時30分ちょっと前、鎌倉に戻ってきましたよ。
60kmくらい走ってきて、おうちまではあと少しだけれど、ひと息つきたくなっちゃった。
IMG_20170910_171723 (7)
なのでお久しぶりの鎌倉珈琲香房へ。
18時閉店なのでラストオーダーぎりぎり、間に合ってよかったー!

ボンボンショコラを入れてもらって、ほっ。
IMG_20170910_172241 (7)
あったかくてあま~くて、一日の疲れがふっ飛んだ!

あとはおうちに帰ってこの日はおしまい。
これで安全に乗れるようになったからね、またあっちもこっちもいっぱい走って、楽しいところに、きれいなところに、おいちいところに行きましょう!


いっぱい信号があるところ走るの
ブログランキング・にほんブログ村へ
きらあああああああああああい
とうきょうさばくめ…!