さかみちはきらい。

815

「今日はすいとんにしよう」

と彼女が言った。

「なんで?」

「終戦記念日だから」

「あ、そうか」

今日はそんな日だった。



すいとんを作るのはわたし。

出汁を張った鍋に

だいこん
にんじん
ねぎ
かぼちゃ

たくさん野菜を入れて

小麦粉に少しずつ水を加えてよく練ったら

指でちぎって出汁と野菜の中に落とす。

味噌を溶いて、少しとろりとするまで煮たらできあがり。



ごはんも

おかずも

今日はなんにも無し。

いつもより少し大きな汁椀によそったすいとんは

おつゆの上まで野菜があふれて

それだけでごちそうだった。

「具だくさんすぎない?」

「ほんとうだ」

「昔はこんなに入ってた?」

「うすーいおつゆばっかりだった」



両手をあわせて、

いただきますをして、

ふたりで食べた。



「おいしい?」

「おいしい」

蝉の鳴き声を聞きながら、

おつゆをふうふうと冷ましながら、

汗をいっぱいかきながら。

滋味豊かなすいとんを

彼女はどんなことを考えながら食べたのだろう。



終戦記念日は、わたしにとっては今は亡き彼女を思い出す日だ。

戦争がどうとかこうとか

経験したことのないものをわたしが語れるはずもないけれど、

おいしいと言いあいながらおいしいものを食べられる毎日が

ずっとずっと続けばいいと思う。



8月15日は、そんな日。

スポンサーサイト

おまたのたわしをくちくせよ



さて。

久しぶりに、お股に生えてくるにっくきスチールたわしの話でもしようか。

もう何度も何度も書いてきましたけれど、とうとう奴との闘いに終止符を打つときが来たようですよ。

まずはこれ、過去に書いたたわしのおはなし。
覚えていらっしゃるかしらん。
ぱいぱんになりたい
しばぬき

この記事のあとも散々引っこ抜いてかゆかゆになってを繰り返してきたわけです。
でももういい加減、お手入れに時間がかかるしめんどくさいしで、根本的に生えてこないようにしちゃおうと思い至り、ちょこちょこと小銭を貯金箱に投入していたのでした。

そして我が家にやってきたのがこれ。
IMG_20170615_230634_459 (3)
ヒカリエピという、フラッシュ脱毛器ですよ。
フラッシュ脱毛は、特殊な波長の強い光を照射して、毛根にダメージを与えて弱らせるというしくみ。
この光は黒い色に反応するのですが、その反応で黒い部分のみ熱せられ、簡単にいえば毛根がごく軽いやけど状態になるのですね。
照射された時はちょっと痛いのですが、それも一瞬。
ただし一度の照射で毛根はだめにならないので、毛周期にあわせて何度か照射する必要があります。

ずいぶん昔にワキの脱毛のためにサロンでこのフラッシュ脱毛を受けたのですが、たいした痛みもなくお値段もお手頃で大満足の仕上がり。
これなら他の部位もやりたいな~と思っていたのですね。
でも当時はワキ以外はお値段が高くて、あきらめた経緯がありました。

そして時は流れ、
自転車に乗るようになって、
長距離を走るようになって、
毛のせいでおまたの具が擦り切れるようになって、
毛抜きやらなにやらで毛と格闘するようになって。
あーもういやだめんどくさい!
サロンでの全身フラッシュ脱毛もだいぶ敷居が低くなってきているし、行こうかなどうしよっかな~と考えていたのです。
んが、セルフでレーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器を使えばだいぶお安く済ますことができるなあと考えるに至り、脱毛器を購入してみたのでした。

フラッシュ脱毛器の操作はとってもかんたん。
IMG_20170615_230722_392 (3)
電源を入れて照射の強度を選んだら、

このバーコードスキャナーみたいなプローブを、ムダ毛を剃ったお肌に押し当てて、
IMG_20170615_230541 (3)
ボタンを押すだけ。

この照射ランプが一瞬ピカッ!と光って、照射面の毛根をやっつけてくれるのです。
IMG_20170615_230548 (3)
両脇の黒いのはタッチセンサーで、これが両方お肌に触れていないと照射できません。
誤照射を防いでくれる仕組みなのです。
ちなみに生えている毛は事前に剃っておかないと、照射したら焼けて大参事になりますwww

照射してから数日、毛根が「らめぇ…」って弱っていって、生えかけの毛が自然に抜け落ちます。
しばらくすると毛根はまた息を吹き返して「うおりゃー!」って毛が生えてくるのですが、そこに再びフラッシュ脱毛器で光を照射すると、また抜け落ちていきます。
こうして何度か照射を繰り返すうちに、熱で毛根が弱って、ムダ毛をはやす力が無くなってくるわけですよ。
最終的には産毛くらいの細さになり、あってもなくてもわからん感じになるかな。
おまたぱっかーんして最初に剃毛しなきゃいけないし、処理中はなんとも情けない姿ではありますが、それがどうした!ってところです。

フヒ…フヒヒヒヒ…
これでわしは超快適自転車生活を手に入れることができる!
自転車のためにたわしを駆逐するんじゃー!
そう、自転車のために!!

……………。

そりゃ嘘だ。

自転車に乗るためってのは半分、
残り半分(もしくはそれ以上かも)は趣味嗜好です。
もともと毛が生えてるのがあんまり好きじゃないのです。
根底にあるのは、無毛のフェティシズム。
これに尽きますね。
別に誰に見せるわけでもなし、デブスなBBAのお股を見たいなんていう人がいるわけでもなし、たまに温泉に行くときにほんのちょっぴりだけ恥ずかしいかなってくらいのもんですよ。

処理が完了するのに最低でも1年以上はかかるのですが、急ぐもんでもないのでのんびりやっていこうかと思いますよ。
納得の仕上がりになったら、あとがきでも書きましょうかね。


つるつるの
ブログランキング・にほんブログ村へ
なにがわるいいいいいいいいい

断じて変態痴女ではない

みんなおつかれさま


5月7日の夜。
ミウライチの後、帰宅してシャワってお出かけした先は海老名でした。

お約束の時間より早く到着したわたしは、同じく早く到着した雑兵の隊長とヒロさんとで、デニ屋でいっぷく。

他に集まる予定のメンバーに急かされてお外に出てみれば、もうみんな待っているというていたらく。
ぜんぶで20人ちょっと、4月まで開催されていた大磯クリテリウムのお疲れさま会のために集まった、雑兵のメンバーたちです。

デニーズの目の前にあるカラオケ屋さんのパーティールームを借りて、みんなでかんぱーい!!


わたしは空腹時にいきなりビールを飲むと腰が抜けるので、最初は梅酒のソーダ割り。
そのあとはカルーアミルクをいただいていましたよ。


女子メンバーは、集まるといつもこっそりおみやげをあげたりもらったり。

奥さま方は、前回お渡ししたちんこ飴(金太郎飴)をぺろぺろしてくれたのかしらん///

宴もたけなわ、みんなで順番にマイクを持って、大磯クリテの感想とか抱負とかを語っていきましたよ。

「去年の秋くらいからスランプ気味だったんだけど、思い切って出てみたらひとつ壁を越えられた気がします。また来シーズンもがんばります。」
たしかそんなことを話した気がする。
越えたのはほんとにちっちゃな壁だったけれど、今まで見えていた世界がまったく別のものになったあのレースは、わたしのたからものだ。

そういや週に500kmくらい走るメンバーの腕の焼け方がひどかったwww

5月でこれって、夏が終わる頃にはどうなっちゃうんだろう。
しげるもびっくりの黒さに仕上がりそうだ。

そしてカルーアミルクローディング。

めずらしく4、5杯のお酒を飲んで、自転車が~レースが~とぎゃあぎゃあ騒いで楽しい夜でございましたよ。

そんな雑兵の8期のメンバー募集が始まっているそうな。
いちおう宣伝しておこう…宣伝したら隊長なんかくれるかな。
格好いいお父さんに俺はなる(倒置法)!! 下僕 隊員募集のおしらせ


にいちゃん、うちな、お酒飲むと翌朝
ブログランキング・にほんブログ村へ
うんこびちびちやねん!!!!

節子ー!!

おとなのおまつり まんぞく


さてさて。
お神輿が通り過ぎたら急いで飴ちゃんの行列に並ばなければ!
いそげいそげー!

…って、境内の外にまで列が延びているのですね。
そして、その列は角を曲がってさらに進んで…

それはそれはうんざりするほどの長蛇の列。
でも並んじゃう、うっきうきで並んじゃう。
みんな好きだねえ。

そしてだらだらとお喋りをしながら並ぶこと1時間30分。
とうとうやってきましたよ、大人気の飴ちゃん売り場に!!

ダン箱にわさっと入ってるの。
もう感覚がまひしちゃってるのか、見てるこっちもいかがわしさとかなんにも感じなくなってるからひどいですwww

カゴをわたされるんだけど、まわりを見てみると外人のお客さんは際限なくぽいぽいぽいぽい、カゴに放り込んでいくのね。
お値段が300えん~とお手頃なので、お土産にちょうどいいのかな。

ビニール袋にどっちゃり買い込んでいる方もいましたよ。

カラフルな飴ちゃん、300えん。


こっちはエリザベス神輿かな、500えん。

やったー!念願叶ってゲットできたー!!
まっつんさん、本当は要らなかったのに付き合ってくれて一緒に並んでくれてありがt
あなたなんで3本も買ってるの…
要らないのに買わせてしまう飴ちゃんの魔力よ。


………。


ねえこれ、どうしたらいいと思う?


買ったはいいけれど、これ、ほぼほぼ糖質だけで出来てるじゃん。
わたし、普段の生活でぺろぺろできないじゃん。
なので、自転車生活におけるちんこ飴の活用法とかシチュエーションを考えてみるわけですよ。

①差し入れ
以前も書いた気がするけれど、ハンガーノックに陥ってへたり込んでいるローディーさんを見かけたら背中ぽっけから取り出し
「どうぞ」
と差し入れる。
あくまでさりげなく。
あくまでスマートに。
「く、くやしい…!でも飴ちゃんおいちい、ビクンビクン!」


②挿しつ挿されつ
・レース時、各自の背中ぽっけに一本ずつ挿しておきます
・抜かされそうになった時、相手がダンシングしていたらすかさず背中ぽっけからちんこ飴を取り出し、ケツ穴を狙って
ア゛ッーーー!!
すごい、マ○オカートみたい!
*マ○オカートをプレイしたことはない


③まけいぬ
峠のてっぺんを先に獲ったものからパーツを奪われ、かわりに渡された輪行袋。
と、ちんこ飴。
帰りの電車内で食べることを要求されて増す負け犬感。
*該当する漫画を読んだことはない


どれも現実味がないなあ。
とりあえず数本はお嫁お婿に行く先が決まったので、あとはまたステムで叩き割ってラップでくるんで、補給にでも使いますかね。
なにかいい活用法があったら教えてくださいな。

そういやTENGAのかぶりものを被っている方がいらしたのですが、このかぶりもののクオリティがめっちゃ高かったですよ。


ダンボーもいっしょに記念写真を撮って、ミッションコンプリート!

時間はもう14時ちかく。
お腹も減ったし腰も落ち着けたいしということで、かなまら祭りの会場をあとにします。

駅に向かう道すがら、ロードに乗ったお兄さんを見かけましたよ。
そこそこお天気もいいし、自転車でどこか走ったら気持ちいい日だっただろうね。
いいなあ、自転車乗りたいなあ。
昨日、もう自転車きらい!とか内心ヒスりながらパンク修理したけど、やっぱり自転車乗りたいなあ。
かなまら祭りはめっちゃ楽しかったけど、それにしても自転車乗りたいなあ。
ああ~乗りたいなあ。

どうやら、自転車きらい病は一日で治ったみたいですよ。

川崎駅からすぐのラゾーナ川崎でタイ料理のランチをいただいて、まんぷくまんぞく。

見たいもの見れて買いたいもの買えておいちいもの食べて、とっても楽しい一日でございましたん!

まっつんさん、ある意味ひどいものに付き合ってくださってありがとうございました。
おかげさまで数年越しの野望を果たすことができました。
またなんかひどいのがあったら行きましょうね///


かなまらまつりは、毎年四月の第一日曜日に開催されますよ。
皆さまお誘いあわせの上、是非あのカオスっぷりを堪能しに行ってらしてくださいませ。


ようやく
ブログランキング・にほんブログ村へ
おわっだあああああああああああ

おとなのおまつり じゅうたい



さあさあ、早く金山神社の境内に…と、もと来た道に出ると、なんだか人であふれてる。
もともと広くはない道の両端に、たくさんの人、人、人…
道の真ん中を歩き、あと少しで神社というところまで来て、「どいてどいて!」って押し戻されてしまいましたん。
そうです、とうとうあのお神輿が担がれる時が来たのです!
ちんこ神輿が!!

最初は巫女さんとか


宮司さんとか

おお、なんていうのかなこういうの、とっても正統派な雰囲気!

ただしお神輿に乗ってやって来るのはちんこです。

おお…でっかいですな…
エイサ、ヨイサ、と声をあげる男衆が担ぐ黒い物体が住宅街を練り歩く図は相当シュールですよ。

そしてその後に続くのはエリザベス神輿。

このお神輿がいちばん盛り上がっていました。
前のお神輿とは掛け声が違うの。
オネェさんが野太い声で
「かーなーまーらー」
って声を上げると、その他のオネエさんと他が
「でっかいまーらー」
って返すっていう。

あのおしとやかで色っぽいオネェさまがたが、太くてたくましい腕でお神輿を担いで練り歩きます。

そりゃ盛り上がるわwww

さっきのお神輿よりさらにシュール。

風紀上、現在は天蓋が付けられているのですが、これが無かった頃の写真を見たらもっとやばかったです。

そして最後に、いちばん地味なあいつがやってきましたよ。

なんだろうね、いちばん地味なのがいちばん盛り上がったあとに来ちゃったもんだから、みんな
「ああ、うん」
みたいな感じで横に受け流しちゃってましたよね…。
すまんねすまんね、あなたも十分立派ですねwww

そうそう、
わたしとまっつんさんは、神社に戻るところで押し戻されたらたまらんと思い、道路の観客の後ろにまわってお神輿を見上げていたのですが、観客の多さと担ぎ手の多さに押されて二人ともひっくり返りました。
不可抗力とはいえ、まっつんさんを下敷きにしてしまって申し訳なしでございます(;´Д`)潰れちゃう!

もし来年以降行かれる方は、なるべく物が置いていない安全なところで見学されるのが吉ですよ。

次でようやく
ブログランキング・にほんブログ村へ
おしまあああああああああああい