さかみちはきらい。

おわったの



最後はレース後のこととか雑感とか。

ゼッケンとセンサーを外してもらい、チームのブースに戻ったらお疲れさまと迎えてくれたチームメンバー。
走っている最中、ずっとずっと応援してくれていました。
びりっけつでも、ゴールするまで。
余裕がなくて振り向くことすらできなかったけれど、すごくうれしくてすごく心強かった。
応援してくれるひとたちがいなかったら、わたしは早々にあきらめていたかもしれません。
あーもうだめだしいいや、おわりおわり~って。
そしたら後々後悔しただろうな。

怪我や落車なく最後まで走りきれた安堵、知らない世界を経験した高揚感、びりっけつの恥ずかしさ。
いろんなものがまぜこぜになって頭の中はふわふわするし、酸欠でめまいがしてくらくらするしで、ちょっとハイになっておりましたよw
でもこれだけは忘れちゃならねえ!!
IMG_20170416_150320 (2)
かき氷食べるんじゃあ~
レースが終わったら絶対これ食べるって決めてたかき氷食べるんじゃあ~
本当は富士宮やきそばが食べたかったんだけど、キッチンカーが最終戦だけ来てなくて食べられなかったんじゃあ~

かき氷をしゃくしゃくしながら、最後のエリートクラスをのんびり観戦。
今回は超有名な剛脚ホビーレーサーが参戦していて、後続がどんどん回収されていましたよ。
千切っては投げ、じゃなくて、千切っては回収され、千切っては回収され、
たいちょうもさっさと千切られてさっさと回収されましたん。

おわりおわり!
回収されたのを見届けたわたしたちは、エリートクラスに参戦したメンバーなど最初からいなかったかのように撤収作業をはじめましたとさ。

ちなみに撤収作業中に何度か回収された選手の待機場所を見ましたが、屍累々とでもいいますかね、続々と回収されて島に人と自転車があふれておりましたwww
集団なんかとうに崩壊して縦に長~い列になっていたし、エリートクラスといえども相当な力の差があるようです。
来シーズンはどうなるのかな、観戦もこれまた楽しみになってきましたよ。

そうそう、当日は観戦に来ていたコーラさんにサコッシュをもらいましたん!
コーラさんありがとうございます。ちょうかわいい!!

フォントがかわいいポラールさんのサコッシュと、

ジローでイタリア。

グレーとぴんくって最高にかわいい組み合わせの色だと思うの。
昨日の日曜日にさっそく使ったら、サイズもちょうどよくてめっちゃお気に入り!
大事にしまっす!!!


今シーズン、まだ「負けた、びりっけつ悔しい!」っていう気持ちにはならなかったのね。
もともとそういう気持ちにはあんまりならない性質らしいんだけど、負けて当然、いい経験させてもらったな~っていう気持ち。
今回はこれでじゅうぶん。
来シーズンに向けて、これをやっていこう!っていうのが見えてきたので、ちょっとずつでもこなしていきたいな。

そんなわけで、大磯クリテリウムはとってもたのしかったですまる!!


でもやっぱり
ブログランキング・にほんブログ村へ
疲れるのきらあああああああい

スポンサーサイト

がんばったの



さて。
ようやくレース編ですよ。

スタートして1周半はのんびりローリング。
もうずーっとこのままの速度ならいいのにな~なんて思いながら走っていたら、あっという間にレーススピードになっちゃった。
いやいやいや、まだ全然心拍上がってないよ!
なのにみんなめっちゃ速くね!?!?

これもう最終周回です?みたいな感じでみなさんぐいぐい進んでいくのですね。
ちょっとでも集団から離れたらあっという間にあんよ終わるわあああ~って焦る焦る!!
そしてすぐに小田原側コーナーが迫ってきます。
この速度でコーナーに突っ込むの!?ってびっくりするほど速いし、コーナリングもすごくきれい。
すでに二周目でいちばん後ろにいたわたしは、その速度に完全にびびっておりましたん…。

でもね、それをわたしもやらなきゃいけないんです。
できなきゃ千切れちゃうんです。
だから、四の五の言わずにやるんだよこのメス豚!!
おりゃー!!


うんはい、できましたよ、そこそこの速度が出ていても、ちゃんときれいに回れました。
横にいた方にも迷惑かけないで済んだはず。

が、

一瞬後にコーナーで20km/h台に落とした速度から40km/h台に戻さなければいけないのです。
そしてみんなその立ち上がりが早い!!
一周約900mのあいだに、20km/h台から40km/h台を行ったり来たり、心臓はジェットコースター状態ですよ。
この強烈なインターバルが、選手をふるいにかけていくのですね。
二周目くらいまではなんとかなったわたしは、三週目くらいで大きく離されてしまいました。
まだ序盤なのに、ここで放されたらすぐにラップされてしまう!
走れ!回せ!なんとしても追いつかなければ!

小田原側コーナーから立ち上がってのバックストレートは追い風で、集団はどんどん先に行っちゃう。
まだ始まったばかりなのにもうおしまいなのか…と思いながら平塚側コーナーを過ぎると、ホームストレートは向かい風。
そこで集団がお互い牽制していたおかげで、なんとか最後尾に追いつくことができました。
何度かそんなことを繰り返したかな。

今回、わたし以外のみなさんはお互い意思疎通がスムーズだったようで、アイコンタクトやハンドサインでうまくローテーションしていたように見えました。
わたしはと言えば、ローテに入るのも無理なほど後ろにいたので、チラっとこちらを見た方も
「あ、こいつは無理か」
と、さっさと先に進まれておりましたwww悲しいwww

そして後半、とうとう集団から千切れて戻る体力もなくなり、ひとり旅の開始です。
第一の目標「集団についていく」は達成できなかった。
じゃあもう一つの目標「ラップアウトされずゴールにたどりつく」にシフトしなければ。
走れ走れ、諦めずに最後まで走ってゴールしろ。
リザルトに「DNF」の文字を印字させてなるものか。

さてさて。
この時、わたしは自分に驚いていたのでした。
ストレートではだいたい下ハンですが、平塚側コーナーと小田原側コーナーも、すべて下ハンで走っていたのです。
最初の数周で、わたしの脚力で集団についていくには下ハンしかないと痛感したので、そこからはずっと下ハン。

お世話になっている巨匠に、
「クリテリウムで下ハン使わないなんてクリテリウムじゃない。ブラケットポジションっていうのはいわば“レスト”の状態だ。クリテリウムっていうのは、下ハン握って立ちこぎして一等賞を決めるレースなんだよ。“レスト”で勝てるわけないでしょ、下ハン握んなさい!」
って散々怒られていたのに怖くてできなかったのですよ。
なのに、脚切りの恐怖を前にしたらぺろっとできちゃったw

コーナリング理論を読むよりも、練習するよりも、1度のレース。
経験することが大事なのだわ。
下ハン握ったところで勝てはしないけど、

少なくともゴールすることはできたのですから。

そうですゴールできたのです!!
最後のスプリントで先頭から1分弱差をつけられたから、最終週は半周以上離されていたはずですが、回収されることなくゴールを踏むことができました。
堂々のびりっけつ、それでも満足のびりっけつ。
得られたものが多くて、すんっっっごく充実した楽しいレースだった!!


つぎでさいご。


文字しかないから
ブログランキング・にほんブログ村へ
目が!目があああああああああ

やるしかないの



そういやわたし、普段も長距離のときもレースのときも、ルビノプロ(廃盤になってからはルビノG+)を使っていたのですよ。
毎月の走行距離がそこそこあるので、固くなる前にすり減るから交換頻度は高めでしたしね、まったく不満なく使っていたのです。
でも今回のクリテに出るにあたって、コーナリングに極端な不安があったわたしは、少しでもその不安要素を減らそうと思い、グリップがどうとか転がり抵抗がどうとかは知らんですが、とりあえずいいもん使っとけ~とレーサー御用達のコンチネンタルグランプリ4000sに交換してみたのでした。

tpiと体重を照らし合わせて前後空気圧を調整し乗ってみた結果、その違いは

ワカンネ/(^q^)\

そうですワカンネですさっぱりわっかんね!わかりません!
普通に普通の道路を走るぶんにはさっぱりわかりません!
ただ、これで大磯の恐怖のコーナリングに対する不安をひとつ消すことはできた、はず。
これでコケたら、それは単にわたしの技術不足ということですね。

さて。
会場には自走で来たので、お腹が減ったなあ~ってくりいむぜんざいをうまうまし、


パンの蔵さんの肉棒をもぐもぐしたりしていたわけです。
IMG_20170416_130432 (2)
なのに出走の時間が近づいてくると、途端に気持ち悪くなるお豆腐メンタル。
さっきまでいい匂いだなあ~ってくんかくんかしていたキッチンカーの塩カルビ丼の匂いや、飲み下したアスリチューンにもオエッとなる始末。
こうなると空腹だったとしても胃が何も受け付けなくなるので、早めに食べておいてよかったですよ。

そして召集の時間となり、もう不安すぎて顎ががくがくするし後ろ向きな言葉しか思い浮かばない状態。
コース手前で待機していた時に、でげん子さんとBOSSさんが横にいてくれて、すんごく心強かったです。
でも「もうだめだ」的なことばかり言っていた気がしますwww
その節は大変うざいことこの上ない状態につきあわせてしまい、ご迷惑をおかけいたしましたん…。

女子ビギナーのレースが終わり、次はわたしたちの番。
スタートラインに並んだ時が胃痛のピークで、みぞおちのあたりが重痛い!
左右に並んだ選手の方が声をかけてくださり、「大丈夫」と背中を叩いてくれたりして、とてもとても救われました。
そんなふうに相手を気遣える余裕が持てる人に、わたしもなりたいな。

さてさて。
今回のレースにおいて掲げた目標はふたつ。

1・できるだけ集団に残ること。
集団から離れたら、風の抵抗を受けてあっという間にひとり旅です。
集団から千切れるのが早ければ早いほど、脚が削られ先頭と差がついてしまいます。
なので、どうにかがんばって集団に残らねばいかんのです。

2・ラップアウトされないこと。
でも、わたしの脚力では遅かれ早かれ集団から千切れることは最初からわかっていました。
そして千切れて先頭から半周遅れれば、回収され、レースから降ろされてしまいます。
なので、回収されないよう、千切れてひとり旅になったとしても心折れずあきらめず走って、ゴールにたどり着きたい!!

そんな感じ。



うまく書けないもんだな、語彙が少ないものだから時間がめっちゃかかるよ。
とりあえずここまでで一旦あげちゃお!www


ここまで書くのに
ブログランキング・にほんブログ村へ
3時間くらいかかってるぜえええ

ゆうきがないの


三浦の農家さん(職場のお客さん)から、傷等で卸せないというきゃべつを10個ほどいただきましたん。

職場はおばちゃんばっかりだから、あっという間に捌けちゃった。
わたしは2個貰って、浅漬けにしてぺろりん!
甘くてシャッキシャキでたいへんおいちかったでございましたん。
春きゃべつ最高じゃあ~


さて。
大磯クリテリウムの最終戦にエントリーするにあたって、いろいろ悩んでいたのですけれども。
そのへんから書いておこう。(そこからかバカッ!へっくんのまねかバカッ!)
じぶんの覚書だから、まあお暇な方はお付き合いくださいな。

そんなわけで。
昨シーズンに初めて参戦した大磯クリテリウムは、女子ビギナーに6戦エントリーして、そのうちの3戦で表彰台を獲ることができました。
そして今シーズン、カテゴリーを上げずにまた女子ビギナーに出たらいいかげんにしろと怒られそうな気がしないでもなかったので、クラスを上げるかどうか悩んでいたのです。
でも女子スポーツって、全然別物なんですよ。
名前を聞けば「ああ、あの人ね」ってわかるような強い人たちが出てるんだもん。
悩みつつ10月に女子スポーツクラスにエントリーしたのですが、風邪でばたんきゅう。
そして11月はお仕事、12月も午後からお仕事だったため大事を取って不参加。
年が明けて1月、同チームメンバーと走りたかったのと、不調続きだったのとで女子ビギナーにエントリーをして、なんとか3位を獲ることができました。
じゃあ次は女子スポーツに…と思ったものの、2月は自転車のメンテ、3月は不調のピーク。
昨年の10月に風邪をひいて以降、なんとなく不調でなんとなく自転車に乗るとストレスで、でも乗らないともっとストレスだから乗るんだけどやっぱりなんか踏めてない…みたいなことが続いていたのですね。
それからどんどん走れなくなってきちゃって、とうとう2月から3月にかけて30km/hで走るのもいっぱいいっぱいな感じになっちゃって、こりゃいかん、わたしどうしちゃったんだろう、ずっとこのままだったらどうしよう、って悩みまくっていたのでした。
悩みつつも1月は前述のとおりしれっとエントリーして走ったし、2月もちゃっかり藤沢のエンデューロに出ましたけれどもね。
結局これといった理由はわからないまま、3月を過ぎてなんとな~く低迷期を脱してきた感じ。
4月に入って、
「おっ、なかなか戻ってきた感じじゃないの」
っていう感触が得られたので、じゃあ4月の大磯はどうしようかね、と。

でげん子さんは?
え、出ないの?

BOSSさんは?
え、出ないの?

T丸さんは?
え、出ないの?

仲良くさせてもらっている人たちは、だれひとり出ないというお返事。
『じ…じゃあわたしもやめておこうかな…w』
知っているひとが誰も出ないとなると、なんだか心細くなっちゃっう連れション思考。
ああ~でもさでもさ、最終戦だもの、これに出なかったら10月まで半年間おあずけになっちゃうんだよ。
今シーズン、まだ1戦しか出てないんだよ。
チャレンジしなくてもいいの?
そんなで終わってもいいの?

悩みに悩んで、エントリーページで女子スポーツのカテゴリーをぽちっ。
費用を決済して、これでもう引き返せないんだぞー!と覚悟したのでした。
そしたらもうね、胃が痛くって痛くって。
開催一週間前から、常時胃痛と闘っていましたよ。

そんななかうれしかったのは、女子カテゴリーの受付開始と出走が遅めの時間になったことかなあ。
今までは早朝の受付だったので、暗くて寒いなか自宅を出て30kmほど自走して会場に向かっていたのですが、今度から受付は10時30分くらいから、出走は14時すぎ。
こわい思いをして暗いR134を走らなくていいのは大助かりなのです(由比ヶ浜あたりは道路の海側に砂が溜まっていることが多いのだけれど、暗いと見えにくい)。
来シーズンも、このタイムテーブルでお願いしたいなあ~

さてさて。
とうとう当日の朝がやってまいりまして、差し入れを手に会場の雑兵ゾーンにお邪魔しましたよ。
差し入れは、以前にも作ったオリジナルチロルチョコ。

今回は、実業団登録記念の「極」バージョンです。

お筆がかっこいいチームロゴ。

バックに「極」の文字が入っていますよ。

こっちは3月の大磯でズザァー!した直後の某隊長。

お膝が破れてわんぱく小僧になっているのはご愛敬なのです。

オチとして、おっさん二人が手をつないでいる(ように見える)ほもちょこ。

なんでか知らないけどこのほもちょこがいちばん人気なのでした。
解せぬ。

午前中はまったり観戦して、知り合いが出ていれば応援したり野次を飛ばしたり。
まだまだ気持ちに余裕がありました。
そして女子の受付開始時間になり、チームジャージに着替え、検車をしてもらって、緊張が高まってきます。
なぜだかやたらと感じる尿意w
おトイレに行っても出やしないの。

そんな感じでつづく。


文字が多くて
ブログランキング・にほんブログ村へ
すまんねえええええええええええ

さいあくでもいいの



16日の日曜日、大磯クリテリウム最終戦に出てきましたよ。

今まででいちばん最悪な結果だったけれど、今まででいちばん有意義なレースだった!!
丸一日以上経ったのに、まだ胸がいっぱい。まだ胸が熱い。
今の気持ちをきちんと文字に乗せられるよう、がんばってみようと思います。


ちなみにこちら、とりにくさんです。
雑兵ジャージは普段、まず着ることはないから載せてもだいじょぶだろかねwww

せっかくいつも写真を撮ってもらっているのに使わないのはもったいないので、デブ体を隠して隠してペタしてみましたん!



ちょっくらおへんじ
ブログランキング・にほんブログ村へ
まっててねええええええええええ