さかみちはきらい。

おとなのえんそく おまけ



さてさて、伊豆大島に行くにあたって参考にしたあれやこれやを貼っておこうかと思います。

東海汽船
ネットで乗船券の予約をしようとしたら、帰りのジェット船はもう満席扱いでした。
でも、ネット予約枠と電話予約枠があるらしく、電話で確認したら二人分の席はあっさり確保できましたので電話もおすすめ。
それと、電話予約の際に教えてもらったのですが、伊豆大島ではマラソン大会や椿まつり等のイベントが定期的に開催されているので、イベント時には特にジェット船は早く予約が埋まってしまうそうですよ。

大島の気候
伊豆大島の年間平均気温と降水量のグラフです。
おおまかな渡航時期を決めるときにお役立ち。
冬から初春のあいだは降水量が少なくお天気が安定していそう、と思ったのが今回3月に渡航した理由のひとつでした。
体感としては、気温は三浦半島とあまり変わらないかな。
基本的にずっと海沿いを走るので、風の強い時は危ないかもです。

@oshimatown
防災無線の「防災大島」Twitterバージョン。
朝8時半ころ、その日に岡田港と元町港のどちらから船が出るかをアナウンスしています。
これで防災無線が聞こえなくっても安心。
ただし、島内には電波の入らない地域がそこそこあるのでご注意です。

就航予想
天気予報から、今後一週間のあいだどちらの港から出航するのかを予想しています。

寿し光
ホームページ
食べログ
べっこう寿司が食べられるお店はいっぱいあるので、ググってみてくださいな。

今回走ったルート


RELIVE(音が出るのでご注意)

動画のほうは、完全に一周する前にログが切れちゃったので寿し光さんまでの道のりですん。

これで伊豆大島のあれやこれやはおしまい!
長かったなあ、書くの大変だったよ。
でも思い出しながら書くの、すごく楽しかったよ。
少しは復興の役に立つようないい宣伝になったかな?
これ読んで伊豆大島に行ってみたいな、行ってみよう、って思った人はいるのかな?
伊豆大島からなんかもらってもいいくらいだよね?
わたくしの帰りのカバンにはまだ若干の余裕がございますので!!是非とも!是非とも!!
わたしもまたお金を落としに行きますよ\(^o^)/


でっかいかばんを
ブログランキング・にほんブログ村へ
持っていきますからああああああ
お土産いっぱい買うからね。

3月のライオンが3月22日までクーポン利用で全巻80%off
1巻~12巻まとめて買って1266円(税込)

クーポンコードは「 l i o n 」

スポンサーサイト

おとなのえんそく おわかれ



そういえば、帰りのお船が岡田港と元町港のどちらから出航するのかを、朝8時半頃に防災無線でアナウンスするそうなのですが、わたしたちにはまったく聞こえませんでした。
大島一周道路を走っていると電線が通っていないところもあったので、場所によっては聞こえない、もしくは聞こえにくいということがあるのかもしれません。
わたしたちは寿し光さんのスタッフさんに、この日お船が出航する港が岡田港であるということを教えてもらいましたが、ネットでも確認することができます。

さて。
寿し光さんでの食事を終えて、あと少し、岡田港まで走りますかね~というところで、とあるお店から顔を出していたおじいちゃんに声をかけられたのですね。
なんだったかな、
「三原山登ってきたかい」
みたいなことを聞かれて、
「行ってきました~疲れた~」
みたいな返事をしたんです。
そしたら、
「ちょっと待ってな」
ってお店の奥に引っ込んで、なにやらがさがさ。
そしてまた戻ってきて、
「これ持っていきな~ふたりではんぶんこしな~」
って、どこかの作業所で作っているらしい焼き菓子をくれましたよw

あしたば入りのマドレーヌだって、甘いものうれしい!
なんだろなあ、ちょっとすれ違っただけの人がいい人ばっかりで、きゅんきゅんしちゃう。
マドレーヌは帰りのお船の中で、miocoさんとふたりでありがたくうまうましました。
大島ではあしたばの入った食品をいくつか食べましたが、このマドレーヌがいちばんあしたばの香りがしてよかったな。

さてさて。
寿し光のある元町港から岡田港までは約7km、あまり苦にならないゆるい登りで助かりました。
ここでまた序盤にあったような登り坂数段重ねみたいになってたら、食べたお寿司が口から出ちゃったもの。
途中、洋菓子屋さんやソフトクリームの食べられる牧場なんかもあるのですが、そして時間の余裕もそこそこあったのですが、万が一のトラブルを考えて泣く泣くスルー。
ふたりともが一回ずつパンクしてもあわてずに港まで走れるくらいのほうが、精神衛生上いいと思ったからなのです。

出航に間に合わない!

ぎゃああ待ってえええー!

ああ~お船行っちゃったー!

ってなったら目も当てられないですのでね。
ただし有給砲が打てるなら無問題です。

そんなわけで。
出航の1時間以上前に、無事岡田港に戻ってくることができましたよ。
乗船者が静かに散っていった朝とは違って、港周辺は大騒ぎ。
屋台であら汁やらサザエのつぼ焼きやらを売る者あり、
数台の大型バスから降りてきた集団客あり、
自転車を輪行袋に詰める者あり。
そしてこの日は、伊豆大島の高校の卒業生が、大型客船に乗って島から離れる日でもありました。
あのひとごみのなかには見送りのひとたちもいたのかな。

わたしとmiocoさんは輪行袋に自転車を詰め込んで、港のそばのお土産屋さんをひやかしたりしてのんびり。
そういえば、お土産やさんでちょっと後悔しちゃった。
わたし、持ってきた荷物は「いつもの装備+輪行袋」だけだったから、このあいだ作った鳥さんサコッシュしか持ってきていなかったのね。
だから大きなもの、重いものは買えなくて、島とんがらし醤油を買うのをあきらめたのです。
結局、職場へのちょっとしたお菓子とお塩、


それと椿油のちいさなせっけんを買いました。

今度はバックパックか大き目のサコッシュを持っていこう。
島とんがらし醤油と、唐辛子味噌が欲しいんだもん!

お土産屋さんでアイスも売ってたよ。

洋菓子屋さんに寄れなくて食後のデザートが無かったし、牧場のソフトクリームも食べれなかったからこれは嬉しかったなあ。
クセのない、さっぱりしたお味でございましたん!うまうま!

帰りのお船はジェット船。
ジェット船に自転車を持ち込む時は、必ず輪行袋に入れなければなりません。
そして大型客船に乗る時とは違って、輪行袋に入れても手荷物料金がかかるのです。

岡田港(or元町港)の待合所の乗船券発売所でこの券を購入しておく必要がありますよ。

15時20分頃。
ジェット船が来たよ~早く乗りな~みたいなアナウンスが流れてきました。
そうか、わたし、もう帰るのか。
まだ来たばっかりなのにな。
いつのまにそんなに時間が経っちゃったんだろう。

ジェット船楽しみ~とか考えていたのに、急にさみしくなってきちゃった。
じい~ん。

しかしあれだな!
そばで見たらこのジェット船、すっげえな!
旭日旗だな!

お船の名前、「大漁」。
時速80kmで走りながらなに釣るんだよwww

そんで伊豆大島のゆるキャラのあんこ猫。

あんこ猫を取り囲んだおばさま方が、中の人の労をねぎらわれておりました。
だめだおばちゃん!
中の人などいないのだ!
狭いところで大変ねえとか言っちゃだめだ!
惜別の情がブッ飛んでしもうたじゃないか!

ジェット船に乗り込んだら、係の人の誘導に従って自転車を置き、席に座ってシートベルトを装着します。
進路上に大型海洋生物がいた場合は、急停止や急旋回をすることがあります、だって。
時速80kmで走るんだから、そりゃシートベルトも必要だよねえ。
出航したら、港にいる人たちがあっという間にちいさくなっていくよ。

ばいばい伊豆大島。
楽しくて苦しくて美しくて優しくて、とってもおいちい思い出をありがとう。
また行くよ、来るなといってもまた行くよ!



帰りはたった1時間で久里浜港に到着。
あっけないなあ。
いつもミウライチで走るところだなあ。
帰ってきたんだなあ…。
って、寂しいようなほっとしたような。

ここでまた自転車を組み立てて、久里浜駅まで走ります。
久里浜港から輪行袋を担いでバスに乗っていった人もいましたが、わたしたちは駅まで走って、また駅でパッキングすることを選びました。

…それにしても走りにくいなあ、後ろから何台も何台も車が迫ってくる!
ほんの数時間前まで走っていたあの土地とは大違い、車が多くてげんなりです。
でも、人の気配がちゃんと感じられるのはとっても安心。

ああそうか、そうだよねえ。
わたしのホームはこんなところだ。
車が多くて騒がしくって、路面はぼこぼこだし空気もちょっと悪い。
だけどどこにでも人がいて、コンビニも自販機もいっぱいある。
しかもそのコンビニには仏式の空気入れやパンク修理キットが常備されていたりするんだよね。
陸続きなんだから、頑張れば自走でだって帰れるし、自転車のパーツだって、扱っているお店がたくさんあったりしてさ。
これだけ物質的に恵まれた環境で走れることに、わたしは感謝すべきなんだ。

ただいま、三浦半島。
これからもお世話になります。

でも今日は疲れたから久里浜から輪行しちゃうw

三原山を二本も登って、もうあんよがぱんぱんなんだよ!

最後に、
伊豆大島弾丸ツアーにご一緒してくださったmicoさん、今回もありがとうございましたん!
ひとりで行ってたらやっぱり寂しかったと思います。
それにすんごい不安だったと思います。
あんなに誰とも会わない、音もしない場所はちょっと無いですのでね、もしひとりで走っていたら、怖くなって途中で引き返していたかもしれませんw
今年中か、また来年かはわからないけれど、ぜひまたご一緒してくださいな!
次回は裏砂漠第二展望台とコロッケとたい焼きとシャロン洋菓子店、
あと牧場のソフトクリーーーーム!!
三原山は無しの方向で…w


走行ルートと各種リンクを貼る時間が無かったので、そちらは明日にでも。


また来週いきたああああああい
ブログランキング・にほんブログ村へ
毎週いきたあああああああああい


3月のライオンが3月22日までクーポン利用で全巻80%off
1巻~12巻まとめて買って1266円(税込)

クーポンコードは「 l i o n 」

おとなのえんそく ごちそう!



御神火スカイラインを、来た道とは反対方面へばびゅんと下ったら、ふたたび元町港付近へと戻ってきましたよ。
伊豆大島にはいくつも人気のお店があって、お昼時は混雑するようなことが書いてあったので、だいたいの走行時間を計算して元町港のお店に13時に予約を入れておいたのです。

予約したのは、「海鮮茶屋・寿し光」。


お店は二階にあるのですね。

自転車は、一階の階段の下あたりに停めさせていただきました。

なぜか店先にゴジラ像

無印ゴジラって、三原山の火口にアイキャンフライしたんですね。
だからゴジラ像があったんだ。

生えてない…

いえなんでもありません。

そういや自転車から離れる時にガーミンを一時停止しようとしたら、うっかり停止・保存してしまい、ログが切れてしまいました。
そこで、今日のここまでの概要を見てみたらびっくり。
走行距離・59.6km
獲得標高・1653m
AV.14.5km/h
走った距離に対して獲得標高がなかなかの漢前でしたが、それ以上に平均速度がひどすぎる。
ゆるぽたしていたつもりはないんですよ、坂がクソすぎて、どうしたってゆるぽた速度しか出せなかっただけです。
ここに住んで毎日走ってたら、嫌でも豪脚になるんじゃなかろうかね。

さて。
店内に入るとカウンター席に通されましたよ。
まわらないお寿司屋さんのカウンター席!さりげなく店内に流れるジャズのBGM!
だ、だ、大丈夫、大人の遠足ですもの、多少の出費は覚悟しておりますよどきどき。
魔法のカードだって持ってるんだからね!

…と思ったら、お値段はとっても良心的。

わたしたちは、定番と思われる「寿し光定食」2000えん(税込)を注文してみましたよ。
島にぎり8貫、カルパッチョ、小鉢、島とうがらしコロッケ、汁物
というセットです。
店内はほぼ満席で、大将ひとりでお寿司を握っているのもあってか、「ちょっと時間がかかります」と言われしばしの待ち時間。
目の前では黒のオサレなコックコートを着た大将が、鮮やかな手つきでお寿司を握っています。
お寿司握るの早い!超きれい!手つきすごい!っておおはしゃぎしてしまいましたんw
そして大将はちょっとドヤっていた。

カウンターにはね、「島とんがらし醤油」と「海の精・やきしお」が常備してありましたよ。
伊豆大島ではあしたばに並んで島とうがらしと塩も特産品なのです。

そういえば御神火スカイランの序盤に、海の精の製塩工場があったなあ。

席について30分ほど。
出てきましたよ、握りたてのおっすっしー!!


左上からタコのカルパッチョ、お寿司、左下から島唐辛子コロッケ、冷奴、島海苔のお吸い物。


お寿司のネタは大島で獲れた地魚の握り。

今回、絶対に食べたかったべっこう寿司が2貫付いています。

べっこう寿司は、「島唐辛子醤油に漬けてべっこう色になった地魚」をネタにしたお寿司。

唐辛子の辛味がわさびの替わりです。
伊豆大島の郷土料理なのですって。

白身のお魚に醤油がしっかり浸みているところに、とうがらしのさわやかな香りとぴりっとした辛味。
こちらはもう何も付けずにいただけます。
他のにぎりはカウンターに置いてあったお塩や島とんがらし醤油でうまうま。

空腹の極みだったわたしはものの10分で完食www

おいちいお寿司ですんごい幸せ!
ごちそうさまでしたー!!


次回、とうとうというかやっとこさというか、最終回でございますん。


おいちかったあああああああああ
ブログランキング・にほんブログ村へ
でも足りねええええええええええ

あと2セットはいける!!


3月のライオンが3月22日までクーポン利用で全巻80%off
1巻~12巻まとめて買って1266円(税込)

クーポンコードは「 l i o n 」

おとなのえんそく げきちん



地層大切断面から気持ちよく下っていたら、だんだんと建物が増えてきましたよ。
元町港に近づいてきたみたい。
やっぱり港の近くは活気づいていて、お店がちらほら、交通量もそれなり。
そしてたまに見かける、砕石や土を積載したダンプカー。
2013年に伊豆大島に台風26号が直撃し、その影響で起こった土石流によって崩壊した集落や道路の復旧工事は今もまだ続いているのです。

そんなダンプカーがせわしなく行き来する交差点がありましてね。
ここです、ここ。

この先に行くと何があるのかっていうと、

クソ坂三原山があります。

奥では写真を撮るためにいそいそと自転車をセッティングするmioco嬢

別にお山に登らなくてもいいんじゃね?って気もするのですが、伊豆大島といったら三原山でしょ。
めったに来れないところなんだから、行けるなら行っておいたほうがいいでしょ。
だってあの有名な三原山だよ?
きっとすんごいきれいな景色だって見れちゃうよ?
っていうことで、三原山込みのルートを引いたわけですよ。

三原山へと続く道はいくつかあるそうなのですが、今回選んだのはここ。
御神火(ごじんか)スカイライン。

去年、ここで「伊豆大島復興・三原山ヒルクライム2016」っていうイベントがあったのですよ。
そのイベントの告知に使われていた写真がすごくきれいで、こんなところなら多少苦しくても行ってみたいじゃない!
のんびり行けばいいじゃない!って思ったんです。

まあ途中ダート(未舗装路)だったんで、のんびりどころかじりじりとしか進めなかったんですけどね…。

あれっなんか違う、
思ってたのと違う、
コレジャナイ感半端ない!
って思いつつ、しょっぱなからきっつい坂を登ってたら突如出現した、この謎の未舗装路。
あれっ去年開通記念でイベントやったんだよね?あれっ?あれっ?
あのイベントの写真はどこにあるの!?
こんなガレガレのとこ走ったの!?
って思いつつ、あんまりガレているところは押して歩いて行きましたよ。

舗装してあるところはさすがにつるつるできれい。

でも、道路のまわりはまだまだなんにも無いのね。
復旧工事はこれからも長い期間続くんだろうな。

日曜日でも工事は休みなし。
すれ違った幾台ものダンプカーは、ここに資材を運んでいたんだね。

車なんかの誘導をしているおじいちゃんが、
「お~ぅがんばれ~あと少しだぁ~」
ってにこにこ励ましてくれるんだけど、まだ半分くらい残ってるんだよクソジジイ!!
かわいいおじいちゃんが鬼に見えた瞬間でしたよね。
あと外人作業員さんらしき人に謎の言語で冷やかし半分に励まされたり、激坂クランクでひぃひぃ言ってたらじーっと見ていた警備の人に鼻で笑われたりしましたがそれもまたいい思い出。
はげてしまえ。

ひぃひぃ、そんなに距離は走っていないはずなのに、もうこんなに高いところにいるよ。


そういやmiocoさんは序盤であっという間に消えていなくなってます。

頂上で、おっせーなーってお昼寝でもしていたんじゃないかしらん。

それにしてもきっつい!
全長6.6km、平均勾配8.7%を舐めてたよ!
8.7%が続くなら行けないことはないだろうとたかをくくっていたら、後半はただの激坂だったんだよ!!

誰だ!
たいしたことないだろって馬鹿にしてたのは誰だ!
こんなクソなルートを引いたクソは誰だ!

わしか!!/(^q^)\

仕方がないので、ルートを引いた責任をとって登り切りましたん。

この標識がある所が頂上で、横が展望台になっていますよ。

展望台には大型バスが数台乗り入れられる広い駐車場があって、その奥には御神火茶屋というお茶屋さんがあるのですって。

先に到着して見学していたmiocoさんによると、お馬さんも数頭いたとかなんとか。
なんだってあの人はあんなに元気なんだろう、わたしのあんよはもうとっくにちんでましたのでね、見に行く気力も体力もすっかり失っておりましたん。
見事に撃沈でございます。

景色はさすがの三原山!

わかるかなあ、写真の中央にぽかーんと富士さんが浮かんでいるんだよ。
見たかった景色は無かったけれど、これはこれで最高じゃないか!!


さあさあ、時間はもうお昼すぎですよ。
お腹がへりすぎてせつなくなってきちゃう。
それじゃあお楽しみのお昼ごはんを食べにいきましょうか!

地獄のあとは気持ちよくばびゅーん!
もうすぐご飯だと思えば元気も出るってものですよ。

…ところでね。

あとで走行ログの勾配図を見てみたら、最初に登った月と砂漠ラインのほうが微妙に標高が高いでやんの。

わしら三原山を二本登ってたんかい。
どうりであんよがきつかったはずだよ!


苦しかったああああああああああ
ブログランキング・にほんブログ村へ
どうしてこうなったあああああああ


3月のライオンが3月22日までクーポン利用で全巻80%off
1巻~12巻まとめて買って1266円(税込)

クーポンコードは「 l i o n 」

おとなのえんそく こまねち



さて。
波浮港から約7kmほどの場所に、これまた有名な観光スポットがあるのです。
自転車で走っていると、ずずずいとその姿が迫ってきましたよ!

どどーん!!地層大切断面!!

掘っていくと、海面までずっとこういう地層が続いているんだって。

タップすれば説明文が読めるくらいにははっきり見えるんじゃないかな。

こっちのリンクのがわかりやすいかもです。
地層大切断面
*リンク先を間違えていたので修正しましたん!

いやあインパクトあるねえ!
わーっと走っていって、反対側からもかしゃかしゃ撮りまくってしまいましたわw

それにしても観光客が少ないなあ、わたしたちの他には、もう二組、四名しかいませんでしたよ。
人だかりでにぎにぎしてるのが嫌なわたしには嬉しいところw
miocoさんにコマネチしてもらったりして、思うさま写真を撮って遊びましたん!
堂々とコマネチ!できる大切断面、めっちゃおすすめです。
あとは「コマネチやって!コマネチ!」って言ったら超笑顔でコマネチしてくれる相方と行くことが大事。


ああ…





それにしても…


バウムクーヘン食べたい…

miocoさんとふたり、
バウムクーヘンー!バウムクーヘン食べたい食べたーい!
って騒ぎましたがな。
この時はもうだいぶお腹もへってきてたし、この地層を見てると頭の中がバウムクーヘンでいっぱいになるんですよバウムクーヘン。
わたしゃ心に誓いましたよね、あとでバウムクーヘン食べよう。絶対食べよう。って。バウムクーヘン。


てか売ってたし

考えることはみな同じなのですなwww
港の待合所ではお土産を売ってるのですが、そこに置いてありましたん。
お味よりは見た目優先で作られた感じかなあ、まあ大事なのは見た目ですのでね、出オチです、出オチ。
ネタ土産。

こっちはあしたば味。

伊豆大島の特産品のひとつに明日葉(あしたば)があって、いろんな食品にこのお野菜が混ぜ込まれています。
でもあしたばの味がしたかって聞かれたら…よくわかんない。


さあ次は地獄の二丁目に向かいますよ。
思った以上に地獄でしたん!



この顔の下で
ブログランキング・にほんブログ村へ
コマネチしてまああああああす!

なにそれこわい

3月のライオンが3月22日までクーポン利用で全巻80%off
1~12巻まとめて買っても1266円(税込)

クーポンコードは「 l i o n ]