FC2ブログ
 

さかみちはきらい。

ふゆのおたのしみ そのなな



さて。
登山口に戻ってきたら、再び自転車装備に替えてダウンヒルです。
元町港側に下りますよ。

寒くないのかな
雨が降って気温が一気に下がり、手がかじかんでつらいったらないの。
一応ウィンドブレーク機能のあるグローブを使っているのですが、長いダウンヒルだとさすがに冷えて、指先の感覚がなくなっちゃうのです。
たまに自転車を停めて手をジャージの中に突っ込んであっためて、また下って。
厳冬期には手袋の中にカイロを貼っていたのですが、ちょっと前に低温やけどをしてしまってから躊躇しているのですよね…
CRAFTのカバー付きグローブ欲しいなあ、あれならカバー部分にカイロ入れられるもんね。
ちょっと物色してみようかな。

さむさむ言いながらなんとか下りきったら、ごはん!

たいして動いてないのにごはん!

雑魚や紀洋丸さんの、べっこう丼ですよわーい

大島に来たからにはべっこう寿司かべっこう丼を食べなくては。

入店すぐに注文してから提供されて食べて支払い、と退店まで約15分。
平日だと、たいていのお店は空いているので無駄な待ち時間がなくて楽ちんなのです。

あとは軽く海沿いを流して、この日の出帆港である岡田港へ。
ちょっと早く着いてしまったけれど、それには理由があるのです。
さっさと自転車を袋詰めしてしまいましょう!
んで、手荷物券の荷札を買ってお土産を買ったら、

食います。


わーいわーい明日葉餃子!

気になってた明日葉餃子!
これ食べるために早めに港に来たの!

観光地の食堂と侮ることなかれ、焼き加減はカリカリばっちり、明日葉がいっぱい入ってて香りもよし。

大島の塩、しょうゆ、ラー油、お酢、味変しても全部おいちい\(^o^)/
瞬殺だったな、もうひと皿いけたな…。

それにしても人いないねえ。

平日の15時、ジェット船最終便の前だと誰もいません。

今回は平日の輪行だったため、電車の時間と混雑具合を考えて熱海着のジェットフォイルで帰ることにしていました。
そうすると熱海駅から上り列車に乗ることになるので、電車がガラガラなんですよ。
東京着にして浜松町から山手線や下り列車に乗ると、通勤ラッシュと被って自転車が邪魔になってしまいますのでね、これはいい判断でした。

そんなわけで15時30分発のジェット船に乗って、熱海港に16時15分着。
例のアレが見えますね。

例のアレ、なつかしの秘宝館。

いろんな秘宝があるんだぜ、そりゃもうとんでもない秘宝が。



強調したらいかがわしくなったな!

みんなおいでよ秘宝館。
バックポケットにちんこ飴挿入して帰ろうぜ。


さてさて。
熱海着でちょっと困ったのが、駅までの距離でした。
歩くと約2.5km、なかなかの坂込み。
熱海港からは熱海駅行きのバスが出ているのですが、本数が少なくてわたしが熱海港に着いた時には30分待ち。
バスを待って自転車を持ち込むよりも、袋詰めしてある自転車をまた 組み立てて、駅まで自走してもう一度袋詰めしたほうが早いのです。
ここさえ気にならなければ、熱海着はとってもおすすめ。
そんなわけで、ダメ押しとばかりに熱海駅周辺のお店で買い食いをして、熱海のお土産まで買って、電車に乗って無事に帰宅!
最後まで楽しい伊豆大島行でした\(^o^)/


宣言があけたら
ブログランキング・にほんブログ村へ
また行きたああぁぁあい
秘宝館ではない

スポンサーサイト



ふゆのおたのしみ そのろく


1日目は大島温泉ホテルの横ちょの登山口から歩いたんだけど、ホテルの敷地から出て一般道をもう少し進むと、三原山山頂口といういちばんメジャーな登山口があるのです。
メジャーなだけあって、バスも停まるしハイカーのための案内所(暖房、水洗トイレあり)もあるし、バイクラックだってある!
なので2日目は自転車で山頂口まで登ったら、そこからハイキングいたしましょう\(^o^)/

バイクラックに自転車を引っ掛けて、案内所で靴を履き替えて山歩きの準備万端整えて、お外に出たら、



アアア/(^o^)\アアア
おまえらさんたちなにやっとるじゃ/(^o^)\
やめてやめて/(^o^)\やめろください

自転車に戻ってみると、えさ袋に入れておいた補給食(安納芋ようかん)がふたつ、カラスに持ち去られていたのでした。
わたしが戻ってきた時には、最後に残った黒糖わらび餅のパウチを取り出そうとしていたみたい。
ぐぬぬ、わいの安納芋ようかん…
貴重な期間限定発売の安納芋ようかん…
しかし鳥さんかわいい…
ぐやぢい…
あたまいい…
かわいい…
くっ…

鳥好きには悔しいやら感心するやらかわいいやら。
この登山口に自転車をひっかけるのはこれで3度目なのですが、こうやって狙われたのは初めて。
ここに来るローディーが補給食を持っていることを見て、学習しちゃったんだろうね。
わらび餅を取り除いて自転車から離れたらすぐに飛んできて、執拗にえさ袋にくちばしを突っ込んでいました。

さて。
カラスにはもう好きにさせることにして、歩きに行きましょう。


この日も天気予報ははずれてしまって、どんより曇天。

ずいぶん雲の流れが速いなあと思ったら、空はあっという間に真っ黒な雲に覆われて、ぽつぽつと降ってきてしまいました。

でもねえ、これはこれで。


雰囲気があってとてもいいの。


火山特有の眺望は望めませんが、なんか色々と妄想が捗るのですよね。

常世から幽世へ誘われている…!
くっ…おれの邪気眼が…ッッッ!!!!
とかなんとか。


ちなみにこの日に歩いたのは火山見学道といって、全面舗装された道になっているのです。
SPDシューズなら、ちょっと気をつければ靴を履き替えなくても行けちゃうくらいの道。

↓そしてこちらは去年の初め頃に行った時のお鉢めぐりの時の登山道。

火口をぐるりとまわるお鉢めぐりの場合は、スコイルの砂利道になるので、トレッキングシューズが必要になりますよ。
細かい砂利が靴の中に入り込むので、ハイカットのシューズか、そうでなければショートゲイターの装着が理想的。

ダンボー撮るのも楽しいよ。

誰もいないから、地べたにべたーって突っ伏して、いいよいいよーかわいいよーパシャパシャ!って。


しかし失敗しましたよね。

お天気が悪いから、火口見学に行ったところで

なんも見えねえ…。

……帰ろう…。
λ............とぼとぼ…

そうして何しに行ったのかわからんまま登山口に戻ってきたら、カラスたちはまだえさ袋を漁っていたのでした/(^o^)\



安納芋ようかん
ブログランキング・にほんブログ村へ
返してぇぇえええええ
セブンの安納芋ようかんおいちいよね

ふゆのおたのしみ そのご



ひぃひぃ登って泊まったのはこれで3回目になる大島温泉ホテル。
東海汽船グループなので、東海汽船の株を持っていれば株主優待で50%offで泊まることができるのです。
わたくしめは伊豆大島が好きすぎて、とうとう株主優待目当てで東海汽船の株に手を出してしまいました。
これでお船も基本35%offなんだぜ\(^o^)/

ついでにお夕飯時にワンドリンクサービス付き。


でもねえ、この日は宿泊客が3組しかいなくてね…

がらがら。
収入源として、観光産業が大きな割合を占める島だと思うんだけどな、大丈夫なんかな/(^o^)\

大島はおひとり様でも泊まれるところいっぱいあるし、自転車乗りなんてお店に入っても長居しないんだから、宣言明けたらお金落としに行けばいいのよ…。

食後のデザートはいつも大島牛乳のアイスだけど、今日はさらに牛乳寒天付き。

牛乳も余ってるのかな/(^o^)\

そうそう、こちらのホテルには無料の洗濯機が2台設置してあってね、洗剤も無料、洗濯ピンチとカゴも自由に使えるし、外には広い洗濯物干場だってあるのです。
大島はハイキング、サイクリング、釣り等々、それなりに汚れるアクティビティが盛んなので、いくつかの宿泊施設の設備案内を見てみたら、洗濯機を設置しているところがそこそこありましたよ。

そういやここのお土産売り場で気になって仕方ない物があってだね…

「耳かきヌード 350円」
これ作ってる人はどんな顔して作ってるんだろ。
これ使ってる人はどんな顔して使ってるんだろ。
首から下の作りにはわりと熱意を感じられるんだけど、顔、めっちゃ適当に描いてね???


そんな感じでご飯食べてお土産売り場冷やかしてお洗濯して温泉どぼーんして 就 ! 寝 !

おやすみなさーい!!


からの


おはようございまーす!!

朝からご飯2杯かっこんで準備万端!
おそと行くわよ!!


男体バージョンの耳かきも
ブログランキング・にほんブログ村へ
作ってくださあああぁぁい
並々ならぬ熱意で作ってくれよな。

ふゆのおたのしみ そのよん



山登りから戻ったら、さっき荷物を預けたホテルから自転車に乗って再出発ですよ。
のんびりしすぎていたり、暴風に煽られて思うように歩けなかったりで、時間はもうお昼すぎ。
どこかで食事をとらなくてはと考えるも、行きたいなと思うお店は定休日だったり昼営業に間に合わないかギリギリだったり、ちょっと無理そう。

でも大丈夫!
鵜飼商店さんならいつでも揚げたてコロッケが食べられるぞ\(^o^)/


コロッケふたつと、ひとくちヒレカツ(五くちくらいある)、揚げたてあつあつをいっただっきまーーす!!

大島産のmy塩を持参してきたので、わさわさとふりかけてはガブッ、ふりかけてはガブッ
うめぇうめぇ(^q^)

※鵜飼さんは現在、島外の人は注文して揚がるのを待って品物の受け渡し時にお支払いするまでを、すべてお店の外で行っています。
すぐ横ちょが波浮港で、コンクリート打ちっぱなしの段差があるのでそこで食べるのがおすすめですよ。


揚げたて食べてお腹がぽかぼか。
あとは日暮れまで走るのです\(^o^)/


おやくそくのバームクーヘン。

なんか表面が崩れて汚くなっちゃったらしくて工事中。
下にバームクーヘンの切り落としがいっぱい落ちてる。
ここに来るとねえ、バームクーヘンが食べたくて食べたくて仕方なくなるんだよね。
バームクーヘンの無人販売所とかあったら買い占めてしまいそう。
ああバームクーヘン、書いてたらまた食べたくなってきたよバームクーヘン。


この日は天気予報がはずれてしまって、いちにちどんより。

午後になって風もひどくなってしまって、海沿いのサンセットパームラインを走る時はひやひやしましたよ。

大島の海はきれいだねえ。
波打ち際の青さがやべー(語彙…

ここいらへんも観光地なんだけどね、誰とも会うことなく自動的にソーシャルディスタンス。

社会的距離というより隔絶よね、世界の終わりごっこが捗るわ。
柴犬のかわりに自転車。

最後にぶらっとハウスでお買い物。


ここで売ってる島特製の唐辛子味噌がお安くて美味しいんだよ。
エシャロットに付けて食べるのがおすすめ。

サッと入ってぱっと買ってサッと出て1分くらい。

ここねえ、牧場と大島牛乳の工場があって、大島牛乳のソフトクリームが食べられるんだよ。
でもお店の中で食べるのは(べつに駄目じゃないけど)なんか悪いし、外で食べるには寒すぎるんだよ。
そのうちコロナが落ち着いたら、中でソフトクリームたらふく食ってやるんだからなー!!


そんなこんなでもういいお時間。
ホテルに戻らなきゃなのですが、ホテルは山のかなり上のほうにあるのでヒルクライムせねばいかんのです。

最後の最後で500mくらい登らされるのひどくないwww


そんなわけで、この日は自転車で68km1760mアップ、ハイキングで5.5km200mアップ。
コスパのいい島だねえ。


波浮港は はぶみなと って
ブログランキング・にほんブログ村へ
読みまぁぁああああぁぁあす
はぶこう って読んでた、標識見てびっくりw

ふゆのおたのしみ そのに



さて。
お船に揺られてどんぶらこ、予定通り午前6時に伊豆大島に到着しましたよ。
気温は7℃くらいだったかな、やっぱり三浦半島とあんまり変わらないくらい。
地元を走る時と同じ装備で行けば無問題っていうのはわかりやすくていいね。

そんなわけで、自転車を組み立てて各種装備を整えて、7時前にスタートです。

いままで伊豆大島へは6回?7回?くらい行ったんだけど、まだ走っていない裏道がたくさんあるのですね。
なので今回はそんな裏道探検隊をしようと思って、マニアックなルートをいくつか引いてみたのです。

そしたら半分以上は廃道状態になっておりましたん/(^o^)\
ルートを引く際に使うグローバルヒートマップにはそれなりに自転車の通行量があったような痕跡があったから、もしかしたら一昨年の夏くらいまでは走れていて、その後の台風直撃から復旧出来ていないのかも…?

廃道やばいよ、最初、廃道だって気付かずに入ってしまったんだけど、上下左右から野生動物の気配がすんごいするんだよ。

ガサガサガサズザザザ
ギエーゲッゲッゲッ
バキバキズサー!!

ギャーなんだここなんだここ/(^o^)\
わいなんかへんな生き物にかじられるんか/(^o^)\

おそらく大島で大繁殖している鹿科のキョンが跋扈しているのでしょうね、鳴き声はエグいし姿は見えないしでめちゃくちゃ怖かったんですよ/(^o^)\
ここなんかおかしいと気付いて、あわてて周遊道路に戻ってきましたん/(^o^)\


キョンって
ブログランキング・にほんブログ村へ
食えるんですかああああぁぁあ
鹿科だから紅葉丼にしようず(^q^)