FC2ブログ
 

さかみちはきらい。

さくらまつり そのに

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
スポンサーサイト



さくらまつり そのいち

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

すしざえろときゃべつたろう

翌週になってようやく月曜日のおはなし。
先週の月曜日に、ゲスブロガーおふたりによるガチほもデートにお邪魔してまいりましたよ。

そのおふたりがここ、湘南うん国際村にやってくるということで。

ちょっぴりお腹を壊しつつ、わたくしめーもやってまいりました湘南うん国際村のファミマ。

ゲスそのいち。
嫁という超級山岳と闘う漢の記録・お寿司屋さん。

ハンドルがポップなカラーなのにゲスい。
ファミマの駐車場に停まっていたEXILEの宣伝車を見てTwitterに「僕も寿司ザイルになりたいです」と呟けば、「おめさんは寿司・ザ・エロだお」と即座にリプされておりました。

ゲスそのに。
サガミハラ no ボッチチャリダー・輪たろうさん。

ハンドルがヌルテカでゲスい。
輪たろう、という文字を見るにつけ、キャベツ太郎が食べたくなるのです。
ご本人を目の前にして、ずーっと脳裏にキャベツ太郎のパッケージがチラついていたのはここだけのおはなし。

どうやらこのおふたり、江ノ島でランチをしたあとにチギり愛…じゃなくてポタリングを楽しまれたご様子。
あーだこーだと熱い会話を繰り広げていらっしゃいます。
ダンボーはお寿司屋さんに変な人形呼ばわりされたあげくいじめられ、


輪たろうさんには押しつぶされ、

散々な目にあってました。

ちなみにねえ、わたし、自分がにわかだって痛感させられましたよ。
飲み物のチョイスからして違うのよ。
ふたりとも豆乳、わたしゃ甘いもの。

栄養とか距離とかスピードとか、話にぜんぜんついていけません。
追い込みもトレーニングもしてないわいw

一時間ほどゲス会議を堪能したあとは、勝手に撮影会!
お寿司屋さんのサドルはフィジーク。わりと硬いんですね。
強靭なおケツの持ち主なのでしょうか…。

湘南平は6分代いけるんじゃないかなーですって…!!恐ろしい!!

問題はこちら、輪たろうさんのサドルですよ。

この方、ハンドルだけじゃなくサドルもゲスかった!!

もうね、板!
これ完全に板!

指で叩くとカツンカツンって音しか出ないの。
板なの。
カーボンで出来た板。
おケツ痛くないんですか!?って聞いたら、150kmくらいなら別に…ですってよ奥さん!!
こんなガチなひとたちと走ったらちんでしまいます。こわいこわい。

最後に記念の一枚、ぱちり。


そしてわたしはこのあとお仕事があるので撤退しますよ。
このあとお二人は飯田牧場へダブルのジェラートを食べに行ったそうな。
お寿司屋さん、国際村でもソフトクリーム食べてたのにwwww

そんなわけでお時間割いていただきまして、まことにありがとうございましたー!!


板だからあああああああああ
ブログランキング・にほんブログ村へ
それ板だからあああああああ


ぐだくさん そのさん

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ぐだくさん そのに

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ぐだくさん そのいち

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

げすとのそうぐう

コメントをたくさんくださりありがとうございました!
今日中にコメントお返しできるようがんばりまっす!

今朝Twitterをチェックしていたら気になるTLがあったので、突撃してきましたのです。

ゲスいヒゲどもめお邪魔いたしました!!
後日書かせていただきまっす。


げっすうううううううって、
ブログランキング・にほんブログ村へ
ほめことばなんでしょ?


そうだはこねいこう そのさん

あたまのなかでこのうんこ極まりない七曲りに泣き言と呪詛を吐き続けながら、ぐずぐずとペダルを回し続けます。
たぶん、ここで止まったらもう前には進めない。
嫌ならペダルを回す脚を止めなければいい。
時速は5km台。
ふらついたら簡単に落車してしまいそう。
なんとか、どうにか、まわして、とまらないで、こころ折れないで!

看板見えた!
七曲り抜けたあああ!
ああよかった、きっとこれで楽に、な…、

……ら、

ねええええええ

七曲りが終わっても、似たような道はまだまだたくさんありましたとさ…。

まあでもね、七曲りを抜ければ、残りはあと少しだよ。
がんばれがんばれ。

さらに行くと、うわさで聞く甘酒茶屋さん発見!
まわりになーんにもないところなのに、ここにはひとがたくさん!

ローディーさんもちらほら。
いいなあ甘酒、いいなあみたらしだんご。
ク…ッ、だがしかしとりにくよ耐えるのだ。
あんだけがんばって登ったのに、甘味の誘惑に負けてド平坦で止まるとかありえない。
そんなのはただの豚だ!
走れない豚はただの豚だ!!
走るのだおりゃー!!!

そうして箱根の旧街道やら、


関所破りの罪で首を撥ねられちゃったきんたまお玉ちゃんの頭を洗ったらしい池とかを抜け、


ついにTTのゴール地点、畑宿の交差点にたどり着いたのです!

ここで時間は11時58分。
TT開始場所から130m進んだセブンを10時41分発でした。
ちゃんと三枚橋から測ってくればよかった。もったいないことしたな。

その後、上の写真の1から2へと右折して箱根の最大標高地点?を探そうとうろうろしたのですが見つからず(実際こちら方面じゃなかったw)。
げんさん。さんにメールで問い合わせるもタイミングが合わなかったのか返信が無く、道も定かではなく、時間も無いので引き返しました。
もういちど畑宿の交差点に戻り、今度は2から3へと右折し、芦ノ湖はどこらへんかなーと確認しに行きますよ。

…確認しに、どこまで行けばよいのだろう。

なんか、めっちゃ下っていかないと芦ノ湖にたどり着けなさそうだったんですよ。
下るってことは、帰る時には登らなきゃいけないでしょ?
でももうそんな気力もあんよも時間も残ってないでしょ?
だからね、これ。

この向こうのずっと先に芦ノ湖があるんです。
ちょっぴり見えるんです。
これでミッション強制終了ですよ。
そういうことなんですよ。

箱根の最高地点にはたどり着けず、
芦ノ湖にもたどり着けず、
帰りに甘酒茶屋に寄りたかったけどそんな時間もなかったので写真を撮るだけ。
わしは何しに行ったんじゃああ…・゜・(ノД`)・゜・。

そんなわけで、いいことが一個も無かったサイクリングになってしまったのでした。
こんなに消化不良のサイクリングってそうそうないかもしれないですw
帰りは、おそろのウエストバッグを身に付けた女性ローディーさんおふたりと抜きつ抜かれつ///しながら、いっっそいで帰路につきます。
だって、このあとお仕事が待ってるから!!

くっそー江ノ島!
覚えてろよ!

今度こそ旧道行ったら甘酒茶屋に寄ってだんご食ってやる!
芦ノ湖で海賊船見てやる!
1号線探して最高地点の写真撮ってやる!

そんな感じで初めての箱根旧道を走り終えたのでした。
最初から最後までぐだぐだになってしまって悔しいのですが、それでも、これで今年の春の宿題、いちばんの難所を終えることができました。
目指すは夏の富士さん。
それまでに、この旧道をもういちどくらいは復習して、ついでにやり残したことも済ませていきたいと思います。

今回はいつも以上にぐだぐだな文章になってしまってごめんなさい。
この三日間、箱根行を読んでくださってありがとうございましたー!!

走行時間:6時間32分47秒
走行距離:128.41km
Av. 19.6km/h


前だけ見るよ。
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
でもあんまし前見すぎるといやんなっちゃうのw

そうだはこねいこう そのに

つづきですよ。

このでっかい鳥居のあるとこの坂を


ダンシングで乗り越えたら、

平坦があるかと思ったらおおまちがい。

もーうんざりするくらいのなんがーい坂で、激坂ってわけでもなく、かといってゆるいわけでもなく、あーもうやってらんねーって思いながら、のろのろ走りました。
それでもこのときはまだ元気なほうで、7〜8km/hくらいで走れてたかなあ。

どこかで休もう。
どこで休もうかな?
もうちょっと走ってからにしようかな。
あれ、勾配きっついな。
ここで止まったりしたら、ビンディング嵌めなおして走るのしんどくない?
なんて考えながらよろよろ走っていたら、とうとう来てしまいましたよ。

うんこな難所、箱根の七曲り。
この写真は登り切ったほうにある看板なんですが、下にある「登り勾配」って標記されたほうの看板は日当たりが悪いところにあるせいか、全体的に黒ずんでるんですよ。
でね、「これより1.2kmの間」の「 . 」がよく見えなくて、「これより12kmの間」に読めちゃったんですよね。
じゅ、っう、にっ、きっろ、だ、とおおおおおおー!?!?!?
って目んたまかっぴらくくらいには、判断力が鈍っていましたよ。
そんな距離あるわけが無いのは自分でもよーくわかってるくせに、12km…12km…マジか…そんなにあるのか…いや、そんなわけが…うーんうーん…
ってすごいショックを受けながらよたよた、のろのろ。
とうとう5km/h台に落ちてきて、なんとかペダルを回している状態です。
そんでここで気づきました。
「七曲りって…出オチじゃねーか!」
箱根のお山がこれだけ高いんだから、きっと景色がいいはずだ、そんなとこにある七曲りもなんか景色良さそうじゃない?とか勝手に考えていたのですがね。

ビフォー↓
七曲り!七曲り!どんなとこかな!

アフター↓
坂でしたてへぺろ

なんにもねええええええええ
坂しかねえええええええええ
だまされたあああああああああああー!!

なんにもきれいじゃない
むしろ路面きたない
もういやだよ
おうちかえりたい
インコ臭くんかくんかしたい


「じゅうにきろおおおあああ」
ブログランキング・にほんブログ村へ
「あいえええええええええ」
ガクッ

そうだはこねいこう そのいち

さて。
日曜日に箱根に行ったばかりなわけですが、水曜日にもういちど行ってきましたよ。
もともとご用はあったのですが、風邪で咳がひどくなってしまい、関係者各位に迷惑をかけてしまいそうだったので前日にキャンセルしたんですね。
でも、咳は出るけど元気。
めっちゃ元気。
天気予報を見ると、あったけーよ!って言ってる。
そしたらまあやるこたぁひとつだ。
先週と同じ流れだ。

まずは、いつもお世話になっている「ヒルクライムガイド」のページを開きます。
そこで参考にするのは、難易度を表す★の数。

以前行ったところは
土山峠は★ひとつ、
裏ヤビツは★ふたつ、
大山は★みっつ、
先週行った表ヤビツは★よっつ。
いちおう、この★の数をひとつづつ増やしたところを攻めていたのでした。

じゃあ、次は★いつつを目指してみましょうかね。
★いつつ、箱根旧道

あさ7時20分出発です。
新江ノ島水族館あたりで、C階段さんを発見。

ここがお家だったんですね!

10時14分、箱根付近に到着。

いいお天気だ!
これなら旧道に行っても凍結の心配は全くないね!

箱根湯本近くの三枚橋をすぎてちょっと行ったところのセブンでトイレを済ませ、おにぎりを2個購入。
駐車場には、他にお2人、自転車の方がいらっしゃいましたよ。

おにぎりをひとつ食べて準備をしていると、白いコルナゴの、いかにもヒルクライマーさんらしいほっそりとした男性が声をかけてくださいました。
「登るんですか?」
「はい、行けるところまで行ってみようかと思って」
「どのくらいあるんですかね?ぼく初めてなんですよ」
「10km〜11kmくらいでしたかねー、頑張ってください」
「いや頑張りますけどwww頑張らないと登れないしwww」
「そりゃそうだーあっははは、お疲れ様です!」
そんな感じで出発されました。

それからすぐ、GIANTのかっこいい小径車のおにいさんが出発。
わたしも少しして出発します。
今回はきっと休憩しないとたどり着けないだろうと思って、TT開始場所の三枚橋出口からではなくセブンから、10時41分スタート。

途中までは、天山温泉郷に行くために通った道なので慣れています。
のんびりゆっくり、長い道のりに備えて体力をとっておかなきゃですもの、すぐにインナーローですよ。
乙女ギアの30T、げんさん。さんはお守りよ!って言ってましたが、道具は使うためにあるのですwww
容赦無く投入するのよ!ガシャコーン!ガシャコーン!うおりゃーさんじゅってぃー!!

そして来ましたよ、今回いちばんきついとこ、15%弱のあほうみたいなとこ。
ここから先は、下りながら撮った写真なので反対車線からのアングルになりますよ。

ここのすぐ手前に、先に出発されたGIANT乗りのおにいさんが立っています。
つらいね、頑張って!って声をかけてくださったのですが、もう帰りたい!ってお返ししてしまったのでしたw
おにいさんはここまでだったのかな。
ずっと後ろを振り向く余裕が無かったので、わかんなかったんだ。

ここだけは、30tのうえでダンシング。

地獄のはじまり、はじまり。


クラウザーさんにSATSUGAIされそうだったけどね
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
わしはちにまてん!