さかみちはきらい。

おっぱいと



さて。
むめさんで焼きそばを食べたら、デザートを求めて走りますよ。
むめさんから約3km、ゆるゆる勾配を走ってたどり着いたのは、お久しぶりのミルクランド!

わたしミルクランドって何度も行ったことがあるのに、ここの売りであるジェラートを一度も食べたことがなかったのですよ。

悩んだ末に、いちごちゃんのジェラートにしましたん。

つぶつぶいちごでおいちいの、味は濃ゆいめ。
あまずっぱいから、ミルクとのダブルにすると酸味が丸くなるかな?
次はダブルにしてみよう!

ダンボーにはひとくちもあげませんでしたよ。
きちくですよ。

ジェラートの次はこれ、「富士さんのおっぱい・飲むヨーグルト」。

わたしこのパッケージの「おっぱい」の文字に魅かれて、ここに来るたびにこれ飲んじゃうのですね。
おっぱい。
おっぱいは正義だ。
きょぬーもひんぬーも正義だ。

ミルクランドなので、もちろん牛乳も売っているのです。
ここは腰に手を当て一気飲み!!

生足は局部とおなじくらい卑猥らしいのでモザイク処理
ウマナミ氏はジェラートを食して飲むヨーグルトを飲んだあとにこの牛乳を飲んでいたのですが、お腹は大丈夫だったのですかね。
わたしは多分ハライターのあとに肛門が決壊するので見送りです。

最後におっぱい菩薩さまミルク菩薩さまにきょぬー祈願をして撤退!

おっぱいは世界を救うのだよ。

そんなわけで、あとはミルクランドからずーっと下り基調で駅を目指します。

なんていう駅だったか覚えてないけど終了!
おちかれさーんでしたん!

でもねえ、これで終わりじゃないんだよ。
電車が熱海乗り換えだったから、熱海の駅構内でおみやげ買っちゃったwww

以前買ったらウマーだったラスクとクッキー、みっつずつ。
天狗の鼻に釘付けだったとかなんとかはまた別のおはなし。


そんな感じで、うまなみさんとおえかきとむめさんとおっぱいとで大充実の日曜日でありましたとさ。
ウマナミ氏さんは一日引率ありがとうございましたん!
静岡めっちゃ楽しかったです!
またどうぞよろしくお願いいたしまっす!


みんなきょぬーに
ブログランキング・にほんブログ村へ
なあれええええええええええええ

とりにくはちっぱい好きを敵にまわした

スポンサーサイト

むめさんと


さて。
お絵描きで遊んだら、おなかが減ってきましたよ。
次はお楽しみのごはんじゃい!
行きたかったところがあるんじゃい!

むめさんじゃーい!

バイク乗りやら自転車乗りやらに人気の、富士宮焼きそばとお好み焼きが有名なお店ですよ。
何度かお店の前を通ったことはあるんだけど、ごはんのタイミングじゃなかったりすんごい混んでたり時間が無かったりで入店ならず。
いっつもいいなあいいなあって気になっていたの!

お店に着いたのが13時頃だったからまだだいぶ混んでいるかなあと思ったら、お外で待っていたのはひと組だけ。
その方たちもすぐに入店されました。
お店は、むめさんご本人が腕をふるう鉄板のあるカウンター席の建物と、6つくらいテーブルが置かれている離れのような建物があるのね。
カウンター席はいっぱいで、わたしたちは離れのほうにご案内されましたよ。

しかし困ったぞ。
離れのほうは、お靴を脱いでたたみに上がらなきゃいけないじゃないか。


さてさて。
話はさかのぼって、6月4日に千葉県で開催されたフクダ電子アリーナクリテリウムに出たじゃないですか。
んで、レースが終わったあとに、暑いなか自走で房総半島の内房を下ってフェリーに乗って、帰宅したじゃないですか。
玄関でお靴を脱いで、お部屋に入るじゃないですか。
したら、めっちゃくさいんですよ。

足が。

お部屋がガス室になるレベル。
なんじゃこりゃー!ってびっくりするくささ。
あの日、エスファイアと付属の専用ソックスを履いて一日過ごしたのですが、シューズのフィット性がばつぐんな上にソックスの素材が化繊100%だったので、汗で蒸れてえらい悪臭になっちゃったみたいです。
思わずお靴のにおいを嗅ぎに、玄関に走っちゃったよ。
ああ…玄関もくさい。

どきどきどき。胸のときめきが動悸が止まらん。
お靴を持った手が震えてしまうよ。


……くんくんk


「ーーーーーーーっっ!!!!」
ブログランキング・にほんブログ村へ
くさあああい!!!!
めっちゃくさいなにこれくさいちょうくさい!!!!


履いていた靴下とは比べものにならない、悪夢のようなくささでした。
でも何度か嗅いだ。

その場でorzの姿勢でひとしきり落ち込んだあと、敗北感いっぱいでお風呂に直行しましたよ。
でも、ちゃんと洗ったのに、何度も洗ったのに、洗ったあともちょっぴりくさかった。

で、そんな臭くなるシューズをこのむめさんに行った日にも履いていたわけです。
またあんなに臭くなったら嫌だから抗菌防臭の靴下を中に履いていたので、離れがガス室になることはありませんでしたけれど、どきどきしちゃいましたよね。
他のお客さんたちを泣かせるようなことがなくて本当によかった。

ちなみに、お靴めっちゃくさくなった!って話をウマナミ氏にもしていたせいか、警戒してこっちに扇風機を向けてきましたよ。
臭くねーわ!!
…ちょっとくらいは臭かったかも。

そんなこんなで程よく悩んだら、注文をいたしましょう。

離れだとむめさんのお顔が見られないんだけど、このメニューみたいなかわいらしいおばあちゃまなのですかね?

メニューは具材いろいろトッピングいろいろで迷っちゃうんだけど、焼きそばの「肉・エビ」をお願いしてみましたよ。

豚肉と桜えびときゃべつ、紅しょうがと魚粉と青のり。
ソースが甘口、そうそうこれこれ!
富士宮焼きそばって、ソースが甘口なんだよね。
これが好き。

あと、むめさんのところの焼きそばってきゃべつが細い千切りになってるのね。
芯もぜんぶ薄くスライスされていて、食感が均一。
ざく切りでバリッとしたきゃべつの食感もいいけれど、これはこれでありだねえ。

きゃべつが多めで、麺はちょっと少な目かな、がっつり補給にはならないけれど、お野菜大好きなので満足!
お好み焼きの納豆トッピングが意外においちいことを知ったので、次回はそっちにしてみよう。

そうそう、退店際に、むめさんのいるカウンター席をちらっと覗いてみましたよ。
メニューに描かれたイラストとはずいぶんイメージの違う、威勢のよさそうなおばあちゃまがにこにこ、お客さんとお話していました。
たまにお客さんの前で店員さんと喧嘩しているらしいのですが、見てみたいようなみたくないようなw
名物看板おばあちゃん、今度は目の前で焼いているところを見てみたいな。喧嘩はいらないからwww

さあさあ、ごはんを食べたらデザートですよ。
ここまで来たからには、あれを食べなくっちゃ!


とりにくはくさい。に
ブログランキング・にほんブログ村へ
変えるべきですかあああああああ
言わないだけでみんなだってくさいんでしょ?
お靴のにおいだってこっそり嗅ぐんでしょ?

おえかきと



さて。
今回のゆるぽたは、何が目的なのかを知らされていませんでした。
いや、正確には、某所でおいちいものを食べるんじゃー!っていう目的はあったのですが、メインはそれじゃあないのです。
何を見るのだろうか、どこを走るのだろうか、地図を見てあれかな?これかな?と色々想像をしてはみたものの、絶対に「これだ!」っていうものが思い浮かばなかったのです。

ぜっぴんスイーツをうまうましたあとに、ほんの2km弱を走りましてね。
とあるポイントで、
「いったんガーミンを終了して、ログを保存してください。そしてもう一度スタートしてください」
とウマナミ氏に指示されたのです。
なので吉原駅からその地点までのログを保存して、ふたたびガーミンのスタートボタンを押しました。

そこでネタばらし。
「簡単に言えばお絵描きです。」
つまり、ガーミンとSTRAVAの機能を利用して、走行ログの線で地図上にお絵描きをしようぜ!ってことですよ。
ガーミン(とかその類)でログを録ってSTRAVAにアップすると、自分の走ったところが線として表示されるじゃないですか。
あらかじめこれ!というルートを探して引いておいて、そこを走ってアップすると、絵が浮かび上がるというしくみ。
GPS版・ナスカの地上絵ですよ。

以前、とあるチームメンバーが台湾に出張した際に同じことをしていたのです↓

こちら、台湾の有名なお手々のお絵描き、如来神掌というルート。
このルートでサイクルイベントなんかも行われているそうですが、だいぶきっつい激坂があるそうです。

これ↑を見ていたので、もしかして…?なんてチラリと考えなかったわけでもないのですが、こんなことが静岡でもできるなんて思いもしませんでしたよ。
このあたりではこういうジャンルで遊ぶ方がいらっしゃるようで、いろんな絵を描いてはアップしているそうな。
難易度も高いものからそうでないものもあるみたい。

こんなお茶畑が広がるところを走ってみたり、

時には狭い路地を行ったり来たり、自転車を担いでちょろっと階段を降りてみたり。

そんな軌跡がガーミンを通じてログに残ると思うと、今まさに描いているんだなあ、どんなふうに描けているんだろう?ってわくわくしちゃうよ!


さてさて。
いったい何が描きあがるんだろうと考えながら走っていたら、先導するウマナミ氏が

「べつにちんことか描かないから大丈夫ですよ」

「ファッ!?」
ブログランキング・にほんブログ村へ
「……!?」

このウマナミ氏、会話中にちょくちょく直球な下ネタをブッこんできます。

失敗しましたよね、我が道を突っ走りすぎてフリーダムな日記を書き続けた結果、なんだか私という人物像にえらい誤解が生じてしまったみたいです。
この日記にほんの時たまアップされるちょっとした下ネタは、あくまでネタとして書いてるだけで当人は相当な真面目ちゃんですので、心の準備なしに下ネタを振られたらビクッてなっちゃいますよ。

ほぼ初対面の女性にちんこネタを振るアラフォー
ほぼ初対面の男性にちんこネタを振られてキョドるアラフォー

はたから見たら完璧にセクハラかましてるおっさんじゃねえか!
むしろ迷惑防止条例案件じゃねえか!

おいウマナミのおっさにーさん、いい加減にしようぜ。
「な?」

まあネタとしてはいいぞもっとやれ案件ですね。

ちなみにお馬さんの交尾におけるスタートからフィニッシュまでって、1分も持たないのですってよ。
ははは、ウマナミ氏がウマナミなのね~ってよく言われる本当の意味って早r



m9(^Д^)



冗談はさておき。
なにを描いたのか、動画で見るのもまた一興。
音が出るのでご注意ですよ。

これが約25kmを走って描かれた、Flying Swanちゃん!
飛んでるねえ!
白鳥だねえ!
ちゃんと、くちばしから頭にかけてのふくらみまで再現されてるよー!!
尾羽にまで線が入って芸がこまかくて、できあがりを見たら思わず「ふおー!」って声が出ちゃったよ。

こっちはSTRAVAに上げたログ。

すごいすごい、これは楽しいぞ!
海側じゃないからアップダウンは結構あるけど激坂はないし、景色がいいところばかりではないけれど交通量の多いところもそんなに長時間走らないし。
超ゆるぽたペースのAV.16km/hで1時間30分くらい走ったら描けちゃった。

地元でもこんなことできるかなあ。
細い道までくまなく探したら、なにかしらできるかなあ。
何を描くかを考えてルートを引くのはすごく大変そうだけれど、自分で線を引いて描きあげてみるのもいいかもね!


描きあがりがちんこじゃなくて
ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったああああああああああ
それはそれでありかしら

うまなみさんと



先週の日曜日は富士ヒルでしたねえ。
富士ヒル本番直前のとり丸さんから、「あたくしのこの美脚をブログにアップなさい」という指令が下りましたん。

来年はもっとセクシーなおみ足の写真を送ってくれるらしいので、舐める勢いで待ち受けにでもしようかと思います。
それにしてもとり丸さん、表彰台おめでとさんでございましたー!
かっこよすぎてたまらんですよ。
だ、だ、抱いて…(*´Д`)

ちなみにわたしはそんな苦しげなことには参加いたしません。
ここのブログタイトルを大声で復唱していただきたい!
さかみちは!きらい!


そんなわけで。
わたしはこの日、とあるゆるぽたをするために輪行で静岡県に行ってきましたよ。
待ち合わせたのは静岡県の吉原駅。
待ち合わせた方は、静岡県在住の雑兵民で、根性注入したら脳汁が止まらなくなってしまったtomotecさんというお方。
tomotecさんとは今年の3月にサイクルチャレンジカップ藤沢でお会いしているはずなのですが、わたし人の顔を覚えるのがものすんっごい不得手なもので、はてどんなお方だったじゃろうか、とんと覚えておらんのでした。
この時点でこの方について知っていることといえば、自称ウマナミだということでしょうか。

「ウマナミ」って、なんのことかご存じですか?

津久井のゼブラにいるウマナミさん↓

要するに、馬並にちんこがでっかいよ!ということですね。
tomotecさんはウマナミなのねとよく言われるらしいですよ。
そんな情報いらねえわwww

なんなら出会いがしらにひん剥いて写真でも撮って晒しあげて皆さまに嘲笑していただきたいところですが、そんなことしたらこの高尚な自転車ブログがけがれてしまうので勘弁してやります。

と、いうわけで。
吉原駅で落ち合ったけどやっぱりお顔を覚えていなかったtomotecさんことウマナミ氏と、斬新なポタへと参りましょう。

↑こちらウマナミ氏のポタ用クロモリ、アンカーちゃん。
ホリゾンタルがうらやましい。

さてさて。
まずはポタ前の朝ごはん!
吉原駅から少し走ったところにある、杉山フルーツという果物やさんにぜっぴんスイーツがあるということでやってまいりました。
なんでも、開店前に整理券をもらって並ばないと買うことができないものだとかなんとか。
見事2番目の整理券をゲットいたしましたん!
IMG_20170611_084658 (3)

都内や神奈川の百貨店にも時々催事で出店しているらしいのですが、速攻で売り切れてしまうフルーツゼリーが有名なのですって。
そのフルーツゼリーというのが、なんと時価!
季節のフルーツを、シンプルに透明なゼリー液で固めたものなのですが、下は450えんから上は1000えんくらいまで、お店に行ってみなければわからないのです。

開店して早々に店内は人でいっぱい。
早く到着したおかげで、好きなものを選ぶことができましたよ。
IMG_20170611_090143 (3)
わたしが選んだのは、初心者向けの「フルーツミックス」450えんと「しらぬい(デコポンの品種)」500えん。
フルーツミックスは、いろんな果物が少しずつ入っていてたくさんの味が楽しめるので、お店でいちばんの人気なのですって。
この日は、メロン、キウイ、グレープフルーツ、パイン、いちご、あたりが入っていたかな?
ゼリーのほんのりした甘さとフルーツの酸味がいい感じに合わさって、さっぱりつるりん。
しらぬいのほうも甘いけどさっぱり系で、デコポン好きにはたまらんお味でしたよ。
次があるなら「静岡みかん」と「クラウンメロン」が食べたいなあ。
二つも食べればおなかがいっぱいになっちゃうので、選ぶのにとっても悩ましいところなのです。

ちなみに、ウマナミ氏は「フルーツミックス」と「完熟マン…ゴー」をお買い上げしていましてね。
完熟マンゴーのほうは、なんとおひとつ1000えん。
完熟というだけあって、めちゃくちゃ濃厚なお味でしたん!

こうして腹ごなしを終えた一行は、本丸のゆるぽたを目指し、スタート地点へと向かいます。
ゆるぽたのスタート地点ってなんだ?という話ですが、このゆるぽたは少々特殊でありまして、スタートとゴールの地点が決められていたのです。

と、いうわけで。
次回はゆるぽた芸術編ですよ。

ゆるぽた詐欺じゃ
ブログランキング・にほんブログ村へ
なかったぜえええええええええ
なんということでしょう

おまたのたわしをくちくせよ



さて。

久しぶりに、お股に生えてくるにっくきスチールたわしの話でもしようか。

もう何度も何度も書いてきましたけれど、とうとう奴との闘いに終止符を打つときが来たようですよ。

まずはこれ、過去に書いたたわしのおはなし。
覚えていらっしゃるかしらん。
ぱいぱんになりたい
しばぬき

この記事のあとも散々引っこ抜いてかゆかゆになってを繰り返してきたわけです。
でももういい加減、お手入れに時間がかかるしめんどくさいしで、根本的に生えてこないようにしちゃおうと思い至り、ちょこちょこと小銭を貯金箱に投入していたのでした。

そして我が家にやってきたのがこれ。
IMG_20170615_230634_459 (3)
ヒカリエピという、フラッシュ脱毛器ですよ。
フラッシュ脱毛は、特殊な波長の強い光を照射して、毛根にダメージを与えて弱らせるというしくみ。
この光は黒い色に反応するのですが、その反応で黒い部分のみ熱せられ、簡単にいえば毛根がごく軽いやけど状態になるのですね。
照射された時はちょっと痛いのですが、それも一瞬。
ただし一度の照射で毛根はだめにならないので、毛周期にあわせて何度か照射する必要があります。

ずいぶん昔にワキの脱毛のためにサロンでこのフラッシュ脱毛を受けたのですが、たいした痛みもなくお値段もお手頃で大満足の仕上がり。
これなら他の部位もやりたいな~と思っていたのですね。
でも当時はワキ以外はお値段が高くて、あきらめた経緯がありました。

そして時は流れ、
自転車に乗るようになって、
長距離を走るようになって、
毛のせいでおまたの具が擦り切れるようになって、
毛抜きやらなにやらで毛と格闘するようになって。
あーもういやだめんどくさい!
サロンでの全身フラッシュ脱毛もだいぶ敷居が低くなってきているし、行こうかなどうしよっかな~と考えていたのです。
んが、セルフでレーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器を使えばだいぶお安く済ますことができるなあと考えるに至り、脱毛器を購入してみたのでした。

フラッシュ脱毛器の操作はとってもかんたん。
IMG_20170615_230722_392 (3)
電源を入れて照射の強度を選んだら、

このバーコードスキャナーみたいなプローブを、ムダ毛を剃ったお肌に押し当てて、
IMG_20170615_230541 (3)
ボタンを押すだけ。

この照射ランプが一瞬ピカッ!と光って、照射面の毛根をやっつけてくれるのです。
IMG_20170615_230548 (3)
両脇の黒いのはタッチセンサーで、これが両方お肌に触れていないと照射できません。
誤照射を防いでくれる仕組みなのです。
ちなみに生えている毛は事前に剃っておかないと、照射したら焼けて大参事になりますwww

照射してから数日、毛根が「らめぇ…」って弱っていって、生えかけの毛が自然に抜け落ちます。
しばらくすると毛根はまた息を吹き返して「うおりゃー!」って毛が生えてくるのですが、そこに再びフラッシュ脱毛器で光を照射すると、また抜け落ちていきます。
こうして何度か照射を繰り返すうちに、熱で毛根が弱って、ムダ毛をはやす力が無くなってくるわけですよ。
最終的には産毛くらいの細さになり、あってもなくてもわからん感じになるかな。
おまたぱっかーんして最初に剃毛しなきゃいけないし、処理中はなんとも情けない姿ではありますが、それがどうした!ってところです。

フヒ…フヒヒヒヒ…
これでわしは超快適自転車生活を手に入れることができる!
自転車のためにたわしを駆逐するんじゃー!
そう、自転車のために!!

……………。

そりゃ嘘だ。

自転車に乗るためってのは半分、
残り半分(もしくはそれ以上かも)は趣味嗜好です。
もともと毛が生えてるのがあんまり好きじゃないのです。
根底にあるのは、無毛のフェティシズム。
これに尽きますね。
別に誰に見せるわけでもなし、デブスなBBAのお股を見たいなんていう人がいるわけでもなし、たまに温泉に行くときにほんのちょっぴりだけ恥ずかしいかなってくらいのもんですよ。

処理が完了するのに最低でも1年以上はかかるのですが、急ぐもんでもないのでのんびりやっていこうかと思いますよ。
納得の仕上がりになったら、あとがきでも書きましょうかね。


つるつるの
ブログランキング・にほんブログ村へ
なにがわるいいいいいいいいい

断じて変態痴女ではない

あるきかたをわすれた


さて。
フクアリクリテの翌日は、午後のお仕事がお休みだったのです。
午前のお仕事を終えたのち、川崎の歯医者さんでメンテナンスしてもらって、その後に待ち合わせがありました。

待ち合わせた人は、自転車仲間のmiocoさん。
待ち合わせ場所は、新宿駅。
自転車に乗る前はよく都内に出て遊んでいましたが、最近はとんとご無沙汰なのです。
繁華街は人がいっぱい居て、歩いていると目の前を横切るひともたくさんいるわけです。
なんだろう、こういうところの歩きかたを忘れちゃったみたい。
おろろおろろ、どうやって直進したらいいんだい、挙動不審になってしもうたよw

miocoさんに案内してもらってやってきたのは、新宿高野本店。
ここで、先に来ていた自転車仲間のコーラさんと、コーラさんの奥さまと合流しました。
自転車に乗らないのに集まる自転車仲間。不思議な感じw

高野といえば、千疋屋に次ぐお高級果物で有名なお店です。
その高野の新宿本店にはフルーツバーという喫茶部があるのですね。
この日はそのフルーツバーの、90分食べ放題にやってきたのでしたw

どーん!

果物の他に、パスタやらオムレツやらデザートやら、いろいろとありましたよ。
今回は韓国フェアということで、なんかそれっぽい味付けのパスタやらチャーハンやら豚キムチやらがならんでいました。
みんなもりもり、あれがおいちいこれはいまいち、わいのわいのしながら楽しくいただきましたよ。
コーラさんもコーラさんの奥さまもmiocoさんも食べることが大好きなひとたち。
話すことといえばやっぱり自転車のことばかりで、自転車で何を食べにいくかは重要な議題でございましたw

実は上大岡にある高野フルーツパーラーのオーダーバイキングに行きたかったのですが、予約が殺到しすぎて電話もつながらず、じゃあ今回は予約のとりやすい新宿のフルーツバーにしようかとなったのでした。
次回こそはフルーツパーラーでぱっふぇーのオーダーバイキングをいただくのじゃあ~
がんばって電話かけまくって、ぱっふぇーとかフルーツサンドとかを食べまくるんじゃあ~

高野ビルの地下には、お高級メロンパンがあるのです。

まんぷくのお腹でくるちい…くるちい…とうめきながらも、おみやげに買って帰ろうかと思って見に行ったのですが、賞味期限が当日中だったのと、まんぷくすぎて食べ物を見たら気持ち悪くなったのとでギブアップ。
今こうやって思い出しながら書いていると、買っておけばよかったな~って後悔しちゃうw

miocoさん、コーラさんと奥さま、先日はありがとうございましたん!
またおいちいもの食べに行きましょうねー!


さてさて。
翌々日は摂取しすぎたカロリーを消費するべくミウライチ。

梅雨に入っちゃったんだねえ、お天気わるいよ。
これがカラッと晴れるのはいつだろう、梅雨があけたらおそロシア。
今年は猛暑になるんだってね、わしは生きていられるんじゃろか…。

どーんより曇り空だと風車もなんだか映えないなあ。


そういえば、油壷ちかくのコインロッカーのいちごちゃん。
ちょっと期待して覗いてみたものの、全員がかびかびるんるんに憑りつかれて死亡しておりましたん。

おとなりのいちごのビニールハウスでは、いちごの苗を引っこ抜いているところ。
もうおしまいなんだねえ。

なので芦兵衛でおみやげをお買い上げ。


とりさんサコッシュは、相変わらずおみやげを収納するのに大活躍中ですよ。


いつもコメントありがとうございます!
お返事は、今夜中にでも。


次は
ブログランキング・にほんブログ村へ
毛の話いいいいいいいいいいい

ふくありくりて そのよん


クリテよりもむしろこっちがメインの、帰路・浜金谷フェリー乗り場までのライド。
約70kmほどの距離を、幹線道路の一本横のルートを引いてガーミンに取り込み、ナビ機能を使って走りましたよ。
そしたら大正解、一部を除いて車が少なく、とっても走りやすかったのでした。
でも、内房を下っていくごとに町並みが寂しくなっていくのですね。
コンビニ以外なんにもないの。
自転車的にはすごくいい道なんだけど、あとで確認したらSTRAVAのセグメントすらひとつもないの。
そもそもローディーさんもほとんどいないの。
晴れた日曜日だというのに、70kmのあいだにスライドしたローディーさんは5名くらいでした。

田園風景はとっても気持ちよかったよ。

道中すんごい気になったのがこちら。

バカ最中てwww

バカ貝にちなんでつけられた名前なんだろうね。
お食事処ではアオヤギという名前で出てきますが、おいちい貝なのにひどい名前だよねえ、バカ貝。
インパクトがあって売り出すにはちょうどいいのかなw
よっぽど買って帰ろうかと思いましたが、時間的に余裕が無かったのでやめておいたのでした。

フェリー乗り場に来たら、乗船券を買ってしばしの待ち時間。

乗り場に併設されているおみやげ屋さんをひやかそうかね。
欲しいものもあったしね!

そして店内をうろうろ。

これ買ったら誰か装着して走ってくれないかな…。

お目当てはこれ。
ぴーなっつ最中。

かごにわらわらと盛られてきゃわゆいのです。

わらわらわら。かわいいwww

これねえ、あんこの中に落花生の甘煮が入っていて、おみやげに人気の最中なんだって。
さすが落花生王国・千葉県!

おみやげを買ってもまだちょっと時間があったので、フェリー乗り場の裏の駐車場をうろついていたら、久里浜港から来たフェリーがやってきた!

わくわく!
なんかしらんけどいい歳してわくわく!

自転車をひっかけてもらって、船室へ向かいますよ。


船室入り口にある自販機の隙間にヤツがいたwww

気付いたのが遅かった、おみやげ売り場にこれも置いてあったみたい。
あああ、全然気づかなかったよ、ざんねん!

お船の中でようやくひと息。
ぴーなっつ最中と麦茶で打ち上げだ!

ぴーなつ最中かわいいなあ~
「やんのかー!」
「やんのかこらー!」
ってダンボーと絡ませて遊んじゃったよ。

浜金谷~久里浜までは約35分。

あっという間に到着です。

久里浜に到着したのは日が傾きはじめた頃。
ここから自宅までは20kmちょっとなので自走で帰るつもりでいたのですが、うっかりしたことにアイウェアのクリアレンズを忘れてきていました。
それだけならまだしも、フロントライトの充電が足りておらずスイッチ部分に警告の赤ランプ。

こりゃいかん、走ったらだめなやつだ。

仕方がないので、久里浜駅まで走ってあとは輪行。
もうちょっと走りたかったな~って消化不良な最後だったのでした。
それにしても千葉はたのしいな、また遊びに行きたいな。
日の長いあいだに、房総半島一周とかできたらいいな。


おしまい。


おしゃぶりって
ブログランキング・にほんブログ村へ
なにしゃぶるんですかあああああ

しゃぶしゃぶ食べたい

ふくありくりて そのさん


さて。
召集がかかって、いよいよかと緊張して心拍というか血圧が上がって気分が悪くなるわけです。
もう早く始まってくんねーかなとぐったりしていたら、「あと5分ありますね~」というお知らせ。
そして不意に高まる尿意。
いつものことですが、緊張でめっちゃおトイレ行きたくなるのです。
直前におトイレに行ってたとしても、強烈に行きたくなるのですwww
むしろレースが終わるまでおトイレに籠っていたい…。

そしてレースが始まり、ローリングスタート。
ローリング中はゆっくりかと思いきや、意外に結構な速度です。
そして1kmくらいかな、リアルスタートで一気に加速する11名の集団。
わたしはあっという間に最後尾に落ちました。

集団がこわい。
S字クランクみたいなのがこわい。
ゴムシートがこわい。
凸凹がこわい。
砂利がこわい。
こわいものがいっぱい。

試走は5周ほどしましたが、1周3kmくらいのコースはくねくねとたくさんのコーナーがあって、なんとなくこんなコースだったかな~ってくらいにしか覚えられていませんでした。
だから、ここにこんなコーナーあったっけ!?って焦ることもしばしば。
バイクコントロールの拙さをしみじみと噛みしめましたよ。

一周目で集団の約半分が脱落し、わたしはその人達を抜いて真ん中くらい。
先頭集団はまだ見えるからあせらず行こうと思いつつも、コーナリングの下手さで徐々に間が開いていきます。

二周目後半で、サポートライダーとして女子選手と一緒に走っていた金子大介選手が、「後ろにつけるならついてください」と半周くらい牽いてくれて、ちょっとのあいだ楽をさせてもらいましたw

そして最終周、前方で落車が発生したらしくスピードダウンを指示されました。
なんであと少しのところで!差が開いちゃう!!と焦る気持ちはもちろんありますが、それは仕方がないのです。
わたしもいつやらかすかわかりませんものwww
ちなみに、落車された方は草の上にばったり倒れ込んでいてびっくりしましたが、その後は無事に完走されたみたいでひと安心!

わたしは最後にもうひとりを抜いて、表彰台一歩前のところでゴール。
トップとは50秒くらいの大差がついていました。
今回足りなすぎると痛感したバイクコントロール、今後の大きな課題です。

わたしが表彰台一歩手前ということは、わたしより断然速いとり丸さんはもちろん表彰台なわけです。
副賞のチーバ君がきゃわわなの(*´ω`*)


そしてお疲れ様の肉棒をもぐもぐごっくんして、

ごちそうさまでしたん!

とり丸さんとは会場でお別れ。
彼女はバックパックからチーバ君の首だけ出して帰って行きましたw
ちょっと風邪気味だったのだけど、良くなったのかな。

さてさて。
行きは電車でここまで来ましたが、帰りは房総半島の内房を、フェリー乗り場目指して下りますよ。
そもそもわたしはロングライド好きですのでね、クリテの走行距離だけだともんのすごーく物足りないのです。
お天気がいいなら走らなきゃ損だよ!
しかもお船に乗れるんだよ!
むしろこっちが今日のメインだよ!
とばかりに踏ん踏んしちゃいましたよ。

そしたらあっちーの。

海に近いところを走ったから、登りが無いかわりに木陰もない。
走り始めてすぐくらいに、もう暑さにやられて頭痛がしだすレベルであっちーの。

さいわいコンビニだけはいっぱいあったので、ちめたいものと糖質をしっかり摂ってひとやすみ。

日陰に座り込んでもぐもぐするのはちょっと恥ずかしかったでした///
これからの季節は暑さとの闘いだねえ。

つぎでさいご。


すっぽんぽんで
ブログランキング・にほんブログ村へ
走りたああああああああああい

ふくありくりて そのに


今回のクリテのコースは、なかなかどうしてえらいテクニカルでしたよ。
コース自体がテクニカル、そして路面状況もテクニカルwww
試走の時にびっくりしたのですが、
グレーチング・ゴムシート→直後に左コーナー→コーナー立ち上がり位置にゴムシート
っていうアホみたいなポイントがあって、ゴムシートはもれなくぼっこりと膨らんでいる箇所があるのです。
アスファルトが盛り上がったり割れたりしているところをゴムシートで覆って、タイヤがとられたりスリップしたりしないようにとの配慮なのでしょうけれど、そもそも突起がでかすぎてゴムシートの上から試走の速度で乗りあげても落車しそうになりましたよ。
もしこれで雨が降ろうものなら、落車につぐ落車でえらいことになってしまうわ。
コーナーを含むコースの一部には砂利が浮きまくりだったり、コースを仕切るポールとルートの位置関係が遠目からだとはっきりせず、コーナーまでの距離をつかみにくかったり。

クリアし甲斐のあるコースではある。
けれど、
どうにもクリテっぽくないコースでございました。
試走してなかったら危なかったかもしれないな。

三周ほど試走して、そういえば“彼女”がまだ来ないなあ、そろそろ着くころかな?とレース会場入り口をうろうろしていたら、やってきましたよ。
“彼女”こと、とり丸さんが。
今回のクリテリウムは、とり丸さんに「こんなんあるぜ~」って教えてもらってエントリーしたものだったのです。
同じカテゴリーで走れるなんて幸せウフフ///ってのが半分、あっちゅーまにぶっちぎられちゃうんだろうな~ってのが半分。
ぶっちぎられるのはいいのですが、彼女の走りが間近で見られないのが寂しいというかもったいないというか。
少しでも長い時間、近くを走れたらいいのだけれど。

さて。
試走が終わって、本番まで2時間30分ほど。
レース直前になると胃がなにも受け付けなくなるから、先にお腹に何かいれておかなきゃね~。
って、会場に来ていた和菓子屋さんのおだんごとくずもちをいただきましたよ。

おだんごは、ずっしりどっしりでっかくて1本100えん。
ぷりぷりのくずもちは250えん。
お赤飯とか素甘とかもありましたが、人気だったようで、みっちり詰まったばんじゅうがお昼頃までにはからっぽになっていましたよ。
お味もいいしコスパもいいし、人気なのも頷けるのです。

出張整体が来ていて、500えんで10分くらい揉んでくれたかな。
レース前のコンディション調整にと、とり丸さんとふたりで揉まれにいきましたよ。

受付表に、「気になるところは」とあったので「肩」と書きました。

「……ほんとだ肩…これやばいっすね」
容赦なく指でえぐってくるので、
「いいいいいいいいいいいいい」
「おおおおあああああああああ」
って悶絶しまくりました。

↓悶絶中

「背中もだいぶ…」
「ぐおおおおおおおお…」
痛気持ちいい!ビクンビクン!

他にもひざが気になるという話をしたら、ひざ周辺を揉んでくれて必要な筋の伸ばし方やらなにやらを要所要所教えてくれたりして、500えんで充実の施術。
終わったあとは背中から首筋にかけて超スッキリだったのでした。
これはくせになりそうだ!

マッサージを終えたら、次はアップですよ。
会場周辺は平坦直線の広い道路で、ちょっと信号が多いけれどアップするのにいい感じ。
30~40分くらい、心拍を上げようと会場周辺をいったりきたり、うろうろしたのでした。

そしてスタート15分くらい前に召集がかかりました。
召集直前にアスリチューンを飲んでオエエエエエってなるのは様式美。
ある意味儀式でしょうかね、これを飲んだらいっきに緊張してきましたよ。
エントリーなんかしなきゃよかった、って激しく狂おしく後悔する瞬間でございます。
ああ帰りたい。
もう逃げ出したい。
周りの女子選手がみんなマッスルゴリラに見える。

あいかわらずのお豆腐メンタルでございます。


いだだだだだだだだだだだだだ
ブログランキング・にほんブログ村へ
あだだだだだだだだだだだだだ

ふくありくりて そのいち


6月3日の土曜日。
翌日にレースがあるので、この日はスクール練をおやすみしたのです。
そんでおうちでゆっくり準備をしようと思っていたのですが、お外を見るとよく晴れているじゃない。
走ったら気持ちいいだろうな~って思ったら、やっぱりお外に出たくなるじゃない。
結局お日さまの誘惑に負けて、ちょっとだけ、少しだけ、先っぽだけ、三こすりだけ!って乗りに行っちゃったわけです。

ゆるく乗っておやつでも買いに行こうっと。
って、芦名にある芦兵衛までるんるんしながら走って、お目当てのナッツのタルトも手に入って、ちょっと踏ん踏んしちゃったりしながら帰宅して、おうちの鍵を出そうと背中ぽっけからウォレットを取り出そうとして…
そしたらウォレットと重なっていたらしきスマホがぽろり。

う、う、う、
ブログランキング・にほんブログ村へ
うわああああああああああああ

液晶が!

液晶がちんだあああああああ

ディスプレイの1/4が暗転して、1/2がザザザザザーって横線入りまくって、残り1/4がうっすら見える程度。
翌日のレース時に必要な交通やら召集やらなにやらの情報が確認できなくなってしまいましたん!

まあ、行きは輪行だし帰りのルートはガーミンに取り込んであるし、ガラケーもあるし、スマホのディスプレイの1/4は見られるから、なんとかなるかな…って考えつつもすごく不安。
スマホを使いつけちゃうと、いざという時びっくりするほど不安になっちゃうのね。

翌日の5日は、始発に乗って千葉県の蘇我まで。
そこで、第一回・フクダ電子アリーナクリテリウムが開催されるので、エントリーしていたのでした。

電車はずっと座っていられてらくちん。
でも、ほぼ二時間ずーっと乗りっぱなし座りっぱなしっていうのは、単純に飽きるのねw
スマホがいじれないので本を持って行きましたが、さすがに二時間同じ姿勢で読み続けるのはつらかったでした。

レース会場は蘇我駅からすぐ。
試走時間に間に合うかどうか不安だったのですが、自転車を組み立ててのんびり向かっても余裕でした。

そうそう、会場にはシャア専用ロードが展示されていましたよ!

SORA組みのアルミと、105組みのカーボン(ディスクブレーキ)。
カーボンのほうは、実機として招待選手がレース中に何度か出撃していたみたいです。

アルミはSORA組みだけどクランクはFSAだったよ。

今は新型SORAもケーブルが内装になって、見た目もすっきりだしSTIも上位コンポと見た目が変わらないのね。
変速性能もめちゃくちゃいいとかなんとか。
わたしのアンカーも最初はSORAだったんだけど、旧型はフロントをいじるたび「がっちゃん!」「バキッ」てうるさかったなあ…w

それにしても細部までジオン軍!かっこいい!


ハンドルも、


ステムも、

エンブレムも、

キャップも、

全部ジオニックロゴが入ってるのね。
これはシャア好きにはたまらんですな、三倍はやく走れちゃうよ!
ちなみにバーテープもジオニックのロゴが入っててめっちゃかっこいいの。
交換するときに同じものは手にはいるのかな?

メーカーさんに、専用のウェアとかアイウェアとか作らないんですか?って聞いたら、なんかそれっぽいものを考えているようなことをちょろっと話してくれましたw
えらい人もよくわかっとるんです。
実現したら完全にコスプレですな!
あとは量産型ザクのバイクとウェアを作って欲しいwww
わたし量産型に乗ってシャア専用機にくっついていくわwww

そんなわけでつづく。


ジイイイイイイイイイイイイイク
ブログランキング・にほんブログ村へ
ジオオオオオオオオオオオオン