さかみちはきらい。

けじめ




やると言ったのでちゃんとやらねばと

とりあえずけじめはつけてきた。



なんでこんなとこに
ブログランキング・にほんブログ村へ
行ったんじゃあああああああああ

スポンサーサイト

ももにく


さて。
山梨大弛峠行のつづきですよ。
もう自転車は出てこないごほうび回なのです!!

道の駅まきおかで自転車を車に積み込んだら、ぺこぺこのお腹を抱えて、「山梨県 笛吹川フルーツ公園」に向かいます。
今の時期、その公園へ続く道々ではたくさんのもも・ぶどう農家さんが果物を販売しているのですね。
そして公園内の施設では、ももを使ったスイーツやらなにやらおいちいものもいっぱい。
旬のももを食べに、買いに、たくさんの人たちが来園していましたよ。
このあとお夕飯が待っているけれど、ここに来たからにはももを食べなきゃね。
もも大好きなわたくしとりにく、ももにくになるのです!!

こちらはもものソフトクリーム

ワッフルコーンの中には、バニラソフト・ももソフト・もものピューレ。
ピューレがとろとろでうんまそうだ…。

わたしはもものぱっふぇー!!

いろんな種類のももがたっくさん入ってるよ!
カップの中にはもものシャーベットとか、もものゼリーとかも入っているよ!
おいちい!おいちい!

ただし、ももはちょっとかため。
コーラさんが言うには、山梨のひとたちは、かためのももを食するのが一般的なのですって。
そしてもうひとつの桃の産地・福島では、やわらかめのももが好まれているそうな。
わたしはぐずぐずになりそうなくらいのやわらかめが好きなので、パリッとしたももにちょっとびっくりしましたよ。

さてさて。
スイーツを食べたら、農家さんのお店を冷やかしに行きましょう。

お外に出たら、雲行きが怪しくなってきちゃった。
雷が鳴って雨がぽつぽつ、それでもももゲットはあきらめない!!


「もも丸かじり」って書いた看板のお店に入ったら、有料だと思っていた丸かじりのももはなんと試食。

丸々一個試食www
ただし、ちょっと傷のついたものとか、規格外の大きさのものとか。
もひとつ食べな!ってすんごい大きなももをぐいぐい押し付けてくるおばちゃんが素敵なのwww
パリッとしたももを皮つきのまま丸かじりして、もうお腹がいっぱいです。
そんなお店でももを買ったらプラム的なものをおまけしてくれて、ヘヴン状態でフルーツ公園をあとにしたのでした。

とりあえずお腹がこなれたので、お次は汗を流しに温泉へ。

ここはフルーツ公園からわりと近くにある、「ほったらかし温泉」。
敷地には、元湯の「こっちの湯」と新湯の「あっちの湯」がありまして、「あっちの湯」のほうが景色がいいのですって。
そしたら「あっちの湯」に行くに決まってます!
ちょうどゲリラ豪雨にあってしまい、「あっちの湯」に行ったらびしょ濡れになってしまいましたが、温泉にどぼーんうぇーいしちゃえば無問題!

……ちなみにわたし、フラッシュ脱毛のおかげでお股がおぱいぱん状態ですけれど、誰もひとのお股なんて見てませんからね、こちらも無問題でございましたw

この温泉は、ブルベの方達が寄ることもあるのだそうですよ。
夜明けとともにここでひとっぷろ浴びて、元気に走りに出るのだとか。
走っている最中に温泉に入ったら疲れちゃうんじゃないのかw

もちろんお約束、温泉のあとは腰に手を当て牛乳一気飲み。

生足は卑猥なのでモザイク処理
フルーツ牛乳が無くて残念、わたしは珈琲牛乳をごっくんしたのでした。


とりあえずこれだけは言える。
自転車と温泉の組み合わせって最高!
また自走でも輪行でもして、温泉に入りに行こうっと。
秋とか冬なら、さらに気持ちよさそうだねえ。


山梨行は次でさいご。


なにをほったらかしているのか
ブログランキング・にほんブログ村へ
わからああああああああああん
きれいで気持ち良い温泉でしたん!

815

「今日はすいとんにしよう」

と彼女が言った。

「なんで?」

「終戦記念日だから」

「あ、そうか」

今日はそんな日だった。



すいとんを作るのはわたし。

出汁を張った鍋に

だいこん
にんじん
ねぎ
かぼちゃ

たくさん野菜を入れて

小麦粉に少しずつ水を加えてよく練ったら

指でちぎって出汁と野菜の中に落とす。

味噌を溶いて、少しとろりとするまで煮たらできあがり。



ごはんも

おかずも

今日はなんにも無し。

いつもより少し大きな汁椀によそったすいとんは

おつゆの上まで野菜があふれて

それだけでごちそうだった。

「具だくさんすぎない?」

「ほんとうだ」

「昔はこんなに入ってた?」

「うすーいおつゆばっかりだった」



両手をあわせて、

いただきますをして、

ふたりで食べた。



「おいしい?」

「おいしい」

蝉の鳴き声を聞きながら、

おつゆをふうふうと冷ましながら、

汗をいっぱいかきながら。

滋味豊かなすいとんを

彼女はどんなことを考えながら食べたのだろう。



終戦記念日は、わたしにとっては今は亡き彼女を思い出す日だ。

戦争がどうとかこうとか

経験したことのないものをわたしが語れるはずもないけれど、

おいしいと言いあいながらおいしいものを食べられる毎日が

ずっとずっと続けばいいと思う。



8月15日は、そんな日。

おおつらいとうげ



お盆やすみ?

ないよ。





さて。
唐突ですが、ももがすきです。
くだものの中でいちばんすきです。
だいすきなのです。
だから、ももが食べたいのです。

「コーラさんももたべたい」
山梨でもも食いライドをしていたコーラさんのTLを食い入るように見ていたわたしは、コーラさんにおねだりをしたわけです。
そしたら、
「じゃあ大弛峠いっぽん登って下りたら、フルーツパークで桃食って、温泉入ってメシ食って帰りましょう」
ってお返事。
うおおおお盛りだくさんじゃああああああ
そんなゴージャスライドなんて夢のようじゃああああああ

しかし気になるのは大弛峠。

おおだるみとうげ。

名前は聞いたことがあるんだよ。
東京の大垂水峠(おおたるみとうげ)と名前が似ていて混同されるところだよ。
その場所の内容をちらっと聞くだけでもなんとなくやばげなので、生涯行くことはないと思っていたところだよ。
そしたらもう一人の同行者ウマナミ氏いわく
「登って下るだけなんだけど距離がアレですよ。でも斜度がそんなでもないからクソ坂というイメージは湧かないかもですよ」
本当だな?
嘘ついたら浣腸するからな?

そんなわけで。
8月某日、始発に乗って相模原市へ、そこからコーラさんの車でトランポして山梨へ。

山梨ってすごいね!
山しかないんだね(白目
しかも市街地のまわりがぐるっと山に囲まれていて、盆地になっているもんだからクッッッソ暑いのね!!
道の駅に到着して車から降りたら、お日さまが痛いのなんの、やばいよやばいよ。
こんなところ走ったら焼けちんでしまうんでないかい。

そんな山梨、大弛。
道の駅まきおかという所からすぐ近くに登り口があるのですね。
登攀前におにぎりを二個頬張って、どっこいしょーと登り始めましたよ。
ここに来る前にコースプロフィールを知ってしまうと嫌になってしまいそうだったので、何もググらずに来たのですね。
知っているのは、コーラさんから聞いた
「30km延々登り。平坦ほぼ無し」
ウマナミ氏から聞いた
「平均勾配7%無いくらいかな?」
なかなかひどい感じです。
まあでも、斜度はそんなでもない、クソ坂ではない、と聞いていたのでなんとかなるでしょう。

「あれ…?」

あれ?
あれあれ?
やばい、これはあれだ、もうしょっぱなからつらいやつだ。
なんか結構な勾配の一本道で、日陰もなくてあかん感じ。
これは確実にクソです。
うんこです。
でも来ちゃったからには仕方がないので登るしかないんです。

そうそう、道中約15kmの地点に乙女湖という湖がありまして、そこに補給ができる山小屋と自販機があると聞いていたのです。
山小屋はボーイスカウト的な子供たちのイベントで貸し切りだったため利用できませんでしたが、自販機で水分と糖質が補給できてありがたかったでした。

小休憩ののち、再びのろのろ。
なんかすっごいつらいんですけどね、ガーミンさんの勾配表示がやばい数字を出しているんですよ。
で、ぺちゃくちゃお喋りしながらポタっている二名に伝えても、
「え~そんなに無いでしょwww」
って信じてくれないんですよ。
あんたら体内の勾配計がブッ壊れてるんでないかい。
今これを書きながら初めて大弛峠についてググってみたら、このあたり最大で15%あるとか書いてあるじゃねえかwww
どうりでつらいはずだよ!!ひぃひぃ!!

ついた。
IMG_20170806_123301 (1)
なんだこれ。

なんだこれ!
なんだこれ!!

登ったらこれしかない。

ガスってて絶景もない。

ここからちょっと歩くと夢の庭園っていうすんごい絶景ポイントがあるって聞いたけど、まっちろでなんも見えないからどうにもならん。

う…

う…

\( 'ω')/ウオオオオオアアアーーーーッ!(錯乱

つらかったのに!
つらかったのに!
なんもご褒美が無いよ!!!!
こんな小汚い看板とかわけわっかんねーわ!!!!
IMG_20170806_123328 (1)
ちゃっかりダンボー乗っけて撮ってるけどね!
まあ15km地点のボトル補給以外では脚付きしなかったからね、わたしにしちゃよく頑張ったと思うよ。
でもそれだけの話だ。
ちっとも速くなかった。

ちなみに、おにぎり二個だけ食べて登ったらめっちゃおなかがすきましたよ。
獲得標高はだいたいヤビツ三本分くらいかなあ。
わたしはヤビツ一本でおにぎり一個が必要だから、三個食べていくか、もう一個持って行けばよかったかも。

そしてダウンヒル。
ここは冬季閉鎖の僻地ですのでね、路面も状態がよろしくないのです。
路面は一部ウェットで、穴ぼこが大小さまざま、亀裂なんてそこかしこ。
枯れ木なんかの落下物もあって車もたまに通るので、落下物を避けるときに車が来たりするとドキドキしちゃう。
長い長い下りの道、高い集中力が求められます。
下ハンを握りしめて九十九折を右へ左へ、ダウンヒルには身体全体を使うのだとこの時知りました。
そんでコーナリングは下ハンのほうが断然安定していて楽ちん!

ただ、この時期でもウインドブレーカーはあったほうがいいんだねえ。
標高が2000mくらいあるから、下りの最初のほうは寒くって、身体が冷えてしまいましたよ。

身体が冷えてしまったのと、路面の横ヒビの突き上げがきつく手が痛くなってしまったので、行きにも来た自販機のあるポイントでひとやすみ。
IMG_20170806_131243 (2)
生足は卑猥なのでモザイク処理
登って4時間
下って1時間
これだけでもう一日分の気力体力を使い果たした60kmの大弛峠ライドだったのでした。

しかし心残りは夢の庭園…。


つづく。


浣腸を
ブログランキング・にほんブログ村へ
覚悟しろおおおおあああああああ

さなぎ

今日は途中からあんまり自転車関係ないお話。

雨のヤビツから日にちは少しさかのぼって、夏祭りの翌月曜日は午後からお休みだったのです。
14時頃に仕事から帰宅したので、あちちーな中を走りに行きましたよ。

午後から走るといったらだいたい短めのミウライチ。
ただね、いま三浦半島は海が開いているし夏休みだしで、時間によっては人と車がいーっぱい。
自転車で走るのにはあまりいい時期じゃあないのですね。
特に三浦海岸周辺は、車道と海岸の距離が近くって、車道を挟んだ反対側にお店があるせいか、信号の無いところから飛び出して横断する人がたまにいるのでご注意ですよ。
お盆以外の平日の午前中ならそんなに混んでいないかな。

そういやその三浦海岸で変な落とし物を発見したよ。

「ファッ!?」って思わず見に戻ってしまったわwww
カラッカラに干からびた30cmくらいのお魚だった!

これなんのお魚?

ぜいごが無いから鯵じゃないんだよね。
とんびが攫っておいて落っことしちゃったのかなあ、ずいぶん食べでのある大きさなのにもったいない。

そんなこんなで毎日自転車に乗っているわけです。

翌日の火曜日、やっぱり空き時間に走りに行って、帰ってきて玄関の鍵を開けようとしてふと足もとを見たら気づいたのですけれどね。
虫が苦手な方は閲覧注意。







さなぎ。
何アゲハかわからんけどアゲハ蝶のさなぎ。
玄関横の建材に宿取っちゃった。

うちには色々と植物が植えてあるのですが、虫が付いていても農薬等を一切使わない(鳥かごが近くにあるため)ので、手で取り逃した虫がちょろちょろいるのです。
柑橘類が2種類3本植えてあるので、アゲハの幼虫も混じっていたもよう。

そんなさなぎ。
さなぎの中って、一部の組織を除いてどろどろの液体なのですって。
ちいさな栄養の海に漂う、呼吸器と神経。
それだけ。
なのに、触ると威嚇して動くんですよ。
キュッ、キュッ、って鳴きながら。

何年か前に、オオシモフリスズメガっていう日本でいちばん大きな蛾のさなぎを手に持たせてもらったんだけど、カチカチに硬くてコロコロと転がせたのね。
んで、それをつんつんつつくとびよんびよん跳ねながら、キュッキュッって鳴いていたのです。
それを思い出したので、我が家のアゲハのさなぎをつついてみましたよ。

つんつん。

ぴちぴち。

きゅっきゅっ。

うおおおお跳ねた!鳴いた!楽しいwww
つんつんつんつんつんつ…
…そこらへんで勘弁してやりますw
ちなみにカブト虫のさなぎは蛹化してすぐに触るとちんじゃうので触っちゃだめですよ。

そしてまたミウライチをしたりして。

毎日自転車をお家に入れる時に、さなぎにぶつからないように気を付けて、羽化を待ちわびます。

数日後。

アゲハのさなぎが、茶色く変色してしまっていましたよ。

幼虫のうちに寄生虫(主にハチ・ハエ)に寄生されていると、さなぎはだんだんと変色してくるのですって。
さなぎの中の栄養で寄生虫が育ち、宿主の蝶は死んで、さなぎを食い破って寄生虫の幼虫が出てくるのです。
実際、その後もさなぎを撤去せずに観察していたら、数日後にさなぎの下に寄生虫の幼虫が転がっていましたよ。
うえーぎもぢわるい。
こういうの、エイリアン映画にあったねえ。

夏のさなぎが寄生虫に侵されている確率は約90%。
お外を飛んでいる蝶々は、奇跡のような存在だ。


7月の主なおはなしはそんな感じでおしまい。
走行距離はだいたい1500kmだったかな。
頬骨と鼻の頭ばっかり焼けちゃって、ますます変なお顔になってしもたん。


アリーとアネッサで
ブログランキング・にほんブログ村へ
お顔べったべたあああああああ
毛穴も開きっぱなし/(^q^)\

あめにふられてやびるんるん



7月30日の日曜日。

早朝は雨予報だったので、自転車に乗るには遅めの5時過ぎに起きたら、雨は降っていなかったけれど路面はウェット。
まあ、これはそのうち乾くでしょうとゆっくり支度をして、予想通り路面の状態が良くなってきた7時過ぎにスタートです。

この日はね、夕方からご用があったので、ソロでヤビツに走りに行ったのです。
二週連続でヤビツか…と思わないでもなかったのですけれど、100kmちょっとを6時間で帰ってこられるっていうのがほんと丁度良いのですよ。

しかしどういうわけか、天気予報では晴れてくる予定だったのに、滑川に出たあたりで雨が降ってきてじっとり。
晴れてくるはずだからとそのまま走っていたら、茅ヶ崎あたりでびちょびちょになってしまいましたよ。
ワイズのあたりで一旦雨雲レーダーを確認したら、これから向かう平塚側からでっかい雨雲が向かってきているじゃーありませんか。
向こうから来る雨雲、そこに向かう自転車。
同じ方向に行くのではないのだから、このあと降られてもせいぜい1時間くらいだろうと腹を括り、雨雲に突っ込みましたよ。

ただね、予想通りの時間で大きな雲は抜けたけれど、低い位置にある雨雲ってレーダーに映らないらしくって、結局秦野に入っても小雨に晒され続けました。
名古木についた頃にはバイクもジャージも砂だらけ、お靴はぐちょぐちょ。
わたしは特にお靴の中が濡れるとテンションダダ下がりになっちゃうのです。
うーんもう帰りたい。
でも名古木まで2時間かけて40km走って来たのに、ヤビツ行かないでまた2時間40kmとか意味わかんない。
それに、峠の売店で先週売り切れていたお菓子を買いたかったので、仕方なく登ることにしましたよ。

しかしだね、たいして高くもないと思ってもやっぱりお山。
菜の花台から先は本降りの雨だったのです。
水に弱いハブのレー3で来てしまったことを大後悔しましたよね、RS11に履き替えておけばよかった。

ここまで来てしまったからには仕方がありません。
やけくそやびるんるんなのです。

るんるんする要素がひとつも無いわい!

ちくしょー!
おやじ、お菓子だお菓子、お菓子をよこせ!!

さすがにこのお天気だと登って来る人も少ないようで、わたしで3人目だったとか。
おかげでお菓子もぜんぶそろってた!
欲しいものはぜんぶ買い占めた!

ちなみに、いつもおやじおやじ書いてますが本当におやじ呼ばわりなんてしていませんよwww
おっちゃんはとっても変ないい人です。

峠の気温は22度。

お菓子をひとつ食べて水分を摂ってひと息ついたら、もういいお時間。
夕方からの用事に慌てて出たくなかったので、すぐに引き返します。

がっつり雨のダウンヒルはこわいねえ。
濡れた身体は冷えるし、ブレーキレバーを握る指は雨ですべってしまうのだもの。
それでも天を仰げば顔を打つ雨は心地よくて、身体が濡れる気持ちよさと気持ち悪さが混在して不思議な気持ち。

さてさて!
無事におうちに帰り着いたら、自転車のお手入れもそこそこにお出かけの準備!
電車に飛び乗って武蔵中原という駅で降りたら、お店でかんぱーい!!

この日の夕方からの用事というのは、先日お仲間に加えていただいたチーム、ゲリラ豪雨のみなさまとの飲み会だったのです。

相当緊張していてやばかったのですが、みんな自転車大好き!で気さくな方達ばかりで、いつの間にかいっぱい笑っておりましたw

お酒を二杯飲んだら、ヤビツの疲れと相まってちょっと寝そうになったりもしつつ、おいちい楽しい時間を過ごさせていただきましたよ。

趣味のお話が止まらなくて、ごはんもデザートも美味しくて、大満足でございましたん!

また予定が合えば参加させていただきたいな。


そんな感じでおしまーい!


自転車のお掃除が
ブログランキング・にほんブログ村へ
大変だったあああああああああ
砂だらけになっちゃった。

およびだし



とある7月の日曜日に夏祭りがあったのですよ。
毎年この日はお祭りのお手伝いとお仕事があるので、走りに行けないのです。
いや、厳密には途中で脱走して2時間くらい近場に走りに行くのですが、がっつりごりごりロングライドはできないのですね。
なので、前日の土曜日のお仕事前に走りにいくことにしたのでした。

さて。
土曜日は夕方からお仕事があるので、走れる距離は時間的にだいたい100kmくらい。
走りに出たらおいちいものも食べたいな。
じゃあお手頃なヤビツにでも行って、そのあとあっちであれ食べてそっちであれ食べよう!
ついでに誰かを道連れにしてやろう!

そんなわけで、6月にGPSお絵描きをしに静岡に行った際ご一緒したウマナミ氏をお呼び出しです
静岡からだとだいぶ遠いな~とも思ったのですが、わたしが名古木まで2時間で、静岡からも車で2時間くらいらしいので、トランポすればいいんじゃねと思った次第。


鳥「ヤビろうぜ」
馬「自走するぜ」


(゚д゚)


たしか静岡にあるウマナミ氏のおうちから名古木まで、100kmくらいあるのですけれどね。
さすが600kmを一番乗りで走り切るランドヌール、100kmなんて前菜みたいなものなのでしょう。
じゃ、100kmを走ったあとにヤビツ40分切りでも目指していただきましょうかね。

そして土曜日の0時すぎ。
馬「出るっす。ふひ、ふひひひ」

生足は卑猥なのでモザイク処理
あかん、錯乱してくつ下履き間違えとる。

ヘルメットにもライト、反射ベスト、それにバイクは前後二灯体制だったかな。
完全なブルベスタイルです。
それで夜間に箱根を越えて小田原に出て、R1からR134に出て平塚まで走っちゃうんだって。
ランドヌールって、すごい!

そうそう、わたしも近々ブルベデビューすることになったのですよ。
ロングライド大好きだし、いつかは挑戦してみたいなーと前々から思っていたのです。
エントリーしたのはいちばん短い距離ですけれどねw
でも短い距離とはいえ、それなりに暗い道を走る機会がありそうなので、ウマナミ氏の装備は是非とも参考にさせていただきたいところ。

さて。
そんなこんなでわたしも5時過ぎに出発しましたよ。
夜通し走ってきたウマナミ氏とも無事合流いたしまして、名古木でボトル補給をしたらえっちらおっちら登ります。
登り切ったらもちろん峠の売店でお菓子。

冷蔵庫で冷えっ冷えになったレモンケーキをいただきましたよ。
今の時期、パウンドケーキの類は冷やして売っているみたい。
しっとりひんやりでとってもおいちいのでしたん!

くつ下履き間違えたおっさウマナミ氏は腰に手を当てヤビコーラいっき飲み

生足は卑猥なのでモザイク処理
やらせですけどね。

さてさてさて。
お菓子を食べてヤビツを下ったら、二宮方面へと直進しますよ。
とってもお久しぶりのあれを食べに行きたかったのです。

山小屋さんとこのぱっふぇー!!

ああ…
相変わらず美しいカットとデコレーション///
ちょっと値上がりして、700えんになっちゃいましたが無問題!
りんごの芸術的なフォルムにうっとりしながらおいちくいただきましたん!

ちなみにランチタイムになるとぱっふぇーは受付不可なのですよ。
事前にお聞きしたところ、混雑具合によるけれど11時くらいまでならおkと言われました。
でも、なるべくなら14時以降がいいみたいですよ。
食べログ→山小屋

そんな感じでだいぶお腹いっぱいなわけですが、なりふり構わずお昼ご飯を食べに行きましょう
本当はお昼ごはんのあとにデザートと行きたかったのですが、前述のとおり時間に制約があったのでお昼ご飯がおやつの後になったのです。

そしてこちらもお久しぶりの、平塚漁港の食堂。

お腹いっぱいだけどな~と思いつつ、いやしんぼなので海鮮丼をいっただっきまーす!
うま!うま!
けど、
おいちい、ぐるぢい、もう入らないwww
食べログ→平塚漁港の食堂

そんな感じでやびるんグルメぽたはおしまい。
ウマナミ氏はこのあと再び箱根峠を越え、函南まで走って残りは輪行したのだそうな。
走行距離は240kmくらいだったかな。
この暑い中をそれだけ走れるって本当にすごいことです。

そんなわけでウマナミさん、お疲れさまでございました。
遠いところからお越しくださり、お付き合いありがとうございましたん!
また自走で今度は三浦半島まで来るといいよ。

わたしも無事に走り終え、少し休んで夕方からお仕事。
翌日は曇天の過ごしやすい気温の中、お祭りのお手伝いをしましたよ。
前日に走っていなかったら、鬱憤が溜まりすぎてばくはつしてたかもしれん。

まあ脱走はしましたけどね。

お手伝いがひと息ついたところで脱走し、湘南うん国際村までひとっ走り。
前日の充実したグルメとは打って変わって、これだけ食べたら退散ですよ。
曇ってて走りやすい日だったのにこんちくしょーめ!こんちくしょーめ!!



そんな感じで結局は鬱憤が溜まった7月のとある日曜日のお話なのでした。



なんでか知らんが次の週も
ブログランキング・にほんブログ村へ
ヤビったああああああああああ
さかみちはきらいです。

きあいいれなおし


そういえばもう二週間くらい前なんだけど、会社の健康診断の結果が返ってきたのですよ。
はじめて尿たんぱくが擬陽性になっちゃった。

運動量が多いと腎臓に負荷がかかるのだそうで、問題ないとかなんとか。
特になにも言われなかったから、大丈夫なんだろうよ。
また来年の結果次第かな。

さて。
日曜日のあざみでずんどこまで落ち込んでいたわけです。
前日の土曜日に三浦半島一周したのも阿呆だったし、箱根を自走して越えたのも阿呆だった。
でもいちばん阿呆だったのは、チャレンジせずに帰ったことだ。

そんなへたれた自分に気合を入れ直すために、翌月曜日の午後の半休、クッソ暑いなかチームジャージで走りに出ましたよ。
チームジャージって、私にはとくべつなもの。
これを着たら、道路上でいい加減な行動はできないし(もちろん普段からいい加減なことをしないよう心掛けておりますよw)、気持ちがしゃきっとするんだもん。

しゃきしゃき!
こぎこぎ!
うむ、いい走りができているではないか。

しゃきしゃきこぎこぎぷしゅー

あああ…いい感じで走れていたところでパンクの神様が来ちゃった。
IMG_20170717_161835 (6)

貫通していたのでタイヤブートで応急処置。
IMG_20170717_162844 (5)
いい機会なので、アンカーのあんこさんもコンチ4000sに交換することにしましたよ。
4000s、とっても使い心地がよくてお気に入りになったのです。

そんな感じで、ゆるんだ気持ちを入れ替えていっぱい走っています。
ちゃんと走ったらAV.が5km/hくらい上がったの。
いかにいままでゆるゆるしていたかがよくわかったの。
そのかわり常にぜえぜえ、帰宅するとばたんきゅう。
日の長い今のうち、走れるだけ走っておかなくちゃ。

そういえばね、先日お洋服の整理をしたのですね。
あんまり着ていなかったシャツに腕を通したら、ぶっかぶか!
もうみっともなくて着れないくらいぶっかぶか!
2サイズくらいダウンしていたの。
もったいないなあと思いつつ、もうあの体型には戻らないぞ!ってぜんぶごみ袋に突っ込みましたよ。
その量、40リットルの袋ひとつぶん。
これでもまだ半分くらいかな、冬物も整理しなくっちゃ。
仕事で着るコックコートも、次はもうワンサイズ小さいのをオーダーできそう。

今年中にあと5kg、できれば10kg。
10kg減らせたら脱皮しようかな。
がんばろう!

とりあえず
ブログランキング・にほんブログ村へ
4kgは減ったぜええええええええええ