FC2ブログ
 

さかみちはきらい。

ふたりのはじめて



大磯の初心者カテゴリに、くつした履き間違えおじさんのウマナミ氏が初参戦されたのですけれどね。

舐めてるんですよ。
「最初から飛ばして逃げよう、ふへへ…」
舐めてるんですよ。
「40km/h巡航すりゃ勝てるだろ、ふへ、ふひひ…」
舐めてるんですよ。

大磯のコースでAV.40km/hって、スポーツクラスレベル。
本当に40km/hで逃げたりなんかしたら、ただのカテゴリ詐欺でフルボッコものです。
まあ、だめでしょうけどね。

まあ、だめでしたよね。

股間のもっこりは卑猥なのでモザイク処理
風除けとして使い捨てられてしまいました。

ははは駄馬め。

そしてですね、わたしが最近仲間に入れていただいたチーム「ゲリラ豪雨」の最年少メンバーである高校生君も参戦したのです。
彼は初参戦で初優勝、最後のスプリント勝負がめちゃくちゃかっこよかった!

ゲリメンバーもたくさん応援に来ていました。

馬「クリテ舐めていましたごめんなさい」
高「よきにはからえ」

ウマナミ氏は出直してくるそうですが最後に泣き言を言っていましたよ。
「このカテゴリの普段のAV.って32km/hくらいじゃん、なんで今回37km/hとかあるんだよぉ…(泣」
そりゃあなた、あなたが最初からぶっ飛ばしていくから、後続がそれに続いちゃったんでしょうよ、戦犯が何を言っているのさ。
実際のところ、脚力に大きな差が無いのなら大人数での集団走行ってAV.はあんまりあてにならないんじゃないかな???

高校生くんは表彰台へ。

おめでとうおめでとう!!
今回は残念ながらチームジャージが間に合わなかったけれど、次回出場するときはゲリジャーでゲリラ豪雨を布教しましょうぞ!!

レースって面白いよねえ。
ゴール前のスプリント中、自分でも知らなかったような暴力的で情熱的な激しい感情が、恥ずかしげもなく剥き出しになる瞬間があるの。
そんな自分がいたことを知るのはとても衝撃的なのだけれど、たとえ負けてもレース後の自分を確実にポジティブな方向に変えていくの。
もっとがんばろうと思えるの。

高校生君とウマナミ氏は、これからどういうふうに変わっていくのだろうね。
そういう過程をじっくり観察できるのも、チーム員の旨味だねえ。


優勝おおおおおおおおおおおお
ブログランキング・にほんブログ村へ
おめでとおおおおおおおおおお
高校生君から副賞は奪えなかった…

スポンサーサイト



おおいそはじまりました



11月19日の日曜日はまっくらな中、午前5時ちょっとすぎにスタート。
先月から始まるはずだった大磯クリテリウムの観戦に向かいますよ。
10月は台風の影響で中止となったため、今年は11月にシーズンインとなりました。

大磯の最低予想気温はたしか7℃くらいだったかな、海沿いだから風も冷たいだろうしと、着ていくものに悩んじゃう。
そして装備は、
・ファイントラックフラッドラッシュパワーメッシュ
・裏起毛インナー
・夏用雑兵ジャージ
・裏起毛サイクルタイツ
・ハーフパンツ
その他、サコッシュにひざかけとパーカーを入れておきました。
結果、

寒いイイィィィイいい

なんだよなんだよ、7℃なんてこれ絶対に嘘じゃないか!耐えられないじゃないか!
冬用ジャージも持って行こうかと考えてはいたのですけれどね、いらないだろうと高をくくったらひどい目にあいましたよw
というわけで、ローソンに買い出しに行ったときにカイロも買った次第でございます。

雑兵テントの設営のお手伝いをするために早めに来たのですが、会場に着いたらまだ誰もいなくって、ちょうど朝焼けがきれいだったのでぱちり。

ふらふらしていたらいつのまにかテントの設営が始まっていましたよw

今年はクリテのコースが変更になったので、運営に問い合わせをした上で去年のテントの位置より少し後ろに下がったところに。

そうそう、コースはせまいS字クランクが出来たり、100mくらい距離が延びたりといろいろ変更になったのですよ。
S字クランクはいやだなあ、わたしには苦手なコースw

テントの前にはたいちょうの真っ赤なトマトちゃん。ドグマちゃん。

メンバー募集の広告を貼って、新規隊員を手ぐすね引いて待っているようです。

募集要項とかはめんどくさいので書かないですが、とってもわかりやすいborikoさんの告知記事を貼っておきますね。
ぼりこずばんかむ
「たいちょうと行く、ゆるぽたおデートが抽選で当たる!」みたいなキャンペーンでもやったらいいのに。

なかなかお日さまが出てくれない寒空のなか、試走がはじまりました。


じぶんの出ないレースって、なんて気楽なのでしょう。

あったかいお茶でも飲みながら、のんびりまったり見学しましょうかね。


し、し、し、
ブログランキング・にほんブログ村へ
しばれるあああああああああああ

まわしたとりにく



衝撃のにくじる現場を激写!

このダン箱がガイシャか…

と、いうわけで、今日もショップのトレーニング施設でローラーをぐるぐるしてきましたよ。
どうにも最後に心拍を上げきれなくてねえ、このこんじょなし!こんじょなしー!うわーん!ってなっちゃうw
STRAVAのログに、心の弱さが如実に顕れているよ。

今日は今年買ったのに一度もお外で着なかったsportfulのジャージ。

なんでだろね、ジャージとピチパンそれぞれLサイズを買ったのに、ピチパンは少しゆるめでジャージはぴっちぴちのむっちむちなんですよね。
わしゃケツがでかいんだから、普通逆だろと。

来年の夏にはジャストサイズになっているかしらん。
せっかく買ったんだから、お外で活用したいよ。

今日は時間が無いのでこれでおっしまい!



ばりばりばりばりばりばりばりばり
ブログランキング・にほんブログ村へ
ぎゃああああああああああああ
って裂けたらどうしよう…

まわせとりにく


走れメロス的な。

さて。
今年のはじめ頃から通いだした土曜日のショップのスクールトレーニングは、ほそぼそと続けておりますよ。
雨で行けなかったり、翌日の日曜日にレースがあったりイベントがあったり、その他諸々理由があって、月に1、2回くらいしか行けないことが多いのです。
なので、事前に予定がわかっている時は平日にトレーニングに行ってみることに。

ショップ併設のトレーニング施設は、スクールが行われていない時はお安く使わせていただくことができるのです。
GTローラーは、1時間1000円くらい。
工業扇とはいきませんが、サーキュレーターも使い放題。
壁面は二面が鏡張りでポジションを見ることもできるし、更衣室やらシャワールームもあって快適!
今週も行けたら行こう。

今年は一度もお外で着なかった、マローヤのあほかわいい鳥さん柄ジャージでローラーぐるぐる。

汗だくだくになってきつくてきつくて、それでも最後に上げまくって回しまくってタイムアウト。
直後に身体は震えるし涙と嗚咽が漏れて、きったないばばあの顔を晒してしまいましたよ。
んでも心身ともにさっぱりして気持ちよかった!

これをおうちでできるかといったらできないんだよねえ。
おうちにもローラーはふたつあるんだけどねえ、やる気が起きないんだよねえwww
でも自分の立ち位置を知っているから、練習はしなきゃいけないと思っているのです。
ビギナーより上のカテゴリのレースだと、わたしはまだまだ足切りレベルで弱いのですもの。

来年の目標のためにも、ドMド変態特殊性癖有りのメス豚は、冬のあいだもこつこつとセルフ調教であんよをいじめていきますよ。


そうそう、ショップのレジで精算しているときにへんなものを発見w

さすが吉本、とっても良く出来ているのですよ。
ぱっと見は完全におくすりですが、中身はラムネ。
原材料はぶどう糖かお砂糖だろうから、ローラー中に服薬?するといいかもですねえ。
瓶に直接口をつけてザラザラと流し込んだら、オーバードーズと思われて通報されそうw


お仕事→ローラー→お仕事で
ブログランキング・にほんブログ村へ
ちんだあああああああああああ
ああんもっといぢめて(*´Д`)ハァハァ

ひみつのさがみはらいど  そのさん



相模原行はこれでさいご。

朝にパンを食べてからずーっとおなかがくるちいままなので、とにかく消費しなければなりません。
消費して、おなかにすきまを作らなきゃ。
甘いものをねじ込むためのすきまを…!

なので牧馬峠。

牧馬峠に来るのは二度目なんだけど、ここは一度目も二度目も登り切ったあとに
「く…っ!!余計な体力を使わせやがってこのクソ峠め…!!」
って思わせる峠なのですよ。
みずから余計な体力を使いに来ているのにキレちゃう峠。
絶景のご褒美も、ヤビツみたいに売店のおいちいお菓子もない。絶望しかない。
でもここはお手頃にカロリーを消費できて便利だねえ。
おかげでおなかにすきまができましたよ。

なのでごほうびなのです。

はちみつをたっぷりかけたジェラートじゃ~
どんだけカロリーマシマシにするんじゃ~

日向でぽかぽかしながらのジェラートは、たいへん美味しゅうございましたん!

そうそう、牧馬から宮ケ瀬方面に戻る途中、気になっていたところがあったので裏道志を通ってもらったのですよ。

着いた着いた、トラックがかっこいいねえ!

気になっていたのは、チーム右京の合宿所なのです。

コーラさん「たのもー!って言ってみなよ」
みおこさん「言って言って!」
わし「(´-`).。oO(おまいら鬼か」
ちょうどツール・ド・沖縄の開催されている日でしたのでね、誰もいらっしゃらないご様子で、道場破りはしないですみました。
あやうくちんでしまうところだった…!

このあとはですね、メインディッシュ(あれだけ食べておきながらこれからがメインディッシュ!!)のぐるぐる肉棒とアッポーパイを食べに行く予定だったのですけれど、食べに行くと帰りが真っ暗になっちゃうお時間だったのですね。
輪行袋を持って来て電車で帰ればよかったのに、いらないかな~?って持ってくるのをやめちゃったのでした。
もっと走れるあんよがあればコンプリートできたのでしょうけれど、残念ながらそんなものは持ち合わせていないので、あきらめて帰ることにしたのでした。

みおこさんとコーラさんとお別れして、宮ケ瀬湖から土山峠を経由して伊勢原、そしてR134に出て鎌倉・逗子方面へ。

帰りに一生懸命踏ん踏んしたおかげか、帰宅したらおなかが減っておりましたw

相模原はひぃひぃ言わされる坂がいっぱいだけれど、グルメスポットもいっぱい。
今後もいろんなお店を巡らなければ。

コーラさん、みおこさん、今回もお付き合いありがとうございました!
おいちいたのしい相模原でございましたー!
次こそはぐるぐる肉棒&アッポーパイ、あとはなに食べようかなwww


んでも相模原は
ブログランキング・にほんブログ村へ
寒いんじゃあああああああああ
ウィンドブレークのウェア買おうかな

ひみつのさがみはらいど  そのに



昨日は大磯クリテリウムだったので、ひやかし応援に行ってきましたよ。
朝6時半くらいに到着した大磯の気温は、予報では7℃くらい。
でももっと寒かった気がするんだけどな。
そのうちお日さまが出てきて、日向にいるとぽかぽかだけど、日がかげるととたんに寒くなっちゃうのね。
雑兵の夏ジャージ(雑兵ジャージは夏用しか持ってない)の上に着る冬ジャージを持って行こうか悩んだ末に、荷物になるのが嫌だからと持っていかなかったら大後悔でしたんw


さて。
相模原ライドの続きですよ。

雰囲気の良いお山の中、鼻歌まじりのコーラさんの横でぜぇぜぇひぃひぃ言いながらも、たまに紅葉しているところでお写真ぱちり。

いいねえいいねえ。
ちにものぐるいで走って息も絶えだえなわたしの目の前にあるのは、ただ時間の流れに身をまかせて寒さに耐え、静かにたたずむ木々なのです。
「わし…なにやっとるんじゃろうか…」
って一瞬我に返れますよw

そんな苦行を乗り越えて、やっとたどり着いたごはんポイント!
距離にすれば朝の待ち合わせ場所から10kmもないと思うんだけど、勾配的には遠いところでしたん。

そんなわけで、いっただっきまあああーっす!!

モザイクかよ!

期間限定数量限定かつ、あんまりおおっぴらに書くと各方面にご迷惑がかかってしまうようなので、詳細は伏せる感じになってしまいましたん(;´Д`)
でも、ちょっと調べればだいたいわかると思います!
わたしは去年からここに行きたくて行きたくて仕方がなかったのですが、行ける時間がとれた時にはもう提供を終了していたので、念願のごはんだったのでした。

ついでにサイドメニューも追加。

ついさっき食べたばかりのパンとここのごはんで、お腹がもうくるちいのなんの。
わし「ああ~くるちい~おなかいっぱいい~」
コーラさん「じゃあ次、食べに行きましょうか」
わし「ヒイイィィィィィィイ(大歓喜)」

生きて帰れるんじゃろうか…
いぶくろパーンになるんじゃなかろうか…
ああ、お空がきれいだなあ…

現実逃避。


あまいものは
ブログランキング・にほんブログ村へ
べつばらあああああああああああ

ひみつのさがみはらいど  そのいち



11月12日の日曜日は、朝5時半頃にスタート。

玄関を出たら、もちろんお外はまっくら、それにさむーい!
ガーミンさんに聞いてみたら、逗子市は13℃ですって。
でもね、天気予報はまる一日晴れ!
お日さまが出たら、きっとすぐに暖かくなるでしょ。
走っていれば汗だくになるもの、大丈夫、大丈夫。

そんなわけで、この日の装備。
・裏フリースのインナー
・夏用サイジャ
・裏フリースアームウォーマー
・薄メリノネックウォーマー
・スポーツ用ショーツ
・裏フリース240デニールタイツ
・夏用レーパン
・背中にパーカー

・フロントライト1灯
・リアライト2灯(バイク、ヘルメット各1灯ずつ)

今回は相模原市を走りますよ。
みおこさんと、おひさしぶりのコーラさんが遊んでくれるというのですもの、くいしんぼうが集まるのですからおいちいものを食べに行かなくっちゃ!

3時間走って8時半ぴったりにお気に入りのパン屋さんに到着!

おなかはもうぺっこぺこでハンガーノック寸前。
この日はねえ、朝ごはんを食べる時間が無かった上に、50km先の待ち合わせ場所まで無補給だったのですよ。

お店に入るとどれもこれもたまらんパンが並んでいるじゃありませんか。
あれもこれも食べたーい!って迷って甘いパンばっかり3種類選んでテラス席に持って行ったら
コーラさん「これから死ぬほど食うのに」

アッヒョ/(^q^)\

しまった、もうここからすぐに第一ごはんポイントがあるんだった…。
しかもパンをふたつ食べたあたりでおなかいっぱいになってきちゃった…。
三個目の半分でギブ!ビニールに戻して背中ポッケにインしておきましょい。


それにしても、相模原市は寒いねえ!
お日さまが出ているのにも関わらず、気温は8℃だって。
夜明け前の逗子より5℃も寒いんだよ。
夜は一体何度まで下がってしまうんだろう…。

さて。
コーラさんとみおこさん、そしてみおこさんのお友達が時間縛りでMTBで参加。
みんなでパンをうまうましたら、さっそく相模原を堪能しに行きましょう。

ぴっかー!

いいお天気!
相模原はほんとに坂ばっかりだよねえ、やっぱり走り始めたら汗がじんわり出てきましたよ。

こうやって見てみると紅葉はもう少し、あと一、二週間くらい先が見ごろだね。


さすが車と信号がきらいなコーラさん。
どちらもほとんど無い、気持ちのいい道を知っています。

そしてさすが坂が好きなコーラさん。
見た目はちょっと裏ヤビツっぽいけれど、もっときっついw

お山全体はまだだけれど、ところどころいい感じに色づいていましたよ。

本当は明日の土曜日にもういちど見に行こうと思ったのですけれどね、雨予報になっちゃった。
今年はまだいちどもちゃんとした紅葉が見れていないのにな。
しょんぼり。



おなかがぜんぜん
ブログランキング・にほんブログ村へ
へらないよおおおおおおおおお
パン食べすぎ。

にしいずじごく  そのよん



今回、進行方向前方に富士さんが望めるコースだったのだけれど、まだ季節的に早かったみたいで富士さんはうっすらだったりちょっともやっていたり見えなかったり。
もう少し寒くなって空気が澄んだら、お昼頃でもくっきり美人な富士さんを望むことができそうですよ。

でもねえ、景色は富士さんだけじゃないよ。
雲と夕陽にうっとりしちゃう。

時間が気にならないなら、日が落ち切るまでずっと眺めていたい景色でしたよ。
ふたたび同じ形を成すことはない雲、その陰影のなんとうつくしいことか。

そこから20分くらい走ったところの岬で、とうとう日没を迎えました。

秋の日はつるべ落とし。
ほんとにあっという間だね。

ここから先は、街灯がほとんどない鄙びた道の夜間走行となりましたよ。
何もない場所だから車も少ないだろうと思っていたら意外に対向車も後続車も多くて、ライトを二灯ずつ用意しておいて本当によかったです。
ブラインドコーナーで対向車とすれ違うことも何度かあったので、目立つことはとっても大事。

そして19時前に沼津駅に到着!
自転車をパッキングして、某ファミレスにピットインしましたよ。
店員さんに自転車を持ち込んでいいかとお伺いしたら、待合席の椅子をいくつかどけて三台分のスペースを作ってくださいました。
ありがたや、ありがたや。

とりあえず失ったたんぱく質を補給せねばね!
とりむねにくを食べましょうかね!

ともぐい!うま!うま!

すかさずビールを呑む輩もおりましたん。

これで、地元の駅に帰り着いたら自転車を引きずって帰ることが決定したのだそうな。

わたしは走っている最中はなんとも感じなかったものの、どうもハンガーノック寸前だったみたい。
ちょうど駅についたあたりでエネルギーを使い切ったのか、身体、とくに指先が冷えて、少し震えが起きたので、暖かくて糖質高めのものを食べたら心底ほっとしましたよ。

それでもあんよはまだだいぶ残っている感覚があったので、次回は今回の所要時間をどれだけ縮められるのか試してみたいと思います。
走り慣れたら来年は伊豆イチしてみようっと。

道中、みおこさんと「珈琲飲みたーい!珈琲飲みたーい!」と騒いだので、最後にドリンクバーの珈琲で〆。
観光はちょっぴり、グルメはファミレスになってしまったけれど、初めての西伊豆ライドはとっても厳しくて楽しいところでしたよ。


そんな感じで西伊豆行はおしまい!


金目以外の深海魚が
ブログランキング・にほんブログ村へ
食べたああああああああああい
戸田港では深海魚料理が食べられるらしいよ。

にしいずじごく  そのさん


某議員さんが叫んだのが「このはげええええ」じゃなくて「このうすげええええ」だったら、もうちょっとダメージが少なく済んだのかな。
はげとは言わないやさしさで。


さて。
西伊豆を通るR136には、「富士見彫刻ライン」というポイントがあって、道部というところから岩地間というところまでの道路沿線に、21体の彫刻が並んでいるのです。
芸術家のグループ?サークル?の皆さまの作品らしいですよ。

そんなすんばらしい彫刻を堪能する芸術の秋。
海女さんとか人魚っぽいなにかとか、裸婦像がメインなのですが、最後の最後にすごい像がきましたよ。

おねえさん、なにしゃぶってるんですかなにしてるんですかね…。
IMG_20171105_125343 (1)

もぐもぐぺろぺr
IMG_20171105_125404 (1)
いえこれは海を題材にしたすんばらしいげーじつ作品なのですよ!
潮音というタイトルから察するに、何か貝的なものを「ぶぉー!ぶぉー!」って吹いているっぽいのですよ!
いやあ、大変すばらしい芸術鑑賞のできる富士見彫刻ラインでございましたー!

さてさて。
基本的になんにもない西伊豆ですが、漁港のまわりには民家やら商店やらコンビニやらがありますよ。
アップダウンで消耗しまくったので、13時すぎの大休憩で甘いもの充。
IMG_20171105_131153 (1)
ほんとに甘いものばっかりw
遠征時の補給がコンビニってわたしにはありえないことなのですけれどね、今回は時間も無いので仕方がありません。
街灯もほとんど無い西伊豆、日が暮れると走るのが大変なのですよ!

海沿いを縫うように走るので、「〇〇岬」と名の付く眺望の良い展望スペースがいくつもありました。
IMG_20171105_154056 (1)
15時40分、ここはどこの岬だろう。
すでに夕方のお空。

ゴールは標高高めの函南駅にしていたのですが、遅くなりそうなので平坦多めの沼津に変更です。
どちらにしても日が暮れる前にたどり着くのは厳しいと思われるものの、反射ベストとフロント・リアを二灯ずつ準備してきたので、ここで反射ベストを着用しましたよ。
ブルベ装備は持っていて損はないね、普段のライドでもお役立ち\(^o^)/


ほんとに貝ですかああああああ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ほんとはにくbぎゃああああああ
そしてその後とりにくを見た者はいなかった。

にしいずじごく  そのに



さて。
砂浜できゃっきゃうふふしたあとは、海抜0mから50mアップとか、そこから20mくらい下ってまた100mアップとか、心を折って折って折りまくる鬼畜街道をひた走りますよ。
20kmくらい走っただけでももうおなかいっぱい、もうこれで帰ってもいいや~って感じの疲労感なの。
でもそこから引き返すにしてもアップダウン地獄www

今回、約130kmの道程で最大標高差が270mくらいなのに対して、獲得標高が2000m以上。
いかにアップダウンが多いかがわかります。

海抜が低いところしか走らないので、冬でも凍結の心配はほぼなし。
普通にわーっと2000m登ってわーっと下るより、細かいアップダウンで2000mのほうがなぜかきつくって、冬のいいトレーニングコースになりそうですよ。
ただしお店が少ないので、補給食の準備や補給ポイントの事前チェックは必須。
自販機はそこそこの距離で設置されていたので、どうにかなるといえばなるかな。

「ハゲって言ったな!ハゲって言ったな!」
「話せばわかるわ!ハゲだなんて言ってない、薄いって言っただけよ!!」

生足は卑猥なのでモザイク処理
断崖絶壁がいっぱいあって、火サスごっこがはかどります。

もうちょっと寒くなって空気が澄んでくると、海の向こうに長野のお山が見えるらしいですよ。

そして富士さんを望めるポイントもそこかしこ。

わかるかな、二つに割れた岩に荒縄が渡してあって、その向こうに富士さんがうっすら見えるの。
漁港でも山岳信仰があるのかな、富士さんは人を惹きつけてやまないね。


はげじゃなくて
ブログランキング・にほんブログ村へ
うすげええええええええええええ
イ㌔!!