FC2ブログ
 

さかみちはきらい。

いとしのいちごちゃん  そのろく


いとしのいちごちゃんハントライドはこれでさいご。

いくつもの僻地と市街地を経て、残りはあと20kmもないくらいになりましたよ。
残りは海沿いのド平坦直線を長々と10kmちょっと、そして大きめの街を抜けるだけ。
ところがですね、海沿いの道はすごくすごく、すっごーーーく走りやすい道だったのですけれどね、逆風がクソすぎて思うように進めなくて、「うぐうぅぅ~」ってうめき声が出てきちゃうのですw
もうあとちょっとでいちごちゃんなのにいいいい!進めないいいいい!!
スタートから踏みすぎたせいで伊豆あたりからお膝が痛かったんだけど、ムキになって漕いでいたらさらに痛くなってきちゃったよ。

そしてその逆風に晒されたど平坦が終わって市街地に入ったら、とたんに信号峠の始まりです。
コンスタントに停められて、発車時の漕ぎ出しで右膝に力をこめるたびに「いてて」ってなっちゃう。
道路は二車線だけれど交通量が多め。
車が自転車の横ぎりぎりを追い越していくのでなるべく左に寄りたいのですが、左車線の端と路側帯のつなぎ目がずれていたり、路側帯のアスファルトが割れてガレガレになっていたりと荒れていて、乗り上げたらパンクするかスリップして落車してしまいそう!

ひぃひぃ半泣きでどうにかこうにか市街地・駅周辺の渋滞を抜けて、14時ちょっとすぎに目的地のいちごカフェに到着しましたよー!!
距離は200km、所要時間は約11時間30分。
200kmで獲得標高が1000mも無かったので(標準的なブルベだと200km2000upくらいかな)、もう少し早く到着しても良さそうなものですけれどね、無事に着いたのですから良しとしましょう。

さあさあさあ!!!
自転車を放り投げる勢いで停めたら、さっそくいちごちゃんをご注文ですよー!!!!
訪れたカフェはとっても人気で混雑しているというので覚悟はしていたのですけれど、噂に違わぬ混雑っぷり。
店頭は長蛇の列、待ち時間は40分くらいですかねえ、と店員さん。
待ちます待ちます待ちますとも!
40分なんてたいしたことありませんですとも!!
ここでいちごまみれになるために200km走ったのですもの!!
なんでもいいからいちご食わせろ(迫真)!!

と、いうわけで。
先にレジにて注文と支払いをして、名前を伝えてお外で待ちますよ。
IMG_20180325_145152 (2)
せっかく遠くまで来たのだからと、ふたつ注文しちゃいました。
どんなものが出てくるのか様子がわからないながらも、1300円ってなかなか良心的なお値段じゃないかな?
お店の裏にはいちごハウスがずらりと並んでいて、ここで収穫したばかりのいちごちゃんを提供しているのですって。
これは期待しちゃいますよ!

そしてお店の外に置かれたベンチで待つことしばし。
席が空くと案内されて、そこでもう少し待って、 待ち時間は計50分ほど。

「お待たせいたしました~!」

うひょおおおおおお
いちごちゃんキタ――(゚∀゚)――!!

グラスに盛られたいちごちゃんのおケーキ様ですよー!!

生クリームの海に溺れるいちごちゃん…
IMG_20180325_150611 (1)
ああたまらんよいちごちゃん…

グラスの底にいちごジャム、獲れたていちごちゃんがどっさり、薄いスポンジ生地が少々に、たっぷりの生クリーム。

生クリームといちごちゃんを思う存分味わいやがれっ!!ていうお店の意思を感じます。
特に上のほうに乗せられたいちごちゃんはすんごく大きくて、食べるのも大変なくらい。
酸味がほとんど無くて味が濃ゆくて、さすが農園直営でございます…(*´ω`*)

そしてほぼ同時に提供されたもうひと皿、こちらはいちごちゃんたっぷりのワッフォー!!
IMG_20180325_150737 (1)
どちらもなかなかのボリューム。

カウンター席に座っていたのですが、横で食べていたグループに見られる見られる。
それひとりで全部食べるの!?的な視線でしょうかね。
食べるよ!!
なんか文句あっかー!!

ワッフルもすごいんだよ、カリカリの焼きたてワッフルに生クリーム、ジェラート、もちろんいちごちゃんがどっさり!


生クリームの下にもいちごちゃんが埋もれておりました(*´Д`)ハァハァ


そしてあっという間にぺろりん。

最後の数十キロは補給も切っていたので、ほんとに瞬殺でしたよ。


………。


どうしよう……。


足りない……。


決して、そう決してひと皿が小さかったわけではないのです。
むしろボリュームはあったしお値段も非常に良心的でした。
でも足りない!!!!
お店のシステム的にあとから再注文ができないようだったので泣く泣く諦めたのですが、他にもいちごぱっふぇーやらシフォンケーキやら、たまらんものがいくつもあるのですよ。

これはいちごちゃんが終わるまでに、ふたたび訪れるほかあるまい。

そう、仲間(と書いて道連れと読む)とともに!!

そんなわけで、無事に目的を果たしたわたくしめ。
まだ時間もあるし、もときた道を50kmくらい走って適当な駅で輪行して帰ろうかな~と思っていたのです。

が。

目的を果たしたら、もう何もかもめんどくさくなりました/(^q^)\

なのでいちばん近い駅で輪行です。
お膝も痛いしね、無理しないで帰ろ帰ろ。

駅で珈琲とお菓子とおみやげを買って、電車に揺られながらもぐもぐ。
車窓からはさっき走ってきた道が見えていたのですが、その道を眺めながら「あ~電車って楽だわ~」ってしみじみ思いましたwww
ただね、交通費を考えればやっぱり自転車ですよ。
だって電車だと片道2500円以上するのに、自転車なら半額の生八つ橋2パックとお水とミルクティーで500円ちょっとだったんだよ。
なんというコスパの良さでしょう。
ついでにサイクリングだってできちゃう!
往復は勘弁だけどね!

生八つ橋もいちごちゃんも甘かったので、乗り換えの駅で惣菜系のキッシュを買って20時頃に帰宅しましたよ。
IMG_20180325_192955 (1)

未明から日の出まではとっても寒かったものの、昼間はぽかぽかで湿度も無くて、走っていてとても気持ちよかったです。
ルートの改善点やペース配分等のデータもとれたし、次はもうちょっと走りやすくなっているはず。
シーズン終了までに、もう一度行かなければと心に固く誓いましたよ。


そんな感じで、濃ゆかったいごちゃんハントライドはこれでおっしまい!


書いてたら
ブログランキング・にほんブログ村へ
いちご食べたくなったあああああ
いちごくわせろ!

スポンサーサイト



いとしのいちごちゃん  そのご



さて。
150kmくらい走ったところで、再び「あ、おなかへった」ってなりました。
IMG_20180325_101836 (2)
道ばたで自転車に跨ったまま、おもむろにバックパックから取り出す生八つ橋。
今度は抹茶あんでティータイム気分と参りましょうもぐもぐ。


…甘い。
やっぱりめっちゃ甘い。
5つ入りのパックなのですが、今度も3つでギブしてしまいましたw


ここまでおなかに入れたものは、スタート前の朝(?)ごはん、70km地点で生八つ橋を3つ、100km地点でミルクティーと生八つ橋を2つ、150km地点で生八つ橋を3つ。
いくら餅菓子の腹持ちがいいとはいえ、補給が少なすぎやしないかと思うのですよね。
どうも、ボトルに入れていたヴァームパウダーがいいお仕事をしてくれていたような気がするのです。
少量の糖質をろうそくの芯にかえて、体脂肪を燃焼してくれているイメージ。
開封済みのパックを持って帰るのも嫌だったので、残り30~40kmくらいの地点でパックに残っていた2つの生八つ橋も食べちゃいましたけれど、体感としては無くても行けたかな~ってところ。


しっかしまあ、静岡に入ったら富士さんがでっかいねー!!
IMG_20180325_102849 (2)
ちょっと横を向いたらいきなり富士さんどーん!!でびっくりですよ。
「でっか!富士さんでっか!!」
このあたりに住んでいる人たちはどうなんだろう、毎日お外を見るたびに
「富士さんでっか!!」
ってなるのかなあ。
それとも背景に溶け込んで特に意識もしないのかしらん。

すごいねえ、会社の倉庫からだって富士さんどーん!!だもの。


さて。
このあと、大きな道路に出たくないばかりに引いたルートで選択ミスをしてしまっていました。
激坂にナビされてしまい、これは絶対に無理だ!とガーミンのナビから一旦離れざるを得ない状況になり、とたんに不安に駆られる方向音痴w
ここで慌てちゃいけないと、追い風400の時のルートを思い出しながら信号を渡り自歩道を走り、うっすら見覚えのある道を走りましたよ。
その後、追い風ルートから離れて市街地に近づくにつれバイパスが増えてきて、自転車が入ってはいけない道がいくつかあったので、ここもナビを使えずスマホでグーグルマップを見つつ迂回路を考えます。
以前のようにパニックで方向感覚をロストすることがなくなり、ある程度勘で進んでももとのルートに戻れるようになっていました。
あくまでガーミンのナビとスマホのマップありきの話ではあるのですけれどね。

そうして距離は残すところあと少し。
がんばれわたし!!
いちごちゃんはもうすぐそこだー!!


次でようやく
ブログランキング・にほんブログ村へ
おしまああああああああああい
たぶん…

いとしのいちごちゃん  そのよん



走り始めて約100km、中伊豆のファミマに到着したのは7時30分くらい。
ここまでこれといって休憩をとらずに来たので、ちょっとゆっくりすることにしましたよ。
IMG_20180325_075538 (2)
自転車を停めた時にしみじみとハンドルまわりを見たんだけど、なんだかすごい重装備www
輪行袋を詰め込んだツールボトルを含めると、1kg弱あるんじゃないかな。
750mlまで入るドリンクボトル、サドルバッグを含めたら2kgくらい?
自転車の総重量は余裕で10kgを越えそうです。

ファミマで暖かいミルクティーを飲んで、さっき残したふたつの生八つ橋もこっそりもぐもぐ。
20分ほど座って休んだら、心身ともにほっとして休まりました。
でもこれ以上いたら根っこが生えて動けなくなっちゃうからね、先に進まなくちゃ。

ファミマを出たあとはしばしのヒルクライム。
誰もいないから、スマホでパ○ュームを流して一緒に歌いながら走っていたんだけどね。
「しらっ…な、、が ハァハァ  っ、かも、ね でも思いがけなハァハァヒィヒィ が欲、し、 こおっきしっんのスパっ めぐっりめぐぜえぜえ」
もうおまえ黙ってろよってくらいのうめき声を発しておりましたwww
ほんと誰もいなくてよかったですよ。
もしも後ろから誰かが静かに登ってきていたら、パスされた時に恥ずかしすぎて落車してしまいます。
聞かされたほうもたまったもんじゃないわい。

そうこうしているうちに、いいとこに着いたぞ!!
IMG_20180325_080706 (2)
ひゃああきれい!!きれい!!
桜と橋の相性はばつぐんだね!!

満開まではもうちょっと。
ぷくぷくぽわぽわの満開の桜だったら、もっときれいだったろうな。

あとで知ったんだけど、ここ、湖があってもっと近くに行くこともできるみたいなのね。
IMG_20180325_081213 (2)
湖のまわりの遊歩道的ななにかだと思うんだけど、道に沿って長い桜並木があって、すごくきれい。
またこの時期に行く機会があるかなあ。
行くことがあったらあちら側も通ってみたいかも。

ヒルクライムが終わったら、びゅーんとダウンヒル!
IMG_20180325_082832 (2)
追い風400の時には反対側から登ってきていたんだけど、その時には景色を見る余裕なんて無かったのね。
下ってみたら、わさび田とか鄙びた民家が点々とあって、とても雰囲気の良い走りやすい道。
勾配もそんなにきつくないからブレーキをぎゅうぎゅう握りしめる必要がなくて、気持ちよく下ることができたのでした。


つづく。


いちごちゃんを
ブログランキング・にほんブログ村へ
はやくううううううううううううううう
ちなみに昨日も同じルートでいちごを食べに行きました

いとしのいちごちゃん  そのさん



トレイルバーのつくれぽをありがとうございましたん\(^o^)/
わたしも今の材料が切れたらグラノーラで作ってみようかな。
コスト面でいえばフルグラすごくいいんですよね~。

さて。
いちごちゃんハントライドの続きと参りましょう。
熱海に着いたわけですが、熱海といえば例のあれ。
例のあれの看板がある場所を通過したのですが、ふとくだらんことに気づきました。
IMG_20180325_055856 (9)
このフォントって、ベル○ラ…?だよね…?

しかし秘宝ってなんだろな~
IMG_20180325_055951 (9)
どんな秘宝があるのかな~(すっとぼけ

熱海の市街地を過ぎるとあっという間にさびれてきて、お店もほとんどありません。
IMG_20180325_060851 (1)
そんな時に「あ、おなかへった」ってなりました。

空腹って急に来る気がするのですよね。
ここで我慢しちゃうと、しばらくは動けるけれど静かにハンガーノックに陥るみたいなので、補給しなきゃです。

お店が無くても大丈夫、持っててよかった半額生八つ橋!

桜あんで花見気分といきましょう。

…甘い。
めっちゃ甘い。
空腹具合と胃袋のキャパを考えればいくらでも入りそうなものなのに、甘すぎて3つでギブでしたw
でも餅菓子ってすごいんだねえ、たった3つでモリモリ走れましたものw

その後、網代を通過する際に、おっぱい屋さんいちご大福やさんの前も通りましたが、6時台なのでもちろん開店していませんw

なので本日はノーおっぱい。
おっぱい大福いちご大福食べたかったなあ~



いちごちゃんは
ブログランキング・にほんブログ村へ
まだまだ遠いよおおおおおおお
補給食をいちごにすればよかったじゃんね

たのしいほきゅう  そのに



いちごちゃん日記の途中ですが、午前1時のトレイルバー作りの様子をお送りしますw




今回は目分量で用意したものを計ってみたので、バニラバージョンの配合を乗っけておきます。
すごく適当に作ってるので実際は具材がもうちょっと多かったかも。
ちゃんとまとめられなかったとかべたつくとか、不具合が起きても責任はとれませんのであしからずですw

バター5g
メイプルシロップ5gくらい
マシュマロ(バニラフレーバー)55g
ビスケット(荒く砕いておく)30g
ナッツ(お好みで荒く砕いておく)30g
ドライフルーツ30g
柿の種(今回はチョコなし)20g

フライパンにバターとメイプルシロップとマシュマロを投入して溶かしたら、ビスケット、ナッツ、ドライフルーツ、柿の種を一気に投入して手早く混ぜる。
クッキングシートを敷いたバットに落として、さらに上からクッキングシートをかぶせて同じサイズのバットを乗せて、上から体重をかける。
たいらになったら冷蔵庫に入れて冷やし固めて、冷凍包丁やブレッドナイフ等で切り分ける。
パラフィン紙やクッキングシートでくるむ。
保存は冷蔵庫。

何日もつかは不明ですが、香りと食感は一週間でだいぶ劣化しましたよ。
ただ、それはそれでまずくはなかったです。

ちょっと前に実際にお外に持ち出してみたのですが、いちごゼリー入りのマシュマロで作ったバーはべたついて包装紙からはずすのが大変でした。
つなぎにグラノーラを使うとべたつきが抑えられるのですが、グラノーラは消費する前に湿気てしまいそうなので買いたくないのですよねw

ビスケット、ナッツ、ドライフルーツ、柿ピー等の総量を変えなければ、具材は別のものに替えてもほぼ大丈夫だと思います。
ビスケットをグラノーラに替えるとか、ドライフルーツを減らしてそのぶんナッツを増やすとか。

とりあえず、おいちいことは確か!!


運動しないでおやつに食べたら
ブログランキング・にほんブログ村へ
危険だよおおおおおおおおおお
さっそく2本食べちった…。

いとしのいちごちゃん  そのに



公開されたバグダッド日誌(陸自イラク日報)がおもしろいので、最初から読みすすめているのです。
「ゲーム内でヒントが記された日記の切れ端を集めるアレ」とか言われてるけど、まさにそれ。
空手ブームが起きてあいさつが「押忍!」になるとか外国人あるあるすぎて草はえるし、5人でおそうめん24人分食べて動けなくなったとか他に書くこと無かったのwwwwww



さて。
いちごちゃんが旬ですが、ベビーほたても今が旬なのです。
ベビーほたてが大好きなのです(*´ω`*)
なので、きのうのお昼はベビーほたてとアスパラとしめじをガーリック&スパイス炒めにしたのです。

相当危険なものを錬成してしまいました。
夜のおかずでもあったのですけれどね、ウマーすぎてお昼に全部食べてしもたよ。
低糖質メニューのマンネリ打破のためにと思って色々作っていたのに、カロリーの摂りすぎで無意味になってしまって苦悩する日々でございます。
とりあえずは今日またベビーほたてのやつらを調達してこにゃあ!
反省なし。

さてさて。
いちごちゃんハントライドのつづきですよ。

スタートは午前2時26分。
ガーミンのナビを起動して自分で引いたルートを読みこみながら、まだまだ朝の気配が見えない街を走り出します。
そして1kmほど走ったあたりで、そろそろ読み込みが完了したかな?とガーミンを確認したら、

ら、

おまえまたしょっぱなから
ブログランキング・にほんブログ村へ
フリーズしとるやんけええええええ

スタート地点の自宅で、現在地を示す矢印が小刻みにぴくぴく動いていて、横に「?」マーク 。
GPSが完全に迷子。
「?」じゃないんだよおおおお
こっちがおまえさんに「?」だよおおおおお

郵便ポストも首かしげるレベル。

しょうがないので再起動して、R134からR1へ、まずはいつものルートで小田原まで約50km。
補給や休憩はせずに、さらに早川、熱海を目指しますよ。
今回、ボトルにVAAMパウダーを入れてきたのでハンガーノックは起きにくいだろうと思っていたのですが、実際に起きにくかったように思います。
VAAMのみでどれだけ走れるのか、いちどやってみるべきよね。


予想よりもすこし早く早川を通過して、ここからいや~なアップダウンのはじまり。
夜は未だ明けていなくて、暗くて怖くて、冷え込みがきつくて、つらかったな。
こういう時はひとりだと悲しくて、さみしくて、心が折れそうになっちゃうのだもの。
でも、空を見上げると星がたくさんですごくきれいで、たったそれだけのことで、「よし、頑張ろう。」って思えるからふしぎ。
そして少しずつ少しずつ、夜が朝にとってかわっていくと頬が緩むのね。
このまま進んで大丈夫。
先に行って大丈夫。
ここで引き返したらもったいないよ!
って気分がどんどん上がってきて、最終的にヒャッハアー!!ってなるのがわたしの仕様なのです。
めんどくさいやつだなwww

眼下に熱海ビーチラインの料金所が見えて、寒さにかじかみながら写真を撮ったのですけれども。
IMG_20180325_052809 (9)
これこれ、この感じ。
朝と夜が静かに交代する時間。
まだ夜を残していて、でももうすぐ明けるよ、っていうこの感じがすごく好き。
これから楽しくなりそうだな、っていう予感がするでしょう?

そして6時前、熱海で完全な夜明けを迎えましたよ。
IMG_20180325_055138 (3)
時間が時間だったので交通量が少なく信号にもあまり足止めされず、熱海にはだいぶ早く到着できたように思います。


いちごちゃんは
ブログランキング・にほんブログ村へ
遠いよおおおおおおおおおおお
スーパーで買えよ

いとしのいちごちゃん  そのいち



春です。
春はいちごちゃんです。
枕草子風にいえば、
「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際」
が、
「春はいちご。やうやう赤くなりゆくいちごハウス」
に、なります。
超てきとうな口語訳をすると、「春はいちごちゃん(がおいちい)。(いちごちゃんが実ってくると)ハウス内がだんだんと赤みがかってくる」です。
つやつやぴかぴかまっかっか、かわゆくてあまくていいによいのいちごちゃんです。
そんな大好きないちごちゃんを、もう許してくださいってジャンピング土下座するくらいたくさん食べたいのです。
要するに、春が旬のいちごちゃんが食べたいっていうただそれだけのお話です。

まわりくどい。

そんなわけで、いちごちゃんを求めて200kmばかり走ってきたおはなし。



さて。
まずは、どこのいちごちゃんを食べに行くかっていうところからですよ。
去年、山梨にある桃農家さんの季節限定桃カフェに二度ほど自走して桃を食べに行きました。
桃農家さんの桃カフェがあるのだから、いちご農家さんのいちごカフェだってあるに違いない!
そう考えたわたしは、いくつかの用語で検索をかけまくり、数件のいちご農家さん直営のいちごカフェにあたりをつけました。
それが山梨と静岡の農家さん。

山梨のカフェなら、桃を求めて走った時とほぼ同じルートで170kmくらい。
1時間のあいだ、いちご狩り&いちごスイーツ食べ放題!

静岡のカフェなら、追い風400のブルベの時の逆ルートで200kmくらい。
こちらは純粋にカフェのみの営業で、とにかくいちごちゃんの品質にこだわりと自信あり!

ああ、悩ましい、悩ましい。
いったいどちらに行ったらよいのでしょう?

と、そこでひとつ問題が発覚したのです。
山梨に行くなら旧御坂峠というお山を越える必要があるのですが、決行日にはまだ冬季閉鎖中だというじゃないですか。
あのあたりは真夏でもなければだいたい寒いので、きっと融雪していないor凍結したままなのでしょう。
凍結を気にせず走れる新道(トンネル)もあるにはあるのですが、そのトンネルがすごーく長くて車は飛ばしまくりで交通量もめっちゃ多くて、絶対通りたくない道路。
それならば静岡にする以外、道はありません(物理)。
どうせ山梨側は夏以降に桃を求めて通い詰めることになるだろうから、今からそちらを走っていたら飽きちゃっていたかもしれないので、丁度よかったといえばよかったかなw

と、いうわけで。
土曜日の夜、日付が変わる頃にお仕事を終えて、シャワーしてお仕度を済ませて30分ほど仮眠したら、日曜日の午前2時30頃に出発しましたよ。

装備はブルベスタイル。
反射ベスト
リアニ灯フロントニ灯
ヘルメットライト一灯
バックパックに反射おにぎり

服装(予報:スタート地最低7度 目的地最高18度)
スポーツショーツ
240デニールタイツ
パッド付ショーツ
ドライハーフパンツ
裏フリースインナー
夏用ジャージ
アームウォーマー
パーカー
フルフィンガーグローブ
昼用に指切りグローブ

体感では最低気温が7度も無く、逆に最高気温が20度を超えていたように思います。
春の気温差の厳しさをかみしめましたよね。

そうそう、今回の道中の補給なのですが、買うのは飲み物だけと決めておりました。
だって、バックパックに半額の生八つ橋をしこたま詰めていったから。
IMG_20180325_164025_404 (9)
桜あんと抹茶あん、ふたパックずつ。
200kmくらいならこれで足りるでしょう。

わたしとご一緒してくださったことがあればご存じの方もいらっしゃると思うのですが、わたし、あんこは食べられるけどあまり得意じゃありません。
いちご大福とか好きですけれど、あんこ少な目がベストです。
でも半額だし。
腹持ちよさそうだし。
半額だし。
糖質はばっちりだし。
半額だし。
あんこはちょっとアレだけど、餅菓子は好きだし。
半額だし。
ごほうびにいちごちゃんが待ってるし。
半額だし。



つづく。



生八つ橋が半額なら
ブログランキング・にほんブログ村へ
買うでしょおおおおおおおお!?
半額だし。

うんどうかい  そのご


今シーズンの大磯クリテの第一戦にエントリーしていたのですよ。
そしたら荒天のため中止になったのですよ。
第一戦にエントリーしていたひとたちは、シーズン中のエントリー1回にかぎり、500円引きになったのですよやったー!

で。

で。

今日の大磯クリテ最終戦、第七戦に500円引きでエントリーしていたのですよ。
そしたら荒天のため中止になったのですよ。

/(^o^)\

もともと今シーズンは第一戦以外にエントリーする気は無かったのですが、一度くらいは激重アンカーに日の目を見せてやりたいからやっぱりエントリーしてみるかな、と思っていたので残念だったのでした。
でもお天気が悪いのはしかたがないよね、来シーズンまでおあずけ!
(現在、お外は超絶いいお天気。)



さて。
バンク日記はこれでさいご。

速度競争が終わったら、今度はこの日の参加者さんたちをフォローしてくれた現役男性競輪選手によるデモレースです。
選手のみなさんのプロフィールやら戦績やらが赤競新聞と同じようにプリントされている投票用紙が配られまして、どの選手が勝つか予想して投票しましたよ。

そして敢闘門のシャッターが一旦閉められて、


開いたら正装した選手が出てきた!

本当のレースと同じ流れで発射台に自転車がセットされて、選手がスタンバイしている時の緊張感漂う表情が格好良かったー!

この日の場外車券を買いに来ていた一般のお客さんもちょこちょこ見学しに来ていて、競輪独特の掛け声で発破をかけていたりしてテンションも上がっちゃいます。
お手本の選手ひとりが走るTTの時もすごかったけれど、集団で目の前を走り抜ける時の空気を裂く音と地鳴りのような音、その迫力は感動ものでした。
レースの世界で生きる人たちを間近で見られて、その雰囲気を直に感じられる、すっごい貴重な体験だったよ!

そうそう、ほんとに目の前で走っているので、危ないっちゃあ危ないのですよ。
OBさんが、
「ちゃんと見ておいてね、みんな本気で走ってくるからね、70kmくらいで走ってくるからね、もしかしたら転んで突っ込んでくるかもしれないから、気を付けてね」
って言うんです。
「時速70kmで突っ込んでこられたら、ちゃんと見ておいたところで避けられないよね!?」
ってツッコんだら、
ニヤッてしておりました。
ちゃんと見ておくことと避けられないことは別問題なのだわwww

ちなみに予想は外れました。
チッ、あの○○選手め…


さてさて。
デモレースが終わったら、みんなで控室に移動します。
これからこの日の場外で大一番のレースが行われるため、みんなでレースの模様をモニターで観つつ、賭けてみましょうという流れのようですよ。
わたしは午前の部ですでに手持ちの300円分の車券購入券を使ってしまったし、さらにお金を賭けるつもりは無かったのでまったりご休憩なのでしたw
賭け方を教わったみなさんは、ここでさらに現金を追加して賭けてみたり、モニターでレースを観戦して大盛り上がりしたり。
わたし、賭け事にはまったく興味がないのですけれどね、レースを観るのは楽しかったです。
もし近くに競輪場があったら、賭けはしないけれどレースは観に行くかもしれないくらいw

そういえば、まったり中にみおこのあんよを嗅いでみましたよ。

お靴のなかでカイロに蒸されて、ほどよくムレムレになっていたご様子。

くんくん

「………Σ(゚Д゚)!!」

「くちゃい…(歓喜)」

ヘヴン状態というやつでしょうか。

みおこのくちゃいあんよに踏まれるというご褒美をもらったダンボーなのでした。


そしてイベントの最後は、表彰式とじゃんけん大会ですよー!!
うれしたのし副賞生活じゃーい\(^o^)/

TTの副賞にヘルメット、速度競争の副賞に競輪用グローブ。
それぞれ500円分のクオカード付きじゃーい\(^o^)/

競輪選手は、転ぶ時にハンドルから手を離してはいけないと言われているので、転倒時に手の甲をぶつけてしまうのですね。
けれど競輪用グローブは甲の部分がカーボン加工されているので、転倒して地面で甲をすりおろしてしまう心配がないそうです。
ロードバイクに関しても、やはり転倒時にハンドルから手を離してはいけないと聞いているので、これは役に立ちそう!
ただ、形が特殊なので使うにはちょっと勇気がいるかなあ…w

速度競争で勝ったごほうびにもうひとつ、こんなお写真をいただきましたよ。

これ、判定写真というのですって。
電子式スリットカメラ(超高精細電子式着順判定カメラ)っていうのかな、肉眼での着順の判定が困難な場合、写真を参考にして着順を判定するのだそうです。
この写真一枚で、結構なお値段なのだとかなんとか…(゚Д゚;)
プロの選手も大きなレースで勝った時くらいしかいただけない、貴重な一枚らしいですよ。

それからそれから、じゃんけん大会も勝ったー!

Tシャツをもろたよ!
そしたら豚さんがプリントしてあったよ。
え、なに、メス豚って言いたいの?

Tシャツと一緒に、競輪の写真集も入ってた!

モノクロ基調で、これまた恰好良い写真集でしたよ。

じゃんけん大会は何回戦も行われて、みなさん色々な賞品をゲットしていました。
メインの賞品は自転車のフレーム!
ゲリラ豪雨のリーダーと女性の二人が勝ち残って、これは行けるか!?と思ったら最後の最後でリーダーは負けてしまいましたとさw
そして、「なんにも当たらなかったひとー!」って声がかけられて、該当する参加者さんたちも袋詰めのおみやげを貰ったのでした。

とにかく、至れり尽くせりのすごく太っ腹なイベントでしたよ。
それもこれも、選手とスタッフさんのおかげです。
競輪の衰退を食い止めたい、競輪を知ってほしい、競輪を盛り上げたい、そういう気持ちで選手とスタッフさんたちが頑張って作り上げたイベントだと思うのです。
日本の自転車競技の存続も、競輪業界の支援あってこそ。
たとえば競輪場がなくなってしまうと、自転車競技部の学生さんのトラック練習の場がなくなってしまう等、後継が育たなくなってしまいます。
高校の自転車競技部のお子さんを持つ親御さんに話を聞いたら、自転車レースの基本はトラックで、ロードではないのですって。
トラック競技での基本ができていないと、お話しにならないんですよ、って。

賭け事に興味がなく、車券の買い方はほとんど聞き流してしまったけれど、とにかく充実した楽しい1日で、競輪が少し好きになり、競輪を楽しんだ1日でした。
そんな様子を書いたこの拙い日記であっても、読んでいただいて、ちょっとでも競輪というものに興味を持っていただけたなら、書いた甲斐もあったというものです。

また来年、参加できたらいいな。
おそらく参加するであろうわたしの憧れの女性と、トラックで対決できるかもしれないからね。
か、か、覚悟しておけよ!!
余裕でぶっちぎられてやるんだからなー!!


みおこも
ブログランキング・にほんブログ村へ
こわあああああああああああい
このマッスルゴリラどもめ(大歓喜)

うんどうかい  そのよん



ひきにくまつり真っ最中。
きょうはロールキャベツですよ。
いっただっきまあああーす!!

ンマァイΣ(゚Д゚)
むしろンマァイ以外に成りようがないよねえ。
うまぁうまぁ(*´ω`*)


さて。
お昼ごはんが済んだら、バンクに戻りますよ。
午後の部の最初に行われるのは、「高速周回」。
午前中に行った400mTTの上位20名(もちろん全員男性参加者でしたw)が、競輪選手に遊んでもらうのです。
いえ、正しくは「もてあそんで」もらうのです。
現役選手とバンクを20周くらい走って、最後まで千切れなかったら勝ち!

一緒に参加していたゲリラ豪雨のリーダーとMATさんも上位20名に入っていたので参加していました。
最初は男性選手がゆっくり牽いて、ガールズ競輪の選手も一緒です。
そして周回数が増えるごとに参加者が脱落していき、ガールズ競輪の選手も千切れ、最終的に数名が残るのみとなりましたw

リーダーはちんだ。
(奥でMATさんもちんでる)

でもすごい!リーダーは最後まで生き残ったのですよ!!
いいなあいいなあ、これ絶対に楽しいんだろうなあ。
わたしも混じりたかったなあ。
……しかし皆さま、こんなところで出しきっちゃってよかったのですかね。
このあと、400mTTのタイム別で組み分けして競争するのにねwww
わし「このあと決勝なのに大丈夫なのですか」
リーダー「しまった……」
忘れていたようです。

そんなわけで。
高速周回が終わったら、TTの順で組み分けした7~9名で模擬レースの「速度競争」を行いましたよ。
女性参加者は15名しかいなかったから2組だけ、わたしの組はいちおう決勝戦!
メンバーを見わたしてみると、要注意なのはみおこさんかな~というところ。
あほみたいにドラフティングが上手い彼女にうしろに付かれたら、たぶん最後に挿されるもの。

さて。
バンク内ではビンディングシューズを履いての歩行・脚付きが禁止なので、バンクに出てから待機する時に両脚をペダルに固定したまま金網を掴んで身体を支えるのですね。
その金網は身体の右側にあるのですが、わたし、右手をハンドルから離すのがめちゃくちゃ苦手なのですよ。
バンクに進入してなんとか右手で金網をつかんだものの、やっぱりバランスを崩して全く安定しないのwww

最前列に並んでふらふらわたわたしていたら、レーススタートしちゃった!
なのにわたしは手を離せずにいて、ふらついて転倒しそうになりつつ叫びつつ、3番手に入ったのでした。
位置取りの駆け引きは無くて…というか多分みんないまいち要領がわかっていなくて、駆け引きのしようがなかったのかな。

3周回のうち2周を牽いてもらい、最終周回が本番。
残り1周半というところでジャンを打ち鳴らされた直後、最後1周の本番のために誘導員が加速して、まわりは「えっ?もういいの?本気出していいの?」みたいな雰囲気。
追い抜き禁止がどこまでなのか、よくわからなかったのw

でも、まあ、いいや、走ろう。

わたしの前にいた2名も加速していたのですけれど、そのペースはわりとゆるかったので、早々にパスすることに決めました。
シフトアップ→下ハン→ダンシング。
加速。
加速。
加速。

前2名の速度を見ていて、これパスするの絶対楽でしょwwとか舐めたことを考えていたのですが、外側からまくってみたら内側との周回距離の大きな違いにびっくり、なかなか追いつけないのです!
これ、もしかしてパスするの無理なのかも!?ってどきどきしてしまいました。

それでも踏む!
意地で踏む!
なんのためにこんな脚とお財布に優しくないクランクを付けたのか考えろと叱咤し踏ん踏ん踏ーん!!
3/4周?半周?を残したあたりでようやく前2名をパス。
その後は後ろからみおこさんに挿されるかもしれないと恐怖しつつダンシングで踏み込み踏み込み、どうにかトップでゴール!
女性は15名だけだったけど、優勝したぞい\(^o^)/

あまりテクニカルではないど平坦コースは絶対に得意だと思っていたので、結果が出せてよかったです。
グラフを見ると、なかなかいい感じに出せてる\(^o^)/

でも、このグラフを見て、今後の課題もひとつ増えました。


バンク日記は次でさいご。


速度制限が無いって
ブログランキング・にほんブログ村へ
素晴らすぃいいいいいいいいいい

うんどうかい  そのさん



大量にひきにくを挽いて冷凍したので、しばらくひきにくメニューなのです。
今日のごはんは高野豆腐の射込み!

ひきにくに干ししいたけとにんじんのみじん切りを合わせて高野豆腐につめつめして、
かつお出汁をひいたら、干ししいたけの戻し汁と合わせて調味して、そこにドボンして煮たら切り分けて完成ですよ。
おつゆがじゅわっと、とってもおいちいでございます(*´ω`*)

明日はロールキャベツで明後日はピーマンの肉詰め、めっちゃひきにくまつり。
最近は低糖質メニューがマンネリ化していたので、これでちょっと楽しくなってきたよ。


さて、イベントの続きですよ。
施設の見学が終わったらふたたびバンクに戻って、しばらくのあいだバンク走行を楽しみます。
わたし、一年半くらい前にバンクを走ったことがあるのですが、あの時はいまいちあのすり鉢状の上のほうへの上がり方がわからなくって、ちょろっと上がったと思ったら
「あれ?あれ?下がっちゃう、あれえええ???」
って自然と下のほうに降りてきちゃったのですね。
なので今回もどうかなあと思ったのですが、意外にもすんなり上まで登れて、そのままくるくる走れちゃいました。
線に沿って走れば自然と上がれる、というのを教えてもらったからかな。
高いところを走るの楽しくて、ずーっとくるくるくるくる走ってしまいましたよw
なんとかは高いところがお好き。

さてさて。
ある程度バンク走行に慣れたら、400mTTの始まりですよ。
三人ずつバンクに出て時間差でゼロスタートし、一周400mのタイムを記録するのです。

最初に、お手本として競輪選手が走ってみせてくれました。
男性選手が28秒台、女性選手が32秒台。
一周して戻って来たときはほぼトップスピードなのだと思いますが、この時のグオッ!グオッ!って風を切る音のすごいこと!
見守っていた参加者さんたちから、「ぉおお…」という、どよめきと感嘆の入り混じった声が上がりました。

さあさあ、実際に走ってみましょうかね。
バンク内はクリート付きのシューズでの歩行は禁止なので、コースにゆっくり進入してスタートラインあたりまで進んだら、クリートはペダルに嵌めたまま、サドルを支えてもらってスタートを待つのです。

こちらはみおこさん。

めっちゃ落ち着いてスタンバイ中でございます。

ちなみにわたしはえらい大騒ぎをしてしまいまして、よろよろ進入したあげく、支えてもらっているのに自分で姿勢を安定させられないものだから、
「いやああああああ!!!!こわいいいいい!!!!いやあああああ!!!!」
と大絶叫したあげくクリートを外してしまう始末。
「大丈夫だから!支えてるから!」
ってなだめられて、フゥー!フゥー!って興奮したぬこのような息でスタートを待ちました。
嗚呼情けなし。
こんな状態でゼロスタートなんて無理無理無理無理無理無理無理無理無理無
ってブツブツ呪詛を吐いていたのですが、スタート時にサドルをぐいっと押されたので、すんごいスムーズに走りだすことができました。

「無理無理無理むっ」
ぐいっ
「あっひゃああああああ~(゚∀゚)」
ぐるぐるびゅーん!!
バンクたっのしい~い!!

この変わり身の早さよ。

みおこさんはスタート時の足の位置を間違えていたと言っていたのですが、こうやって見てみるとすごくきれいなスタートを切っています。

TTの結果はなんと!
わたしが1位、みおこさんが2位でしたん\(^o^)/

TTが終わったら、午前の部は終了。
45分くらいのお昼休憩なのです。
一度敷地外に出て、一般用の入口から入りなおして、場内のお店に向かいます。
わたしは売店でちくわ揚げとホットドッグ、フライドポテトをもぐもぐ。追加でゆで卵ももぐもぐ。
どれもお手頃なお値段で、揚げたて出来立てを出す時にお店のおばちゃんが大声でお知らせしてくれるので、とってもあちあちでおいちいものがおなかいっぱい食べられましたよ。

場内には、一般のお客さんもたくさん来ているので、ピチパンのわたしたちは「おまいらなにやってんだい(゚∀゚)」みたいな目で見られましたw
ちくわ揚げを頬張ってたら知らないおっちゃんと目が合って、おっちゃんとふたりでうふふ、にこーってしちゃったwww

そしてバンクに戻ったら、みんなで集合写真をぱちり。

写真を撮るためにバンクの傾斜を上ったのですけれどね、実際に歩いてみる(普通のお靴に履き替えています)と、その傾斜のすごさにびっくり!
歩きながら身体をまっすぐ保つことなんてできません。
前かがみで一歩一歩、あんよを踏みしめて歩くのです。


このあとは高速走行と走度競争!


転がったら
ブログランキング・にほんブログ村へ
止まれないぜえええええええええ
やっちゃいけないと思うとやってみたくなる不思議