FC2ブログ
 

さかみちはきらい。

ぷろじぇくとひるめし



レベル鬼の山行の途中ではございますが、登ったらごはんですよ。
なにがなんでもごはんですよ。
補給食を食べたとはいえ、そんなのすぐに消えてなくなっちゃいます。
どこにいようがわいはおいちいお昼ごはんを食べるんじゃい!

と、いうわけで。
赤岳に登頂したわたしたちはちょっとだけ移動して、それぞれ人ひとりが座れるスペースを確保してごはんタイムなのです。
めしつくるぞー!!

まずはガスストーブとガスボンベを連結して、クッカーをセット。

あらかじめ自宅でカットしておいた具材(キャベツ、ブロッコリー、しめじ、ミニトマト、ウインナー)を投入します。

そこに水とコンソメ(固形1/2個)を加えて、着火!

捕捉として、わたしのガスストーブはオートイグナイタ(100円電子ライターと同じ仕組みの着火装置)付きなのですが、だいたい標高2000mを越えるとこの着火装置が機能しなくなるのですね。
なので、フリント式(石と金属を擦り合わせて火花を出す)の100円ライターを別に持って行きましたよ。
これを忘れていったら大変なことになってしまいますw

煮立ったら、さらにレトルトのカレーと白米のおにぎりを投入して、仕上げにとろけるチーズをぱらぱら。

あっという間にカレーリゾットの完成なのですわーい\(^o^)/

ほんとはね、熱湯を詰めたマグボトルとカップラでも持っていけば楽だし荷物も軽かったのですよ。
でもわたし、シャキシャキとした歯ごたえのあるお野菜を食べたかったのです。
気圧が低いので沸点は90℃くらい、なのでガッツリ熱くはなりません。
でも90℃あればお野菜にはちゃんと火が通るし、お米とウインナーとチーズで腹持ちばつぐん!
重くてしんどい思いをしてでも調理器具を持ってきた甲斐があったというものですよ。
わたしのピークは、このお昼ごはんに違いありません。

ごはんを食べたところの景色はこんな感じだったのですが、

そんなことより目の前のクッカーの中身に夢中。
はふはふ、うまうま、しあわせ!


花より団子で
ブログランキング・にほんブログ村へ
景色よりひるめしいいいいいい

スポンサーサイト



れべるおに  そのに



山小屋を過ぎてからは、ただただきついばかり。
いつも通っているお気軽登山コースののどかな雰囲気のまま、勾配を2倍にしてみましたみたいな。
そしていつしか森林限界を越えて、空気が薄くなり、身体は重くなり、動作も緩慢になっていきます。

逆光でわかりにくいですが、急な階段をずーーーっと登っていくのですね。

もうね、一段一段がきっついの!
力をためて、脚をあげて、もう片脚もあげて、ふう。
一段登るのに何秒かかるんだってくらい。

でもそんな苦行の最中にも、ちょっとした休憩ポイントがあってね、そこで後ろを振り返れば、

なかなかの眺め。

休憩がてら撮影タイムですよ。

不思議なことに、これだけ何もないところなのにスマホの電波は超良好。
ラインもTwitterもできちゃうのですwww

なので、

つぶやいておきました。
まさかこんなところでなうするとはwww

しかしそんなお気楽気分もここまで。
このあと、急激に景色が変わってくるのです。

そこにあるのは岩ばかり。
たくさんの人が踏んでいるのでルートはあるのですが、歩くというよりよじ登るようにして進むのでした。


おっ?(^q^≡^q^)おっ?

なんぞここ、わいなんでこんなとこ来てるんじゃろか。

今日ハイキングと違うんじゃろか。

これガチの登山と違うんじゃろか。

聞いてない/(^q^)\

聞いてない/(^p^)\

ヒイィィィィって鎖にしがみついて岩をよじよじ。
前日に降った雪が溶けて踏まれてつるつるになって岩にへばりついているので、脚をかけたくてもかけられなかったり。
空気が薄いせいなのか緊張のせいなのか、呼吸が浅く早くなって落ち着かなかったり。
とりあえず滑落だけはしないように、慎重にしんちょ~~に這いずりましたよ。

そんな中、一緒にいた仲間がわたしの顔を見てびっくり、「唇が真っ青になってる!」って。
自分ではさっぱりわかりませんが、だいぶ顔色が悪くなっていたようです。
気分は悪くなかったんですよ。
高山病の気配もまったく無し。
この時の私の頭の中を占めていたのはただひとつ、

「おなかへった」。

そうです空腹です。
途中であれやこれや食べていましたが、摂取カロリーが消費カロリーに追いついていなかった様子。
顔色の悪さのせいか体調は大丈夫なのかと聞かれ、「おなかがへりました」と答えたら、「それはなによりです」と言われましたが、

わいには一大事だよ!!

おなかへったと騒ぎながら岩をよじ登りガタつくはしごをよじ登り、歩き続けて約6時間。
午前11時頃、ようやく赤岳山頂に辿り着いたのでした。

一緒に行ったMATさんは平静を装いつつ標識から手を離さなかったwww

もちろん山頂にはたいらな場所などどこにもなく、ごつごつした岩場があるだけ。
そんな不安定な足場にもかかわらず結構な人出で、山頂付近は写真撮影のために大混雑ですよ。
山頂の標識の空き待ちをして、絶景をバックにみんなでぱちり。
わたしは補給食をむっしゃむっしゃ。
トレイルバーめっちゃうんまいな~って感動してました。
景色ももちろんよかったけれど、トレイルバー最高!!!!


ちぬるかと
ブログランキング・にほんブログ村へ
思ったわああああああああああ
帰りはもっとひどかった

れべるおに  そのいち



4月の金時山以降、近所のお気軽登山コースに通いはじめたわくし。
距離は短いし標高も低い、のんびり歩いても2時間もあればおうちに帰ってこれちゃう初心者向けのお山ですよ。

けれど侮るなかれ。
ほどよい傾斜や鎖場、滑りやすい石畳があったり大きな岩がごろごろ転がっていたり、ちょっと道をそれると岩をよじ登らされたりと、登山の要素がぎゅっと詰め込まれているのです。
ここを春から夏にかけて週に2回くらい行き来して、そのあいだにトレランシューズとトレランザックも入手して、走ったり歩いたり。
他にも色々と山道具を吟味して揃えていきました。

その間に三回くらい登山の計画を立てたのですが、どれも雨でDNS。
秋の気配を感じる頃になって、ようやく二回目の登山の日を迎えたのでした。
それが10月の下旬のこと。

土曜日の夜、早めに仕事を終えたら急いで準備をし、電車で橋本まで。

金時山の時と違って、自転車一台分くらいの荷物を背負っていきましたよ。
リュックの中身は、フリースのミドルウェアやソフトシェルジャケット、クッカーやガスボンベやストーブ(バーナー)、軽アイゼンやストック、昼食の材料と非常食と水。
自転車ならサドルバッグに突っ込んでいけるのにな~。
ぜんぶ自分で持たなくちゃいけないのはめんどくさいねえw

途中で乗り換えを間違えたり長年愛用していたナルゲンボトルをどこかに落としたりしょっぱなからやらかしつつ、なんとかみなさんと合流できました。

さあさあそしたら真夜中のドライブですよ。

向かう先は、長野。
目指すのは標高2899mの八ヶ岳最高峰、赤岳というところ。

どんなところなのか漠然としか知らんのですが、とりあえず楽しいらしいのでがんばりましょうかね。

登山口の近くの駐車場に到着して1時間くらい仮眠して、ささっと朝食を済ませ支度をして、五時くらいに車を出たら
さっっっむ~い!!!!
10月下旬にしてすでに前日に少し雪が降ったとかで、気温は体感でも氷点下はいってそうなくらい。
それでも歩けばすぐに暖かくなるでしょう。
レッツハイキング\(^o^)/

歩き始めはなんだかいい感じに整備された道。

なにげに登りなので歩いていると息が上がります。
ちなみにこの写真に映っている二名もゲリラ登山部の二名で、ちょっと歩いただけでこれだけ差がつきました。
うち一名はもとワンゲル部。
初心者の域を脱しませんから~とかいいつつも、歩き方は超きれい。
完全に初心者詐欺でしたね/(^o^)\
自転車における初心者詐欺ともうすぐ着くよ詐欺は、登山にも存在することを知ったのでした。
絶望。

2018年は大きな台風がいくつも来たからね、お山もそれなりに荒れたようです。

橋が崩れたり看板が飛ばされたり、山小屋のヘリポートもだめになっちゃったらしくて、山で働く方たちは難儀された模様。
それでもこうやってすぐに橋を再建しちゃうんだからすごい!

そんなこんなで最初の山小屋に到着しましたよ。

これといって特筆することもない山道で、まだまだイージーモード。
ただやっぱり寒くて、置いてあったテーブルとイスにはうっすらと雪が積もっていました。

休憩しつつどっちから登ろうかね~と地図を見ながら話していましたが、わたしはただ付いていくだけw

じゃあこっちから!と決めて歩き始めたものの、さっそく道を間違えたもよう。
「あれ?道違くない?でもこっちからも行けるからまあいいか~」とかなんとか話しつつ歩いていたのですが、「こっちのほうがきついんだよね…」とボソッと聞こえたのは気のせいだったのでしょうか。
レッツハイキング/(^o^)\


ハイキングって
ブログランキング・にほんブログ村へ
なんですかあああああああああ
どこまでがハイキング?

れべるいち



自転車に乗っている人たちに話しを聞くと登山経験者が意外に多くて、しかもわりとガチめなお山に登っている方がちらほら。
わたしが入れてもらっている自転車チーム「ゲリラ豪雨」にも、そんなお方がいらしたのです。
で、登山してみない?という話をいただいて、いちど行ってみるかねと参加表明してみました。
それが去年の4月のこと。
箱根の金時山に登ることになりましたよ。

この時期にそんなに高くないお山に登るために必要な服装って、自転車に乗るときとほとんどかわらないのですね。
なので、わたしは普段自転車通勤するときの恰好で、トップスだけサイジャに替えて行きましたよ。
タイツ、ハーフパンツ、フリースインナー、サイジャ、フリースアウター、パーカー。
あと自転車通勤に使っている、ドイターのバックパック。
山ガールとか言いませんよwww
○○ガールとか○○女子とかいうワード、苦手というかきらいなんですよwww
いい歳したBBAなので、山姥(やまんば)でいきましょう。

そうそう、どうしても買わなきゃいけないものもありました。
ひとつはフリースのアウターで、もうひとつは登山靴。

いくら自転車装備と変わらないといっても、SPDシューズで登るわけにはいかないからねwww
色々調べて、サロモンのトレッキングシューズを選びましたよ。
フリースのアウターもメーカーを揃えてサロモン。

登山靴はびっくりするほどグリップが効くのね!

タイヤも靴も、グリップは大事。

そして長距離を歩くので、補給食も準備しますよ。

自転車との共通項が多いので、初めてなのに手慣れてる気がして面白いwww

そしてやってきました箱根湯本\(^o^)/

電車で箱根に来るなんて何年ぶりだろ?
自転車に乗り始めてから、自転車以外でここに来たことがなかったの。
気付いちゃったんだけど、電車で箱根に行くのってすごい楽だったんだね!!!!
もしかしてみんな知ってた!?!?

そんなわけで登山ですよ。
登山口から山道に入って気がつきましたよね。
「登山って坂登りじゃねえか…!!」
さかみちはきらいなんだよ。

でも景色は最高でしたよ!

自転車では入れないところまで登れるので、いくら低いお山といってもすばらしい眺望。
これを見ると、ここまで来てよかった~!って苦しかったことがぜんぶチャラになるね。

みんな大好き芦ノ湖も、こんなふうに眼下に見るくらい。

あの湖の周辺にはお山大好き変態ピチパンがうじゃうじゃと…とかお喋りしつつ山歩き。
メンバーがみんな自転車乗りなので、話すことが自転車のことばっかりなのですよねwww
おまえらここまで来てなお自転車かよとwww

そして自転車と同じくらい登山ってお腹が減るのね。

お昼ごはんは山小屋でうどんを食べて(撮影禁止だったので写真は無し)、その後も小休止してお茶とお菓子をもぐもぐ。
これはやばいなあ、お山登ったらいくら食べても実質0キロカロリーだなあ…。
自転車と同じだなあ…。
じゅるり。

ただいつものライドと違って、下山後のお楽しみがまだあったの。

みんなでごはんと、乾杯のビール!
わたしは飲まないけれど、お酒が好きな人には外せないよね。
メンバーのひとりは、「下山後は酒です。そこがこの日のピークです」って言っていたものwww

もうひとつのお楽しみは温泉\(^o^)/
わたしのピークはこっちかもしれません。
日帰り温泉でまったりお湯に浸かったら、ふにゃふにゃになりましたよ。

ところでひとつ思い出したのですよ。
わたし、登山と銘打ってお山に登るのは初めてだったのでどんなもんじゃろかと不安もあったのですが、初めてじゃなかったのですね。
子供の頃によく親に連れられて丹沢に釣りに行った、と書いたことがあったと思うのですが、その時にいわゆる登山道や沢を嫌というほど歩いていたのでした。
なんかこういう石やら岩やらがごろごろある道に見覚えがあるなあと思いつつ歩いていたのだけれど、覚えてるもんなんだねえ。
ここは!おれの!フィールド!みたいなノリでウッホウッホ歩き回ってしまいましたわ。


そんな感じのゆる登山。
レベル1から始めるこのわくわく感はひさしぶりです。
なかなか楽しかったので、山姥を続けることにしましたよ。


でも次は
ブログランキング・にほんブログ村へ
レベル鬼いいいいいいいいいい

わたしのきせき


年末年始にかけて、STRAVAのユーザー向けに一年の軌跡を自動生成して動画にまとめてくれるサービスがあるじゃないですか。
それが毎年楽しみなのですが、もちろん2018年の動画も保存してyoutubeにアップロードしておいたので、貼っておこうかと思います。

ただねえ、失敗しちゃったんだよね。
2018年の総走行距離は約11100km。
でもこの動画では、11400kmになっているのです。
なぜなら、2019年の元旦ブルベの分まで含まれちゃったから。
元旦ブルベを走る際、スタートボタンを2018年12月31日の23時台に押してしまっていて、そのまま日を跨いで300kmを走ったら、元旦ブルベは2018年に走ったことになっちゃったのでしたw
だから逆に、今年の1月はすでに1000kmくらい走っているにもかかわらず、月間走行距離は表示上700kmくらいしか走っていないことになっていたりします。


さて。
登山(といってもハイキングの域を出ないくらい)を始めた影響で、去年は自転車の走行距離が1000kmくらい少なくなりましたよ。

去年は転換期だったのかな。
登山を始めたらトレイルランニングと普通のランニングもやりたくなって、近所の山をちょこちょこ登ったり走ったりして。
年末には、ひとりで高尾山20kmをゆるくではあるもののトレランするまでになっていました。
今までのわたしには絶対に考えられないことで、自分でもびっくりしているのです。

自転車が根っこにあるのは変わりませんが、これから登山とトレランについても書いていくことになります。
と、いうわけで。
次回、「初めての登山、初めてじゃなかったよ編」ですよ。


初めてだから
ブログランキング・にほんブログ村へ
やさしくしてねええええええええ
初めてじゃなかったんだけどね

ちょっとそこまでごはんをたべに そのろく



近年稀に見るひどい寝違いをしてしまいまして、昨日は動くたびにビクッって「ィイ゛ッ!!」てグギギってなってました。
微動だにせず寝てる(夜寝た時と同じ姿勢で朝起きる)みたいなので、それがいけないんだろうねえ。
寝違いって早く治す方法あるのかしらん…。

さて。
岡田港で海苔を食べたあとも、まだ1時間以上時間がありました。
通りの反対側のお店で珈琲を飲んで、まわりをうろうろ。
目的のお店が開いていなかったので、岡田港待合所に戻って中の売店でおみやげを物色しましたよ。
IMG_20190105_144013[1]
おみやげといっても、ほぼわたしのおやつですけどねwww

ここでひとつご注意なのですが、岡田港待合所内の売店には大島内のいろんなお店の商品がそろっていて、メジャーなおみやげはだいたいここで手に入ります。
でも、ひと品あたり十円~数十円余分に乗っけてあるので、たくさんお買い物をするとちょっと割高感。
わたしは道中荷物が重くなるのが嫌だったのでここで買ったのですが、車で島内を走って観光するようなら各店を巡って直に買うのがおすすめですよ。
お店の雰囲気なんかを楽しむのも旅の醍醐味だもんね。
でもここチャリブログなんで、車で島内を廻る人は読みに来ないよねw

岡田港の待合所はもうだいぶ年季が入っていてましてね、現在の待合所のお向かいに、めっちゃオサレな新待合所を絶賛建築中!
IMG_20190105_135313[1]
中がどんなふうになるのか楽しみだな!

さてさて。
港が人でにぎわってきた頃、お目当てのお店がオープンしたもよう。
この日の最後のお店はこちら、大島珈琲さん!
IMG_20190105_135220[1]
Facebook→大島珈琲

カフェラテ(450円)をいただきましたよ。
さっきも食後の珈琲を飲んだけれど、それとはまったく別物!
さっきのは全自動のコーヒーメーカーで淹れたもので、こちらはハンドドリップしたもの。
味が濃ゆくて香りも良くて、ぜいたくな珈琲だなあ~(*´ω`*)っていうお味なのでした。
IMG_0488[1]
そして珈琲を受け取ったあたりで帰りの船の乗船が始まったので、片手に珈琲、片手に自転車でお船へ。

席に着いたらさっき買ったばっかりのおみやげをつまみつつ、珈琲をいただきましたよ。
IMG_20190105_144257[1]
ただ残念なことに、おせんべいと珈琲は合いませんでした。
くやしいので船内で売っていたハーゲンダッツを食べました。
おいしかったです。

帰りは眠くもならずやることもなく暇だったので、デッキに出てうろうろ。
ずっと風に晒されて寒かったけれど、日が落ちていく様がきれいで、長いこと景色を眺めていました。
IMG_0513[1]

今回はコンデジを持っていったので、写真を撮るのも楽しかったな。

島内ではストラップで肩から提げて走りましたよ。

18時頃、横浜の大桟橋に到着。
IMG_0510[1]
日本大通り駅まで歩いてそのまま輪行して、20時にはもう自宅でまったりしていたのでした。

全行程23時間弱で伊豆大島をこんなに堪能できるなんて驚き!
最初はすごく遠いと思っていた所だったけれど、慣れれば「ちょっとそこまで」感覚で行けちゃいます。
道の選択次第で地獄にも天国にもできちゃいます。
冬も温暖だし、これから椿の季節だし、みんな伊豆大島に行けばいいのよ。
そしてみんなみんな肥えてしまえ(呪詛)。


次は
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつ行こうかなあああああああ

ちょっとそこまでごはんをたべに そのご



べっこう丼を食べたあとは、帰りの大型客船が寄港する岡田港までの約6kmを走ってゴール。
12時15分くらいにはゴールしちゃいました。
帰りの船が出帆するのは14時30分なので相当早いゴールなのですが、今日のサイクリングはこれでおしまい!
自転車はパッキングしてしまいます。

で、これから何をするかというと、

ごはん食べます
IMG_20190105_123857[1]
岡田港の待合所にはイズシチ丸さんという食堂があって、わたしはここで食べてみたいものがあったです。
食堂は出航間際だとすごく混むので、なるべく早く到着しておきたかったのですね。
実際、席に着いた時にはぎりぎり座れるくらいになっていて、すぐに満席になっていましたよ。

さて。
わたしが食べてみたかったもの、
それがこちらです↓↓↓↓↓↓





IMG_20190105_124631[1]
海苔。


どっからどう見ても海苔。
えぐいほどに海苔。
IMG_20190105_124627[1]
人ひとりあたりの年間消費量分くらいありそうな海苔。


……じゃなくて、これは島のりラーメン(塩)。
IMG_20190105_124900[1]
メンマ、チャーシュー、ねぎ、島海苔、卵(おぼえてない)が乗っていて、そこにトッピング追加(200円)で島海苔マシマシにしてもらったのです。
この写真はすでにしぼんだ状態で、盛られたばっかりの時はちょっと引くくらい海苔が山盛りになっていましたよwww
まわりのお客さんが「あんなに乗るの…」って戦慄するくらいwww

ちなみに、「海苔は別盛りにしますか?」って聞かれてわたしはお断りしたのですが、別盛りをお願いすれば食べる直前に山盛りにしたり、海苔を足しながら食べたりもできますよ。

ラーメン自体のお味はなんの変哲もないふつーの塩ラーメンだけれど、海苔の香りがすんごくいいの!
ただ、麺も具もスープもずーっと海苔まみれで、最終的に海苔を食べてるんだか麺を食べてるんだかよくわからなくなったのと、海苔がスープを吸ってめちゃくちゃ重くなるので、ご利用は計画的に。
トッピングで海苔を追加しなくても、デフォルトで乗ってる海苔だけで充分いい香りなんじゃないかなwww
これはこれでまたよし。


さてさて。
海苔だかラーメンだかよくわからんものを完食したらさすがにおなかいっぱいになったけれど、食後はやっぱり甘いもの。


甘いものは別腹ー!!
IMG_20190105_132119[1]
甘いものは正義ー!!
ウマー!!



おなかいっぱいになったけれど。
なったけれど。

でもまだもうひとつ、行きたいところがあるの。
じゃあ次行きましょう、次。



翌日のうんこが
ブログランキング・にほんブログ村へ
真っ黒になるかもよおおおおおお
特定のバクテリアを腸内に持っていないと海苔は消化できないの。

ちょっとそこまでごはんをたべに そのよん



シャロン洋菓子店さんから次のお店まではすぐ近く。
来た道を少し戻って、あっという間にピットインなのです。
いくら自転車こいでも、お腹が減る時間がまったく無いですよwww

で、こちらがこの日のメインのお食事処、雑魚や紀洋丸さん。
IMG_20190105_112146[1]


張り切りすぎて、開店前に着いてしもたん…/(^o^)\
IMG_20190105_112201[1]
でもすでにお客さんが三組くらいいらして、わたしが到着した時も続々と車が入ってきていましたよ。
席に通されてまわりを見てみたら、すぐに満員御礼になりました。
人気のお店なのね。

注文したのはべっこう丼の定食で、1300円くらいだったかな。
IMG_20190105_153728_420[1]
お膳は、
・べっこう丼(唐辛子醤油に漬けた白身魚と酢飯の丼)
・小鯵の南蛮漬け
・貝の塩ゆで
・たたき揚げ(魚のすり身を揚げた薩摩揚のようなもの)
・お椀
・柴漬け

前にいただいたべっこう寿司がウマーだったので、今回も絶対に食べなくちゃ!って思っていたのです。
IMG_20190105_114554[1]

たたき揚げは揚げたてぷりぷりあっつあつ!
IMG_20190105_114601[1]
下味が付いていて、もうそれだけで充分なお味。

貝の塩ゆでってワタまできれいに取り出すにはコツがいるよねw
IMG_20190105_114819[1]
二個失敗して、二個成功。
ワタの部分はまったりしていて美味でしたん(^q^)

べっこう丼はもちろんおいちいですよ!
IMG_20190105_115107[1]
後味がじんわり辛(から)くて、ああ~島寿司だあ~久しぶりだあ~ってしみじみ味わいながらいただきました。
おかわりしたかったな…。

前回の大島で行った光寿司さんはとってもよかったけれど、こちらのお店も同じくらいいいお店!
たたき揚げと椀物以外は常温で提供されるものなので、提供時間が早いのもいいところ。
また次に来た時は迷うんだろうな。
この二店のどちらに行くか、それとも新規開拓するか…/(^q^)\
幸せな悩みだなw

食べログ→雑魚や紀洋丸

これだけ食べてもお腹はまだまだ余裕!
じゃあ次行きましょう、次。


ここは
ブログランキング・にほんブログ村へ
自転車日記いいいいいいいいい
だってほらチャリで移動してるから間違ってないよ。

ちょっとそこまでごはんをたべに そのさん



揚げたてコロッケを堪能したあとは、強風に煽られながらも景色を楽しんであちこちふらふら。
避難豪ふたつめみっけ。
IMG_0472[1]
ここで自撮り遊びをしてみたのですが、普段そんなことやらないのでまったくどうしようもないものしか撮れませんでしたw
やらせで倒れ込んでみたら道ばたに転がるトドにしか見えん。

ああ~おひさしぶりのバウムクーヘン(^q^)
IMG_0477[1]
バウムクーヘン食べたい(^q^)

さて。
バウムクーヘンも食べたいけれど、このあとはお昼ご飯にしようと思っていたのです。
でもお目当てのお店の開店時間までまだちょっとあったので、先に開店しているお店でデザートをいただくことにしましたよ。

食前のデザート。
ん?
さっき揚げ物食べたから食間のデザート?
なんでもいい。
おいちいならなんでもいい。
おいちいは正義。


そんなわけでデザートをいただくのはこちら、シャロン洋菓子店さん\(^o^)/
IMG_20190105_111052[1]
店内に喫茶もあるよ!

注文したのは、デラックスショートケーキ(*´ω`*)
IMG_20190105_105235[1]

普通のショートケーキもあるんだけどね、そっちはクリームが一層二段で、こっちは二層三段。
IMG_0484[1]
お味は無難でありつつ絶対に間違いのない正統派ショートケーキで、いくつでもいけちゃいそう。
実際のところ、二個くらい注文しようかなと思っていたのですが、このあとのことを考えてやめちゃったのですよね。
全然余裕だったから、追加注文してもよかったなあ…。
次に行った時は二・三個いっとこ。

おみやげに、桜の葉入りクッキーもお買い上げしましたよ。
IMG_20190105_111118[1]
ショーケースに並ぶケーキも焼き菓子もそんなにたくさんの種類があるわけではないので、季節限定品以外は何度か通えばコンプリートできそう。
コンプリートしようそうしよう。

食べログ→シャロン洋菓子店

おケーキ様を食べたらいいお時間!
あま~いもので幸せになったら、次行きましょう、次。


トドって言ったのは
ブログランキング・にほんブログ村へ
誰だゴラああああああああああ
トドって食べられる?

ちょっとそこまでごはんをたべに そのに



島に着いた時はまだ日の出前だったけど、日が出たら気持ちいいこと!
IMG_20190105_073146[1]
最初はぼっち大島とかつまんないんじゃないかな~ってちょっと不安もあったんだけどね、そんなのすぐに吹っ飛びましたよ。
んも~楽しいのなんの!
島の空気を味わいながら、写真を撮りつつ自分のペースでのんびりとろとろ。

そういえば一昨年に伊豆大島に行った時にこれ撮らなかったんだっけかな。
IMG_0471[1]
わりと有名ですが、島の何か所かにこういうトンネルみたいなものが置いてあるのですね。
万がいち三原山が噴火した時に、飛んでくる火砕物から避難するための壕なのです。
こういう珍しいものがあるもんだから、ついつい停まって写真を撮ったりして時間をくっちゃうのです。

そうそう、行こうかどうしようか、ちょっと心が揺れたところがありまして。
IMG_20190105_075900[1]
ここは月と砂漠ラインの入り口。
すんっごい、すんっっごいきっっっつい坂が数キロ続いているのですが、その先にあるのは別世界!
登って損は無い景色が見られる場所なのですよ。
以前に一度行ってちょろっと見たけれど、もう一度行ってもっとちゃんと観光したいと思っている場所なのですね。
でもここ、行って下るだけでも1時間くらいかかるし、観光したらさらに1時間くらい消費することは確実。

だめだ、今日は観光じゃなくグルメなのだ。
だから我慢なのだ。
うまいものを食べるのだー!!

坂を登らない大義名分があるので堂々とスルーしましたよ。

そんなわけで、ようやくたどり着いた波浮港。
IMG_20190105_084553[1]
6時半頃のスタート時におにぎりをひとつ食べたきり。
2時間ちょっとでおなかはもうからっぽだったので、ここで揚げたてあつあつのコロッケをいただきましょう!!

伊豆大島のグルメをググるとだいたい出てくる鵜飼商店さん。
IMG_20190105_084924[1]
ありがたいことに9時開店なのですよ!

開店15分前くらいに着いちゃったので、待っているあいだにメニューを吟味いたしましょう。
IMG_20190105_084950[1]
わあわあ、なに食べようかな~
どれもお手頃なお値段だよねえ。
それに注文を聞いてから揚げてくださるのだそうで、この寒い時期には特にありがたやなのです!

この日はお仕事始めの日だったそうで、開店は少し押して9時15分くらい。
そのあいだに待っていたのはわたしともう一人だけでした。
どんだけ前のめりでコロッケ食べたかったんだっていうw
IMG_20190105_092721[1]
注文したのはねえ、コロッケと、ハムカツと、メンチカツ。
どれも揚げたてさっくさくだよ!
昔から変わらないんだろうなっていう、懐かしくて優しいお味。
はふはふさくさくであっという間にぺろりんでしたん!

わたしは何も付けずにいただきましたが、ソースは別売りで小袋ひとつ20円だったみたい。
10グラムの小瓶入り大島産の焼き塩(200円)もあったので、揚げたてはお塩でいただくのもいいなあ…。
IMG_20190105_092842[1]
食べログ→鵜飼商店

ちょっとおなかが落ち着いたところで、次行きましょう、次。


もう2、3個
ブログランキング・にほんブログ村へ
いけたあああああああああああ
このあとどのくらい食べるかわからなかったので日和ってしまったのが悔やまれます/(^o^)\