さかみちはきらい。

たちごけ

つづきですよ。

練乳あずき氷をしゃぐしゃぐとかっこんで、ファミマをあとにしました。
今回も秋谷口方面へ下り、御滝不動尊を目指します。
葉山口の勾配は平均約7%ですが、秋谷口は9%ほど。
この下りめっちゃ怖いんだよぐおおおおおおー!!
…なので、ブレーキをかけながらゆっくり下るのです。

そんなこんなで少しずつ下っていると、「子安の里 遊歩道」っていう看板が見えてくるんですね。
ここで自転車を降りて、遊歩道を覗いてみましたよ。
遊歩道の横には、小川が流れているのです。

遊歩道の横には、小川が流れて…

いなかった…。
雨降らないしな、しゃーなしだなw

さて、ふたたび自転車で下って、ちょっと停まろうと思った時です。
減速して左足のクリートをはずそうとして、あれ?って。
あれ?外れない?
あれ?転ぶ!転ぶよこれ!
がっしゃーん!!
ああ〜。

初めての立ちゴケです。
でも、転ぶときにハンドルから手を離してはいけないっていうのは頭に入っていたせいかちゃんと掴んでいて、走行時のポジションのままきれいにゴロンと転がれました。左側に。
ダメージなし。車も来ていなかったのでよかったです。

別にクリートがおかしくなっていたわけではなく、力のかけ方が甘かったんですね。
登りでだいぶ足を使ってしまったので、コントロールが効かなくなっていたのもあるし、ちょっと慣れてきて慢心もあったのだと思います。

さて、御滝不動尊へ着きましたよ。
他にも何人か水汲みの方がいました。
前回忘れていたお賽銭を投げ入れてお礼をしたら、水を腕にざぶさぶと。
あああーづめだいいいいいいー!
危うくエロゲ並に白目剥いてンぎもぢいいいって喚くところでしたよw
もうほんとに冷たくて気持ちいいのだもの。
沸かさなくていいのなら、ここで気が済むまでがぶ飲みしたかったぜえ。

そういえば、ここ。

下まで降りられるのかと思ったら、降りられなかったでした。
関係者以外立入禁止の看板があったので、そこまで降りて下を見ると、

こんな感じ。
雨が降らないからなのかもとからなのか、流水量がかなり少ないご様子。

この時、原付に乗った男性がふたり。
へえーこんなとこに湧き水があるんだ!へえーへえー
と珍しがって眺めていて、
有名なんですか?
とか聞かれたりして、
そうらしいけど硬水であんまり美味しくないんですよw
とか失礼なこと答えたりして。
そんな失礼なこと言ったから、のちにバチが当たったんですかね。

さてさて、御滝不動尊から離れて先に行くと、遊歩道兼遊水地に出ます。

右側に屋根付きのベンチとテーブルがあります。
ふた家族がお弁当を広げたり、小川の生き物を捕獲したりで楽しそう。

なにがいるの?

ここに来たあたりで、空がどんより暗くなってきました。
ひんやりした風が吹いています。
遊んでいた家族も、あわてて帰り支度。
さあ、わたしも帰りましょうか。

秋谷口から出て、秋谷海岸へ。
雨が降りそうで降らないどんよりとした空が、これまたきれい。

ぼうっと浮き上がるように見える山の稜線が幻想的。
自分の足で来て見ることができた景色だと思ったら、ちょっと感慨深いじゃないのー

そして、ここからまた逗子方面へ向かうわけです。
三浦方面から帰ってくる車で、道路はちょっと渋滞気味。
さっき立ちゴケたばかりですので、気をつけなきゃーとゆっくり走ります。
葉山の御用邸手前に来ると、ここは結構な交通量。
目の前では、左側にくぼんだバスの停留所に大型観光バスが停まっています。
ここで追い越しするのは後続車がこわいなーと思い、バスの後ろに一旦停車することにしました。
左足のクリートを外して、縁石に足を乗せ…
足を…あれ?
なんでか、身体が右側にぐら〜って。
やばい!やばい!
がしゃーん!!
右側ああああ!
ぐいっと頭を上げると、すぐ横を車がガーッと走り抜けていきます。
今回は右側に転ばないよう抵抗したのか、上半身が上がり気味で、腰で着地して強打しました。
バス停のほうから危ない!っていう声。
そちらを見ると、バスは発車していて、降りてきたのか何十人もの女性が一斉にこちらを見ています。
「んっまー危ない!」
「あの自転車は危ないのよ!」
「危ないわねえええ」
みんなでじろじろひそひそ。
ひそひそじゃないな、おばちゃん…声でっかいな………。
起き上がって、ディレイラーやらハブやらペダルやらをチェックしましたが、リアディレイラーが傷だらけになった以外はなんともないようです。
転んだ場所もバスの停留所寄りで、本線からちょっとだけはずれていたのも幸いしました。
わたしの近くを走っていたドライバーさん、驚いただろうな。
本当に申し訳ないことをしてしまいました。

いつまでもここにいるわけにはいかないのですが、自転車に乗って帰るのがこわくなりました。
最初に立ちゴケた時に、気をつけよう、気を抜かないようにしよう、って気持ちを改めたはずなのに、結果これだもの。
情けないったらないわ。
でも、自分の足でペダル回さなきゃ帰れないでしょ。
だから、サドルに跨って、右足のクリートをはめるでしょ。
そんで漕ぎ出して、バス停のおばちゃんの前を通ったら、
「気をつけるのよー!」
「気をつけなさいよ!」
「気をつけて!」
うわあああ傷口を広げないでえええでもありがとー!!

右に曲がるはずだったのですが、恥ずかしさのあまりここから早く離れられる直進を選んで走り出します。
葉山マリーナ方面へ向かったのですが…ここは、恥ずかしさを堪えて右折するべきでした。
もう大渋滞。
くっそ狭い道が車でみっしり。
慣れたローディさんたちは、対向車なんぞものともせず車の右側をすいすい走って行きます。
わたしのいまのメンタルでそれはできないわ…。

結局、予定よりも1時間くらい遅くなって帰宅しました。
あの湘南国際村での達成感なんぞどこかに吹っ飛ぶくらいの自己嫌悪で、昨日今日と悶々としています。
でも仕事にはSPDシューズで行ってたりして、もう立派な自転車バカですね。
今後も練習あるのみだ。


まとめ。
走行時間 2時間19分00秒
走行距離 34.96km
アベレージ 15.0km/h
消費カロリー 467kcal

かんそう。
みんなこの恐怖と闘うのかー。
わたしが気にしすぎで大袈裟なだけなのかね。


落ち込んでる時にこのバナー見ると腹立つわ
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
自分で作ったんだろー
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。

あらあ、とうとうやっちまいましたか。
でも、体も自転車も大怪我しなくてよかったですねえ。

普段より頑張って頑張って、達成した時って
気が緩んだり、体力使い切って何でもないところでも
あっていう時がありますよ。

私だって、赤城山ヒルクライムでへろへろになって上りきって
クリート外そうとしたら外れなくて、右に倒れた事有ります。

後ろからはヒルクライムしている人、
前には上りきって見ている人と、
ちょ~恥ずかしかった記憶がありますもの。



HIGIRI | URL | 2014-08-04 (Mon) 22:16 [編集 ]


どんまい

おつかれさま

自分がクリートを外す時の方法は
クリートを外す時は足を伸ばして、つま先を中心点(支点?)にして外側へかかとを捻って外しています
力がクリートに上手く掛かって外れます

右に倒れたのは右足に体重が掛かってしまい車体が右に傾いたからだと思います
対策としては頭を左側にずらせば車体も左側に傾くので右には行かないと思います
文字からの推測で書いていますので参考に

こんな時こそ理論的分析です

bgle | URL | 2014-08-04 (Mon) 23:16 [編集 ]


危なかったですね…

一日に何度もコケてしまい、ショックでしたね。
特に右側にコケたのは危なかったですね。
ケガがなくて本当に良かたです。
擦り傷や打ち身はあったのかな?
ディレーラーが傷付いてしまったのもショックですよね。
僕もコケた時に、シートステイを傷付けてしまった時はショックでした。暫く自己嫌悪でした。
コケた時の恥ずかしさは慣れますよw
テヘペロってw
ケガさえなければ、OKです。
ショックを受けてもなお、仕事に行く際はSPDを使うとりにくさんなら、直ぐに立ち直れますよ!

kaz | URL | 2014-08-04 (Mon) 23:18 [編集 ]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-08-04 (Mon) 23:24 [編集 ]


Re: タイトルなし

HIGIRIさんこんばんは!

> あらあ、とうとうやっちまいましたか。
> でも、体も自転車も大怪我しなくてよかったですねえ。
とうとうやっちまいました…orz
今回怪我をしなかったのはたまたま運が良かっただけですよね。
いま思い出しても恐ろしいです。

> 普段より頑張って頑張って、達成した時って
> 気が緩んだり、体力使い切って何でもないところでも
> あっていう時がありますよ。
確かに気の緩みが大きかったです。
これ、長距離なんかだと集中力も切れてきて危険も増しますね。
HIGIRIさんは千葉から三浦から百数十キロも走っていらっしゃいましたよね。
改めて尊敬です…!

> 私だって、赤城山ヒルクライムでへろへろになって上りきって
> クリート外そうとしたら外れなくて、右に倒れた事有ります。
> 後ろからはヒルクライムしている人、
> 前には上りきって見ている人と、
> ちょ~恥ずかしかった記憶がありますもの。
うわああ右側!
おっ、おそろしや…。
HIGIRIさんはお怪我等無かったのかしら?
ギャラリーがいると恥ずかしさも倍々になりますよね///
あの視線…恥ずかしすぎます(泣

とりにく | URL | 2014-08-05 (Tue) 00:41 [編集 ]


お疲れ様でした。

とりにくさん、こんばんは!
今回読んで、とても複雑な気持ちになりました。
オススメしたビンディング。
これ無くしてロードバイクは分からない、
しかし危険が伴うことは分かってる。
気軽にオススメしてはいけなかったか、
両刃の剣だったかと感じてしまいました。

ただ継続されてる様なので一言だけ。
ビンディングを外した方に必ず意識して
体重を掛けて下さい。

わたしも何度もやってるんです。
外した方の反対にふわーと傾くことが・・・
疲れた頃のケアレスミスです。

疲労してる時ほど意識は明確に。
おっしゃる通りメンタルで安全を確保。
わたしも肝に銘じたいです。

Tamarider | URL | 2014-08-05 (Tue) 00:44 [編集 ]


Re: どんまい

bgleさん続けてどうもです!


> 自分がクリートを外す時の方法は
> クリートを外す時は足を伸ばして、つま先を中心点(支点?)にして外側へかかとを捻って外しています
> 力がクリートに上手く掛かって外れます
わたしが立ちゴケた時にクリートを外した位置は、左足を上げた時でした。
だから右側に体重がいっちゃったんですね。
外すのは足を伸ばした時、っていうのを徹底したいと思います。

> 右に倒れたのは右足に体重が掛かってしまい車体が右に傾いたからだと思います
> 対策としては頭を左側にずらせば車体も左側に傾くので右には行かないと思います
> 文字からの推測で書いていますので参考に
> こんな時こそ理論的分析です
以前にもbgleさんに右側へ傾いてしまう原因を教えていただきましたよね。これは本当に大事なことですね。
今回は対策もありがとうございます!肝に命じます。
あとはとっさの判断ができるかどうかで状況は変わってきますよね。
転ぶ練習、どこかでできればいいんだけどなあ〜

とりにく | URL | 2014-08-05 (Tue) 00:54 [編集 ]


Re: 危なかったですね…

kazさんこんばんは!

> 一日に何度もコケてしまい、ショックでしたね。
> 特に右側にコケたのは危なかったですね。
いちばんやっちゃいけない転び方でした(汗
クリートの脱着するタイミングをもう少し練習しようと思います。

> ケガがなくて本当に良かたです。
> 擦り傷や打ち身はあったのかな?
ありがとうございます!
脂肪がいいクッション材になってくれてびっくりするほど無傷ですw
体脂肪に感謝!

> ディレーラーが傷付いてしまったのもショックですよね。
> 僕もコケた時に、シートステイを傷付けてしまった時はショックでした。暫く自己嫌悪でした。
うーやっぱりショックでしたねえ。
いくらお安いSORAさんとはいえ、わたしには大事な相方ですので(泣
kazさんも経験ありですかあ。やっぱりショックでしたよね。
そのうち傷だらけになってきたら、ちょっとくらいこすったって気にならなくなるかしら…w

> コケた時の恥ずかしさは慣れますよw
> テヘペロってw
> ケガさえなければ、OKです。
> ショックを受けてもなお、仕事に行く際はSPDを使うとりにくさんなら、直ぐに立ち直れますよ!
恥ずかしさが快感に変わったら良いのですが、残念ながらその趣味はなかったようですw
慣れるといいなあ。
でも慣れた!って言えるほど転びたくないなあw
とにかくSPDを使わないことには慣れもなにもないので、できるだけ使っていこうと思います!

とりにく | URL | 2014-08-05 (Tue) 01:05 [編集 ]


Re: タイトルなし

通りすがりさん、ご意見ありがとうございます!
おそらくお気遣いくださって鍵付きにされたのだと思うのですが、個人を特定できるものではなかったので、そのまま参照させていただきました。

> 通りすがりの者ですが、参考まで。気を悪くしないでください。
> 「慣れたローディさんたちは、対向車なんぞものともせず車の右側をすいすい走って行きます。わたしのいまのメンタルでそれはできないわ…。」
> ⇒おかしいと思わないなら、ビンディングの練習よりも道交法の勉強が先ですね。

そうなんですね、道交法はいつでも気になった時には調べたり、本を読み返したりしていましたが、色々な解釈があってどうしよう、というときもあります。

追い越しについてはこちら↓を見ていましたが、上記の場合、当てはまらないのでしょうか?
http://law.jablaw.org/rw_passv
車も徐行していたわけではないので、いいのだとばかり思っていました。

自分でも調べているつもりではあるのですが、思い込みからくる自分に都合の良い検索用語だったりするかもしれません。
教えてクレクレになってしまって申し訳ないのですが、ご指摘お願いできますでしょうか?

とりにく | URL | 2014-08-05 (Tue) 01:29 [編集 ]


登竜門

とりにくさんのブログ読んでドキドキが止まらない そら。です。

怪我が無くてよかったぁ~
ショックは大きいけれど、経験値はUPですね。

足が疲れてクリートが外しづらい時は、上支点より
下始点の方が力が入り易く外せるそうです。
また、サドルに座ったまま縁石に足を乗せ停車してるのも
立ちゴケあるあるだそうです。
殆どの人が信号待ちでそうやっていますがね。
最初の内は面倒でも、サドルより降りて立つように
した方がいいみたいです。

そら。はR134鎌倉交差点で信号待ち中に、
風で煽られ道路側に倒れた事があります。
倒れる最中何も出来ず、景色がゆっくり流れてました。
膝からアスファルト直撃だったので、かなり腫れ内出血しました。
足は痛いやら、チョー恥ずかしいやらで誰とも目を合わさず、
フラフラしながらその場を去った事があります。

コメントながっ!ツイツイ書きたくなってしまいまするぅ。
 

そら。 | URL | 2014-08-05 (Tue) 01:32 [編集 ]


Re: お疲れ様でした。

Tamariderさんこんばんは!!

> 今回読んで、とても複雑な気持ちになりました。
> オススメしたビンディング。
> これ無くしてロードバイクは分からない、
> しかし危険が伴うことは分かってる。
> 気軽にオススメしてはいけなかったか、
> 両刃の剣だったかと感じてしまいました。
えっと何をおっしゃいますか(汗
リスクを理解した上で自分の意思でビンディングにしたんですよ〜!
Tamariderさんが気にすることじゃないです〜!!
のぶ代に押し切られたとか言っても最終的にいろいろ考えてビンディングにすると決めたのはわたし自身ですからね、ペダルを変えた以降に何があろうとそれはすべて自己責任です。
それに誰にオススメされなくても、いずれはビンディングに変えていました。
その時期がちょっとだけ早いか遅いかの違いです。
わたし、Tamariderさんが気にしてしまうような書き方をしてしまったんですね。ごめんなさい!
複雑な気持ちになる必要なんか、全然無いですからー!
でも今日も通勤途中に「びーんーでぃーんーぐーぺぇーだぁーるぅー」ってのぶ代が騒いでましたw
これしばらく消えませんわwww

> ただ継続されてる様なので一言だけ。
> ビンディングを外した方に必ず意識して
> 体重を掛けて下さい。
はい、これはもう絶対気をつけます。
いまビンディングの良さを少しづつ感じているところですので、ちゃんとこの基本を身につけたいと思っています。

> わたしも何度もやってるんです。
> 外した方の反対にふわーと傾くことが・・・
> 疲れた頃のケアレスミスです。
> 疲労してる時ほど意識は明確に。
> おっしゃる通りメンタルで安全を確保。
> わたしも肝に銘じたいです。
Tamariderさんが何度もやるってひいぃ…!
あのふわーっと感、恐ろしいものですね。
疲れた時のケアレスミスは本当にその通りでした。
長距離は、もっと体力を付けて走り慣れてから挑戦したいと思います。

で、何年か後におニューのバイクにしたら、SPD-SLにするんですー!やほーい!

とりにく | URL | 2014-08-05 (Tue) 01:58 [編集 ]


とりにくさん、おはようございます。

怪我なくてなによりです。

私の場合は、調整したけど
どうしても左右で外すのに差があって、
足の動かし方含めて左が苦手で
右足のみ装着ってなってます。

しかし、こけると体の痛み以上に
視線痛いんですよね..

三島の苔丸 | URL | 2014-08-05 (Tue) 04:14 [編集 ]


大きな怪我がなくて良かったですね
それだけでもホッとしました

でもこけた後もビンディングはめて帰る勇気に脱帽です!

あき 改め はる | URL | 2014-08-05 (Tue) 08:26 [編集 ]


コケた時は・・・

「グフウッ」と変な声が出ちゃうshironagoです。

痛みより恥ずかしさが勝って、あとからズキッとするのは ロードバイクあるあるです(笑)

あと、体よりバイクやウェアのダメージの方が気になるのも ロードバイクあるある!

shironago | URL | 2014-08-05 (Tue) 10:16 [編集 ]


Re: 登竜門

そら。さんこんにちは!

> とりにくさんのブログ読んでドキドキが止まらない そら。です。
> 怪我が無くてよかったぁ~
> ショックは大きいけれど、経験値はUPですね。
どきどきですか〜もっといいことでどきどきだったらよかったのですが(汗
しっかし衝撃を受け止めてくれた体脂肪に初めて感謝しましたねえ〜w
経験値はアップしたと思いたいです!
アップしてくれなきゃ困るううう

> 足が疲れてクリートが外しづらい時は、上支点より
> 下始点の方が力が入り易く外せるそうです。
なるほどなるほど、と今日は何回か下支点で外してみました。
まだまだ練習しなきゃですわ〜

> また、サドルに座ったまま縁石に足を乗せ停車してるのも
> 立ちゴケあるあるだそうです。
> 殆どの人が信号待ちでそうやっていますがね。
> 最初の内は面倒でも、サドルより降りて立つように
> した方がいいみたいです。
これも気をつけます。
つい縁石を探してしまうんですよね。
転んだ時も縁石を目指していました。
貴重なアドバイス、ありがとうございます!
そら。さん、すごい頼もしいです。

> そら。はR134鎌倉交差点で信号待ち中に、
> 風で煽られ道路側に倒れた事があります。
> 倒れる最中何も出来ず、景色がゆっくり流れてました。
134号線!おっそろしい!!
車と接触されなくて何よりでした…!
海沿いは風が吹くとすごい威力ですよね。
ふわ〜って倒れていく時のゆっくり感、もう二度と味わいたくないですよね。

> 膝からアスファルト直撃だったので、かなり腫れ内出血しました。
> 足は痛いやら、チョー恥ずかしいやらで誰とも目を合わさず、
> フラフラしながらその場を去った事があります。
痛いわ恥ずかしいわ怖いわ、一瞬でメンタルぼろぼろですよね(汗
膝はのちに長期間にわたってダメージが続きますよね。
もう大丈夫なのでしょうか。
くれぐれもお大事になさってください!

> コメントながっ!ツイツイ書きたくなってしまいまするぅ。
長いコメント嬉しかったですー!
コケただけの話でお恥ずかしいのですが、貴重なお時間を割いてくださってありがとうございました!

とりにく | URL | 2014-08-05 (Tue) 16:15 [編集 ]


Re: タイトルなし

三島の苔丸さんこんにちは!

> 怪我なくてなによりです。
うわーありがとうございます!
三島の苔丸さんも体脂肪を味方につけてください!
ぼよんって衝撃を吸収してくれますよw

> 私の場合は、調整したけど
> どうしても左右で外すのに差があって、
> 足の動かし方含めて左が苦手で
> 右足のみ装着ってなってます。
うおお、わたしと一緒です!
左側のペダルの調節で、もう少し緩くしようか考え中なんです。

> しかし、こけると体の痛み以上に
> 視線痛いんですよね..
視線も痛かったですね〜
おばさまがたの集団は特に容赦ないですので、のたうちまわりそうになりました…。

とりにく | URL | 2014-08-05 (Tue) 16:20 [編集 ]


Re: タイトルなし

はるさんこんにちは!

> 大きな怪我がなくて良かったですね
> それだけでもホッとしました
ありがとうございます。
ほんと、怪我しなくて良かったです。
今回はメンタルがいちばんやられましたね(泣

> でもこけた後もビンディングはめて帰る勇気に脱帽です!
はるさんのブログを読んで、初ビンディングでの転倒後のはるさんの気持ちが今、手に取るようにわかります…。
しおしおでしょっぼしょぼですw

とりにく | URL | 2014-08-05 (Tue) 16:26 [編集 ]


Re: コケた時は・・・

shironagoさんこんにちはー!

> 「グフウッ」と変な声が出ちゃうshironagoです。
わたしも「うぐぅっ」みたいなうめき声が出ましたw
きゃー!なんて無いです無いですw

> 痛みより恥ずかしさが勝って、あとからズキッとするのは ロードバイクあるあるです(笑)
>
> あと、体よりバイクやウェアのダメージの方が気になるのも ロードバイクあるある!
いまのところ痛いところはないのですが、服のダメージは気になりましたね〜
なんちゃってサイクリングウェア…っぽいのを着ていたのですが、なんちゃってですら1着しか無いものでw

とりにく | URL | 2014-08-05 (Tue) 16:30 [編集 ]


初めてコメントしますが、結構愛読してたりしますw
アドバイスというほどではありませんが、自転車はハンドルを切った向きと逆に倒れやすいことは知っておくと便利ですよ。
試しに自転車に跨って右にハンドルを切ったまま左右に振ってみて下さい。右には倒れる気がしないはずです。
信号待ちの時に軽く右にハンドルを切っておく、あっヤベっ、って思ったときはとっさに右にハンドルを切る。これで右への立ちゴケは防げるはずです。たぶん。
ちなみに、右のクリートを外そうと足を捻る動きは左にハンドルを切る動きと同じですから、右クリートを外そうとすると必ず右に倒れます。逆だとビンディングペダルそのものが成り立たないので、当たり前だけど。

あいどくしゃ | URL | 2014-08-06 (Wed) 08:44 [編集 ]


Re: タイトルなし

あいどくしゃさん、コメントありがとうございます!
今後も記事のお下品ハードルは上がって行くと思うのですが、どうぞよろしくお願いいたします!

ハンドルを切った向きと逆に倒れやすい
↑この文とその後の解説、ものすごくためになりました。

> 試しに自転車に跨って右にハンドルを切ったまま左右に振ってみて下さい。右には倒れる気がしないはずです。
> 信号待ちの時に軽く右にハンドルを切っておく、あっヤベっ、って思ったときはとっさに右にハンドルを切る。これで右への立ちゴケは防げるはずです。たぶん。
これ、あしたやってみます。
やってみるまでもなくこの解説を読んでなるほどー!!と思いましたが、実践してみるのは大事ですね。

> ちなみに、右のクリートを外そうと足を捻る動きは左にハンドルを切る動きと同じですから、右クリートを外そうとすると必ず右に倒れます。逆だとビンディングペダルそのものが成り立たないので、当たり前だけど。
腑に落ちすぎですw
ほんとにいろいろと立ちゴケを予防する方法、右に倒れないようにする方法があるのですね。
いきなり全部は頭に入らないですが、とにかくハンドルは右に!と頭に叩き込んでおきます。
ありがとうございましたー!!

とりにく | URL | 2014-08-06 (Wed) 16:09 [編集 ]


 

トラックバック