FC2ブログ
 

さかみちはきらい。

うんどうかい  そのさん



大量にひきにくを挽いて冷凍したので、しばらくひきにくメニューなのです。
今日のごはんは高野豆腐の射込み!

ひきにくに干ししいたけとにんじんのみじん切りを合わせて高野豆腐につめつめして、
かつお出汁をひいたら、干ししいたけの戻し汁と合わせて調味して、そこにドボンして煮たら切り分けて完成ですよ。
おつゆがじゅわっと、とってもおいちいでございます(*´ω`*)

明日はロールキャベツで明後日はピーマンの肉詰め、めっちゃひきにくまつり。
最近は低糖質メニューがマンネリ化していたので、これでちょっと楽しくなってきたよ。


さて、イベントの続きですよ。
施設の見学が終わったらふたたびバンクに戻って、しばらくのあいだバンク走行を楽しみます。
わたし、一年半くらい前にバンクを走ったことがあるのですが、あの時はいまいちあのすり鉢状の上のほうへの上がり方がわからなくって、ちょろっと上がったと思ったら
「あれ?あれ?下がっちゃう、あれえええ???」
って自然と下のほうに降りてきちゃったのですね。
なので今回もどうかなあと思ったのですが、意外にもすんなり上まで登れて、そのままくるくる走れちゃいました。
線に沿って走れば自然と上がれる、というのを教えてもらったからかな。
高いところを走るの楽しくて、ずーっとくるくるくるくる走ってしまいましたよw
なんとかは高いところがお好き。

さてさて。
ある程度バンク走行に慣れたら、400mTTの始まりですよ。
三人ずつバンクに出て時間差でゼロスタートし、一周400mのタイムを記録するのです。

最初に、お手本として競輪選手が走ってみせてくれました。
男性選手が28秒台、女性選手が32秒台。
一周して戻って来たときはほぼトップスピードなのだと思いますが、この時のグオッ!グオッ!って風を切る音のすごいこと!
見守っていた参加者さんたちから、「ぉおお…」という、どよめきと感嘆の入り混じった声が上がりました。

さあさあ、実際に走ってみましょうかね。
バンク内はクリート付きのシューズでの歩行は禁止なので、コースにゆっくり進入してスタートラインあたりまで進んだら、クリートはペダルに嵌めたまま、サドルを支えてもらってスタートを待つのです。

こちらはみおこさん。

めっちゃ落ち着いてスタンバイ中でございます。

ちなみにわたしはえらい大騒ぎをしてしまいまして、よろよろ進入したあげく、支えてもらっているのに自分で姿勢を安定させられないものだから、
「いやああああああ!!!!こわいいいいい!!!!いやあああああ!!!!」
と大絶叫したあげくクリートを外してしまう始末。
「大丈夫だから!支えてるから!」
ってなだめられて、フゥー!フゥー!って興奮したぬこのような息でスタートを待ちました。
嗚呼情けなし。
こんな状態でゼロスタートなんて無理無理無理無理無理無理無理無理無理無
ってブツブツ呪詛を吐いていたのですが、スタート時にサドルをぐいっと押されたので、すんごいスムーズに走りだすことができました。

「無理無理無理むっ」
ぐいっ
「あっひゃああああああ~(゚∀゚)」
ぐるぐるびゅーん!!
バンクたっのしい~い!!

この変わり身の早さよ。

みおこさんはスタート時の足の位置を間違えていたと言っていたのですが、こうやって見てみるとすごくきれいなスタートを切っています。

TTの結果はなんと!
わたしが1位、みおこさんが2位でしたん\(^o^)/

TTが終わったら、午前の部は終了。
45分くらいのお昼休憩なのです。
一度敷地外に出て、一般用の入口から入りなおして、場内のお店に向かいます。
わたしは売店でちくわ揚げとホットドッグ、フライドポテトをもぐもぐ。追加でゆで卵ももぐもぐ。
どれもお手頃なお値段で、揚げたて出来立てを出す時にお店のおばちゃんが大声でお知らせしてくれるので、とってもあちあちでおいちいものがおなかいっぱい食べられましたよ。

場内には、一般のお客さんもたくさん来ているので、ピチパンのわたしたちは「おまいらなにやってんだい(゚∀゚)」みたいな目で見られましたw
ちくわ揚げを頬張ってたら知らないおっちゃんと目が合って、おっちゃんとふたりでうふふ、にこーってしちゃったwww

そしてバンクに戻ったら、みんなで集合写真をぱちり。

写真を撮るためにバンクの傾斜を上ったのですけれどね、実際に歩いてみる(普通のお靴に履き替えています)と、その傾斜のすごさにびっくり!
歩きながら身体をまっすぐ保つことなんてできません。
前かがみで一歩一歩、あんよを踏みしめて歩くのです。


このあとは高速走行と走度競争!


転がったら
ブログランキング・にほんブログ村へ
止まれないぜえええええええええ
やっちゃいけないと思うとやってみたくなる不思議
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する