FC2ブログ
 

さかみちはきらい。

まよなかのじょうちょ




2020年11月15日の日曜日、午前1時の高尾山口駅からこんばんは!


と、いうわけで。
終電輪行ならぬ終電登山ですよ。
お仕事を巻きで終わらせて、リュックサックをひっつかんで電車に乗って2時間ちょい。
すでに冬の気配の高尾山に、ゲリラ豪雨登山部の面々(ゲリメン)と御来光を拝みに行くのです!

ちなみに、わたしたち以外にも3組くらい終電登山するパーティーがいましたよ。
この季節でそれだけいるなら、夏ならもっといたりする?

さて。
まずは高尾山へ至る9つのルートのうち、稲荷山コースを登ってまいります。
もちろん真っ暗ですよ。

なーんにも見えないの。
なのでみんなライトを持ってくるわけです。
わたしはヘッドライトを装着し、VOLT1300を手に持って
「明るさは正義!!」
って照らしてやりましたよ。
すげー明るい、明るくてなんにも不自由がないっていうか昼みたい。
そしたら、
「明るい。明るすぎて情緒が無い。却下。」
却下されました。
なるほど、情緒!
言わんとするところはわかります、夜登山の不自由さを味わいに行ったのに、昼並みに歩けたら意味が無いですわな。
なのでVOLTではごく近くの足元を照らすだけにして、ヘッドライトを頼りに進みます。
あ、高尾山にも熊の出没情報があるので、たまに振り返って遠くを照らしてみたりしました。

ちなみにワンゲル部出身のゲリメンいわく、20年前は指向性のない豆電球みたいなので歩いていたそうです。
指向性が無いと、どこに灯りを向けても自分の周りが薄ぼんやりと明るくなる程度なのだとか。
それでも目が慣れるとちゃんと見えるし、そんなのでソロ登山もしたそうな。


時折見える夜景(八王子かな)がきれい!


そんなこんなで真っ暗な中、怪談を話して「こわいやめて泣」ってゲリメンを怖がらせつつ、午前3時に高尾山に登頂しましたよ。

どう考えても怪談より薄ぼんやりの灯りでソロ登山するほうが怖いでしょwww

高尾山山頂って、あんまり山頂らしくなくて観光地の広場みたいになってるんだけど、その広場のど真ん中に女性2人が小さな灯りをともしてレジャーシートを敷いて宴会してて楽しそう。
やっぱり御来光待ちかな?


いかん、時間が無いのでとりあえずつづくー!


11月の高尾山は
ブログランキング・にほんブログ村へ
寒いぃぃぃぃいいいいいい
まふゆ。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する