さかみちはきらい。

へんたいたろう

さて続きですよ。

輪たろう氏とミウライチをした日は、なかなか風の強い日でした。
野比海岸や三浦海岸等の海沿いに出ると、いい感じに向かい風。
無風の日であればスプリントするのにちょうどいい場所なのですが、この日はうんうんうなりながら進む感じ。
ぜんぜん進めないわたしを見かねてか、輪たろう氏が「この先しばらく一直線ですか?牽きますよ」と前に出てくれました。
おお、これは!!
「輪たろうさんやばい、めっちゃ楽ゥー!」
「…フッ(鼻で嗤ってた)」
いい風よけができましたよ!!
夜も明けきらぬうちに相模原から50kmも走ってきて、
パン食べ過ぎたせいでお楽しみの海鮮も食べることができず、
さらにミウライチのあとまた50km走って帰らなきゃいけなくて、
今日は絶対前なんか牽かねー!って決めてたひとに、
前を牽いてもらいましたよ!!

(´-`).。oO(鬼畜の所業でさーせん

そんな輪たろう氏から、事前に「行き方知ってる?」
って聞かれていた場所がありましてね。

おそロシアの葉山教会ですよ。

いやあ、こんなところ登りたいだなんて、変態ですなあ…。

「おしゃれは足元から(キリッ)」
という言動に恥じないオサレ靴下を装着した彼は…


ぴゃーっと走って行っちゃいましたよ。

あっという間に見えなくなりました。

この写真の奥のほうは、結構な壁のうえに苔も生えた悪路らしいのです。

徒歩でも行くのためらっちゃう。
わたしはここまで歩いて登り、あとは停まって待っていましたwww

振り返ってみれば、ほんのわずかな距離なのにこの高さ!!


もう少し視線を上げれば、こんな景色が見えますよ。

あらやだいい雰囲気。
地面は地獄なのに。

輪たろう氏は余裕綽綽でご帰還されました。
この調子で相模原のお山を制し、ひとびとをゆるポタ詐欺へといざなうのでしょうね。

さてさて。
お昼を少し過ぎたころ、小坪へと戻ってきましたよ。
このころになるとだいぶお腹がこなれてきて、一食くらいなら入りそうな感じになりました。
小坪にはちょっと有名なごはん屋さんがいくつかあるので、そのうちのひとつ「めしやっちゃん」でごはんをいただくことにしたのです。

時間的のせいか市場の定休日のせいか、地魚等のお刺身、生ものは軒並み売り切れ。
なので輪たろう氏はまぐろのほほ肉のステーキ的な定食にして、
わたしはこちら↓

ダンボー驚愕のでっかさの、
かき揚げ丼!

写真だとわかりづらいですが、結構なボリュームなのです。
大きなかき揚げが二枚乗っかっているのです。
でもこれで普通盛りなのです。
このお店のかき揚げ丼にはもうひとつ、メガ盛りというのがあったりするのです。

ちょうどメガ盛りのかき揚げ丼を注文したひとがいて実物を見たのですが、完全にタワーでした。
めっちゃタワってました。
あんなん食ったら油で気持ち悪くなってげーしちゃいそう…なくらいのでっかさなのでした。

かき揚げ一枚が結構なボリューム。
ずっしり重くて持ち上げるのも大変ですよ。
具材はたまねぎと長ねぎ、あとこれは烏賊げそかなあ。
もうちょっと海鮮系の具が入ってるとうれしいです。

揚げたてサクサクのかき揚げはとってもおいちいのですが、二枚目に突入したあたりから苦しくなってきて、完食するのに苦労しました。
わたしもマグロのほほ肉の焼いたやつにすればよかったな…。

その後は輪たろう氏を滑川まで送り届けて解散。
彼はそこからさらに50kmの道のりを経て、暗くなる前に無事に帰宅されたそうな。
いやはやお疲れさまでございました。
なーんにも無い三浦半島でしたが、ぜひまた自走であそびに来てくださいな!
次はゲストに前を牽かせたりしませんのでwww

おっしまい。




胃袋のほうも
ブログランキング・にほんブログ村へ
鍛えておけよおおおおおおおお
わたしもまだまだ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する