さかみちはきらい。

おとなのおまつり じゅうたい



さあさあ、早く金山神社の境内に…と、もと来た道に出ると、なんだか人であふれてる。
もともと広くはない道の両端に、たくさんの人、人、人…
道の真ん中を歩き、あと少しで神社というところまで来て、「どいてどいて!」って押し戻されてしまいましたん。
そうです、とうとうあのお神輿が担がれる時が来たのです!
ちんこ神輿が!!

最初は巫女さんとか


宮司さんとか

おお、なんていうのかなこういうの、とっても正統派な雰囲気!

ただしお神輿に乗ってやって来るのはちんこです。

おお…でっかいですな…
エイサ、ヨイサ、と声をあげる男衆が担ぐ黒い物体が住宅街を練り歩く図は相当シュールですよ。

そしてその後に続くのはエリザベス神輿。

このお神輿がいちばん盛り上がっていました。
前のお神輿とは掛け声が違うの。
オネェさんが野太い声で
「かーなーまーらー」
って声を上げると、その他のオネエさんと他が
「でっかいまーらー」
って返すっていう。

あのおしとやかで色っぽいオネェさまがたが、太くてたくましい腕でお神輿を担いで練り歩きます。

そりゃ盛り上がるわwww

さっきのお神輿よりさらにシュール。

風紀上、現在は天蓋が付けられているのですが、これが無かった頃の写真を見たらもっとやばかったです。

そして最後に、いちばん地味なあいつがやってきましたよ。

なんだろうね、いちばん地味なのがいちばん盛り上がったあとに来ちゃったもんだから、みんな
「ああ、うん」
みたいな感じで横に受け流しちゃってましたよね…。
すまんねすまんね、あなたも十分立派ですねwww

そうそう、
わたしとまっつんさんは、神社に戻るところで押し戻されたらたまらんと思い、道路の観客の後ろにまわってお神輿を見上げていたのですが、観客の多さと担ぎ手の多さに押されて二人ともひっくり返りました。
不可抗力とはいえ、まっつんさんを下敷きにしてしまって申し訳なしでございます(;´Д`)潰れちゃう!

もし来年以降行かれる方は、なるべく物が置いていない安全なところで見学されるのが吉ですよ。

次でようやく
ブログランキング・にほんブログ村へ
おしまあああああああああああい
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する