さかみちはきらい。

めんかい


さて。

あんこさんを改修するにあたって、いろいろ悩んだのですね。
わたしの初めてのロードバイクであるあんこさんは、十万円ぽっきりで買ったエントリーモデルの、激重アルミロード。
約10kgあるのです。
当初、このロードバイクのワイヤー類の交換時期が来たら、もう廃棄してしまおうかと考えていたんですよ。
とにかく重いっていうのと、この値段で買ったロードのメンテにお金をかける価値があるのかということで悩んでいたのです。

ロードバイクの当時の売値の半分以上をかけて改修するのってちょっとどうかなあ、だったらジテツウや輪行に使えるもう少し軽いアルミロードを買ったほうがいいんじゃないかなあ。
でも、ジテツウのためにうん十万使うくらいなら、次のレース用のカーボンロードにまわしたいなあ。
でもでも、もうあんこさんはメンテしないと乗れないなあ。

ぐるぐるぐるぐる考えていたのですが、巨匠に
「今焦って新しいの買うことないよ、このアンカーはまだ乗れる」
と背中を押して…じゃなく引き戻してもらい、あんこさんのワイヤー類やハンドル、シートポストの交換をすることにしたのでした。

そして今回交換するに至ったのは、
STI
ブレーキワイヤー
シフトワイヤー
フロントディレイラー
ハンドル
シートポスト
あとブレーキシューとかこまごまと。

といっても、交換するコンポは旧ティアグラから新型ティアグラになるだけなのですけれどね。
ちなみに新型ティアグラと現行105の違いは10速か11速かくらいのもんで、10速はティアグラしかないのでコストがかかっているらしく、現在はSTIが105よりもお高いのです…。

さてさて。
各種メンテが終わったらフィッティングをしてお渡し!のはずだったのですが、前日に連絡がありまして、あんこさんに付いていた105のリアディレイラーは新型ティアグラとの互換性がなく、こちらも交換を余技なくされるためもう少し時間がかかりますとのお達し。
結局ブレーキ以外のコンポをすべて交換することになってしまったので、以前デローサのでろりんに付いてた105のクランクを取っておいてチェーンリングだけ交換すれば、11速化してもたいしてお値段は変わらなかったことになります。
でろりんのクランク、取っておけばよかったな…。

フィッティングとシューズのカスタムインソールの成型だけは先にできるということで、でろりんを連れて行ってみましたよ。

二台の自転車を並べてBBとシートポストの位置関係を比べて、乗りやすいのはアンカーなのだということを教えてもらったりして。

「10kgという重さは、実は自転車としては重くはないのです。
重要なのはフレームの設計とポジション。
アンカーは設計の点で非常に優れている。
トルクをかけた時に、力のロスが少ないのはこの設計のおかげ。」

アンカーと比べてのデローサの長所や短所も色々教えてもらったけれど、そちらは割愛!
毎回毎回、本当にいい勉強になっております。

そしてカスタムインソールの成型ですよ。

熱したインソールをシューズに敷いて、それを履いたら上からシューズ型のビニールをかぶせて、そこにホースを突っ込んでテープで固定したら、ポンプでビニール内の空気をシュゴゴゴー!って抜いていきます。

うごおー!って変な声が出ましたよ。
あんよがシューズの底に押し付けられてる感がしゅごいの!!

しばらく密着させたあと、デフォルトのインソールを左に履いて、カスタムフィットのインソール右に履いて比べてみたら、いまいちよくわからず。
巨匠に「嘘でしょ!?」って愕然とされましたが、片足だけで履き比べたらちゃんとわかりましたw
成型したインソールを触ってみたら、足指の形にぽこぽこって凹んでるのね。
土踏まずの厚みも、成型前にパーツを付け替えておいたのでジャストフィット!

これでこの日はおしまい。
翌週もう一度フィッティングをして、今度こそあんこさんと一緒に帰ることになりました。

つづく。
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する