さかみちはきらい。

だれもゆるぽたをくれない そのに



二度目のみん森は、前日にメンテとコンポ載せ換えをしたアンカーのあんこさんといっしょ。
輪行するのに10kgという重さはやっぱり大変なんだけど、この自転車と一緒に色々走ってみたかったのです。
きっと大丈夫、パーツとポジションがあんなに変わったんだもの、あの長くてクソみたいなみん森への道のりも、軽々になって…

重い。

やっぱり重いもんは重い。

漕ぎやすさは増した、けど、登るのは大変!
こちらのクランクは50-34なので、くるくる回せはするのですよ。
回せているといっても車体が重いのでカーボン車と比べても±0な感じ。

前回カーボン車で登った時のタイムと今回アルミで登った時のタイムをSTRAVAで確認してみたら、短いセグメントでは自己記録を更新しているところがあっても、みん森全体で見てみると少々遅くなっていましたよ。

そしてどうにかこうにかみん森への潜入は成功。

ご一緒しているはずのTamariderさんとスコットの青年さんは、とっくに到着していた模様です。
「相当ゆる~く登ったんだけどな~」
とほざいておりましたので、彼らにとってはゆるぽただったのでしょう。
わたしゃちぬる思いでございましたがね、ゆるぽたなんてこの世に存在するのでしょうかね。

みん森でさっくさくのカレーパンとけんちん汁をもぐもぐして、ほっとひと息。

みとう団子も食べたろかいと考えなくもなかったのですが、このあとお昼ご飯を食べにいくというので、なんとか踏みとどまりましたん。

みん森でしっかり休んだら、東京都の最高地点を目指してもう少し登りますよ。
そこが前回、時間が足りなくてたどりつくことができなかった場所。
ふたつめの宿題です。

東京都の最高地点、それが、

風張峠だー!!

有名なこの景色、ようやく手に入れることができた!!

すぐ横にある「かざ☆りん」こと風張林道を登ってきた方もちらほら。
ゲートから出てきたばかりの外人さんが
「ココキツイヨ、サンジュッパーセントクライ、ヤバイヨ」
って話しかけてきたのですが、微妙に顔がにやけてるんですよね、楽しかったんだろうねwww
わたしは危険が危ないので行きませんよ。
自転車ひっくりかえって崖からころがり落ちるわ。
さながら樽のように。
ごろんごろんごろん。



つづく。



樽って言ったのは
ブログランキング・にほんブログ村へ
誰だああああああああああああ
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

「都民の都民による都民のための場所」に来ただけでは飽き足らず、風張峠まで制圧かいw

HIGIRI | URL | 2017-05-09 (Tue) 18:06 [編集 ]


Re: タイトルなし

HIGIRIさんこんにちは!


> 「都民の都民による都民のための場所」に来ただけでは飽き足らず、風張峠まで制圧かいw

都民のためのあの場所を県民が穢してやりましたよ。フヒ、フヒヒ…
風張峠はもっと峠感があるのかと思っていたら、普通の道路かつよくわかりにくい峠で拍子抜けでしたw

とりにく | URL | 2017-05-11 (Thu) 14:56 [編集 ]


 

トラックバック